三重 家康くん「出世旅」PR 浜松市本部長に就任

July 12 [Sat], 2014, 15:09

@S[アットエス] by 静岡新聞 7月8日(火)8時26分配信
家康くん「出世旅」PR 浜松市本部長に就任
「出世旅推進室」本部長として“初出勤”した出世大名家康くん=浜松市役所
 浜松市は6日、浜松を「出世の街」として全国にPRする「出世旅プロジェクト」を開始した。市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」が「出世旅推進室」本部長に就任し、中区の浜松城公園で鈴木康友市長から辞令を受け取った。iPhone 5c ケースコピー
 新プロジェクトは、徳川家康をはじめとした出世にまつわる歴史や地元発祥の大企業など「出世の街」を前面に出したシティープロモーションの一環。昨年のゆるキャラグランプリで準優勝した家康くんの知名度を生かし、浜松来訪を「出世旅」と称して観光客を呼び込むという。携帯ケース コピー
 家康くんは「平成の世を生き抜くビジネスパーソンたちよ。出世の街・浜松を旅して出世運を授かるのじゃ」とプロジェクトの開始を宣言した。iPhone 5sケース鈴木市長は「新たな企画で大いに市を盛り上げていく」と意気込みを語った。
 7日には市役所6階広聴広報課内に設けられた「出世旅推進室」に家康くんが“初出勤”した。携帯ケース コピーこの家康くんのデスクは普段は一般公開され、見学者は家康くんの顔をデザインしたスタンプを押すことができる。[PR] あなたのホームページを、もっとビジネスに活かしませんか?
近畿
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
大阪・寝屋川の夫妻が日本テーマのポルトガル絵本を翻訳出版
産経新聞 7月8日(火)7時55分配信
 寝屋川市の八木重一さん(79)、圭子さん(70)夫妻が、ポルトガルで幅広い世代に愛されている日本をテーマにした絵本を翻訳、自費出版した。iphone5 ケース 人気江戸時代の日本の小さな島を舞台にした人々と大きな木にまつわる話と、鏡に映った自分の顔を亡母と思い込む不思議な物語の2作品で構成。重一さんは「たくさんの出会いが重なってこの本ができた。グッチ iPhone5s ケース両国の長いつながりを感じてもらえれば」と話す。

 ポルトガルの電機会社の顧問として行き来していた重一さんは、平成19年6月にこの2作品を収めた絵本「a arvore(1本の大きな木)」を知人からプレゼントされた。携帯ケース コピー作者はポルトガルの作家で詩人のソフィア・デ・メロ・ブレイネル・アンドレゼンさんで、子供の頃に読んだ日本の民話をもとに、まだ見ぬ日本を思い浮かべて書いたという。

 重一さんは本をしばらく自宅の本棚にしまっていたが、平成25年に日本とポルトガルが修好470周年を迎えることから、翻訳しようと思い立った。iPhone 5c ケースコピーポルトガル語の読み書きはある程度できたが、京都外大のジョゼ・ジュリオ・ロドリゲス教授の協力を得て翻訳。今年3月、4年がかりで完成させた。iphone 4G/4s ケース挿絵は妻の圭子さんが梅田の絵画教室に1年間通い、仕上げた。

 絵本のタイトルは2作品の題名をとり「一本の大きな木/鏡の中」。携帯ケース コピー「一本の大きな木」では、小さな島に立つ木が大きく育ちすぎ、島の人たちは木を切り倒したが、その木を再利用して船をつくり人々の生活が豊かになる。一方、「鏡の中」は鏡に映る自分を亡母の面影と思って慕う娘の話で、日本伝説の一つ「松山鏡」によく似ている。iphone5 ケース 人気

 価格は1296円。学運堂フレスト香里園店(寝屋川市)、Calo Bookshop&Cafe(大阪市西区)などで販売。ガガミラノ 時計 レディース問い合わせはKSプレス(電)072・834・1073。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfeytsdf/index1_0.rdf