PKR党首に有罪判決、スルタンへの発言で扇動罪…マレーシア

October 15 [Sun], 2017, 14:02





野党?人民正義党(PKR)カーパル?シン党首によるペラ州スルタンの決定に異議を挟む発言が扇動罪に問われた裁判の判決が21日にあり、高等裁判所はシン被告に対する有罪判決を下した。マレーシアン?インサイダーが報じた。

シン被告側は判決を受け入れた上で、健康問題から減刑を求める方針。

同発言は2009年、ペラ州スルタン、アズラン?シャー殿下が当時同州与党だった野党連合?人民同ハイパーヴェノム3-アンダーアーマー バッシュ(PR)が要求した議会解散請求を却下し、ニザル?ジャマルディン州内閣の総辞職を求めたことに関するもの。PR構成党であるPKR党首のシン被告が、スルタンの職権濫用に当たるなどと批判した。

シン被告の弁護団は、シン被告がいち政治家として法律的な見解を述べたものであり、シン被告への訴追は政治的な悪意を含んだものだと主張していた。
2010年6月の高裁判決ではシン被告が無罪となったが、2012年1月の控訴審では逆転判決となり、高裁への差し戻しが言い渡されていた。

2008年の総選挙でPRが政権を奪取したペラ州だが、与党連合?国民戦線(BN)が寝返り工作を仕掛けて州議会議席の過半数を奪回した。解散?出直し選挙を許さず結果的にBNを利することになったスルタンの決定については法律専門家の間でも適法かどうかで意見が分かれている。

小栗 茂