場所にあるクスノキなどを観察

August 09 [Sat], 2014, 18:57
[PR] 流行りのFX、どこの口座で始めるべき?FX人気ランキングはコチラ
九州
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
【九州から原発が消えてよいのか】第8部(7)反原発団体の無責任
産経新聞 7月29日(火)7時55分配信
【九州から原発が消えてよいのか】第8部(7)反原発団体の無責任
反原発団体が開催した勉強会参加者から放射線に対する非科学的な声も出た=6月2日、福岡市中央区(写真:産経新聞)
 5月16日、西日本新聞朝刊の南九州ワイド面の記者コラム「南風」に、鹿児島総局記者、湯之前八州の署名記事が載った

 「漫画『美味しんぼ』を読んだ登場人物が(東京電力福島第1)原発を訪問後に鼻血を出し、原因として放射線被ばくの影響を示唆するストーリーだ(中略)『事故で鼻血が出ることはない』との政府の反論については、自分の経験から完全には信用することはできないとも感じる」

 「1999年9月30日、茨城県東海村の核燃料加工会社で臨界事故が起きた同県内の新聞社の記者だった私は、(中略)発生当初から取材した同10月2日夜、現場の半径350メートル圏に出た避難勧告が解除され、避難所から帰る住民を取材しようと圏内の民家を訪ねた際に突然、鼻血が出た(中略)他の新聞社の記者も鼻血が出たと聞き、放射線の影響を疑い県に聞いた『鼻血が出るほど被ばくする事態はあり得ない』安心する一方で、違和感も残った」

 この記事が掲載されたころ、小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」(4月28日発売)の漫画「美味しんぼ」が日本中で論議を呼んでいた

 原発見学後に主人公が鼻血を出し、実名で登場した福島県双葉町の前町長、井戸川克隆が「私も鼻血が出ます」と語る描写に、「風評被害を生み出すものだ」と批判が高まった

 美味しんぼ原作者の雁屋哲がブログで「福島を2年かけて取材し、しっかりすくい取った真実をありのままに書くことが、どうして批判されなければならないのか分からない」と主張すれば、双葉町は5月7日、小学館に対し「原因不明の鼻血などの症状を訴える町民が大勢いるという事実はない町民だけでなく、福島県民への差別を助長させる」などとする抗議文を出した

 「南風」の記事は、茨城県東海村の核燃料加工会社JCOで起きた臨界事故の取材を振り返ったものだ

 この記事について、湯之前は産経新聞の取材に対し「さまざまな反響はありましたただ、記事にすることでどんな影響が出るかを考えた上で執筆し、上司とも相談して手直しを受けて掲載しました」と述べた

             [PR] 流行りのFX、どこの口座で始めるべき?FX人気ランキングはコチラ
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
<観光イベント>手つなぎ太さ測る 南伊豆・東大樹芸研公開講座、クスノキ林知る
伊豆新聞 7月29日(火)10時6分配信
<観光イベント>手つなぎ太さ測る 南伊豆・東大樹芸研公開講座、クスノキ林知る
岩樟園のクスノキの周囲を手をつないで囲む子どもたち=南伊豆町青市の東大研究林
 南伊豆町加納の東京大樹芸研究所(鴨田重裕所長)は26日、「林業遺産・岩樟園クスノキ林を知ろう」と題した公開講座を同町青野の研究林で26日に開いた住民と交流を図り、同研究所の活動の一端を紹介した

 公開講座には町内外から小学生と保護者ら21人が参加2班に分かれて研究林内に広がるクスノキ林の岩樟園を見学して由来について学んだ子どもたち5人が手をつなぎ、幹の太さを計った園地で葉を摘み、独特の香りがする樟脳を抽出する水蒸気蒸溜の実験を体験したり、クスノキの木片で工作を楽しんだ

 町立南伊豆東小4年の山田晴翔君(10)は「植物に関心があり参加しました研究林を訪れたのは初めてですが、神社など身近な場所にあるクスノキなどを観察し    × × ×

 医学的にいえば、JCO事故の取材活動や、現在の福島県で被曝(ひばく)する放射線によって、鼻血が出ることはあり得ない

 放射線被曝による出血は、次のようなメカニズムで発生する

 放射線によって血液を作る骨髄の機能が低下する血を固める血小板が激減し、鼻に限らず腸管や歯茎など出血しやすい部位から、しみ出すように持続的に出血する登場人物が(東京電力福島第1)原発を訪問後に鼻血を出し、原因として放射線被ばくの影響を示唆するストーリーだアイフォン5s シャネル登場人物が(東京電力福島第1)原発を訪問後に鼻血を出し、原因として放射線被ばくの影響を示唆するストーリーだiphone5 シリコンケース ブラン登場人物が(東京電力福島第1)原発を訪問後に鼻血を出し、原因として放射線被ばくの影響を示唆するストーリーだアイフォン5 カバー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfgre/index1_0.rdf