お葬式のマナー。

March 21 [Thu], 2013, 21:02
お葬式というものは、いつ出席しなけらばならないのかって予測できませんよね。

恥をかかないためにも、最低限のマナーは知っておくといいですよね。

そこで、知っておきたいお葬式のマナー
・服装編

女性は、黒の礼服(ワンピースやツーピースなど)にストッキングやバッグ、靴など全て黒にします。
アクセサリーはパールの一連のネックレスと一粒のパールのイヤリング程度にしたほうが無難です。結婚指輪はしていても構いません。
2連になったネックレスは不幸が二重になるという意味になるので避けましょう。
男性は、ワイシャツに黒の礼服のスーツで良いでしょう。もちろんネクタイ、靴下、靴は黒です。

・ 香典袋の書き方
仏式
「御香典」・・・いつでも使える
「ご霊前」・・・四十九日まで(ただし、浄土真宗は「御仏前」にする)
黒白の水引、または銀一色の水引のものを使います。蓮の花が印刷されたものは、仏式専用です。水引はもちろん結び切りです。
神式
「御玉串料」
「御榊料」
「御神前料」
「御神饌料」
蓮の花が印刷された香典袋は仏式用なので使わないように注意しましょう。水引は当然結び切りです。
キリスト教
「お花料」
「御ミサ料」(カトリック)
「忌慰料」(プロテスタント)
水引は使わず、ユリの花と十字架が印刷されたものを使います。

・お悔やみの言葉
遺族にかける言葉の例です。
「このたびはご愁傷様です。」
「このたびは突然のことで大変でしたね。」
「心からお悔やみ申し上げます。」
いきなり病状や死因などを聞くのは失礼なので、やめましょう。葬儀の受付の人には、黙礼だけでも良いでしょう。
故人との対面では「安らかなお顔ですね」など、遺族をいたわる言葉と「ありがとうございました」というお礼の言葉を忘れずにいうといいですね!

このくらいの最低限このくらいのマナーは覚えておくと役に立ちますよ!

また葬式の流れなどは葬式のHPを参考にしてみるといいですよ!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dfg545rete/index1_0.rdf