しかも、デジカメと違って大きい画面で

December 30 [Fri], 2016, 23:26
本体はむき出しで使いたくなる質感
 かなり個人的な印象なのだが、僕としてはZenFone 2やNexus 5、P8 liteの樹脂性ボディーは最初から好きになれなかったし、愛着もさっぱり湧かなかった。しかし、P9のボディーはかなり好みだ。
シャネルiphone7ケース使ううちに愛着も湧いてくる。

 P9が気に入っているのは、金属ボディーの質感が良く、液晶の滑りもいいこと。
シャネルiphone7ケース液晶の端がアールを描いているところも気に入っている。背面カメラ部分のレンズの周囲にはシルバーの装飾があしらわれ、角度が変わると「LEICA」のロゴと共にきらりと光る。
ルイヴィトンiphone7ケース

 僕が購入したときは、まだP9が登場したばかりだったので、ろくなケースがなかった。最初に買った手帳型のケースはふたを開けると指紋センサーが隠れてしまうというがっかりな仕様だったので、いまは安価でシンプルな樹脂性のケースを使っている。
ルイヴィトンiphone7ケースP9が人気モデルになるにつれて、対応ケースも増えてきたのでそろそろ買い換えようかと思っているところだ。

 本当はむき出しで使いたいほどデザインが好みなのだが、液晶がやたらに滑る上に周囲に出っ張りもないので、画面を下にしてテーブルの上に置くと心配になる。
シャネルiphone7ケース万一滑り落ちても大丈夫なように、やはりシンプルなケースに入れておくのが良さそそしてもう一つ、デュアルカメラシステムの最も特徴的な機能といえるのが「ポートレート」である。これは要するに2つのカメラを用いて、一眼レフカメラのように背景がぼやけて写る“ボケ”味のある写真が撮影できる機能で、iOS10.1ではベータ版として提供されている。
グッチiPhone7ケース名前はポートレートとなっているものの、人物以外の撮影時もこの機能は適用される。

 ポートレートでは2つのカメラで被写体との距離を測り、距離に応じて背景にぼかしを入れていく仕組みだ。
ルイヴィトンiphone7ケースそのため被写体によっては縁の部分などでやや不自然さが出てしまう場合があるが、手軽にボケ味のある、本格的な写真を撮影できる効果は非常に大きい。


 ポートレートで写真を撮影するには、カメラを「ポートレート」に切り替えればよいのだが、この際カメラが望遠カメラに変わるのに加え、画面下部に「被写界深度エフェクト」と表示されていないとポートレートでの写真撮影ができない。
Michael Kors iphone7ケース被写体に近過ぎたり、離れ過ぎていたりすると警告が出てポートレート撮影ができないことから、被写体との距離をうまくとる必要があるのだが、望遠カメラでの撮影に慣れていないと戸惑ってしまうかもしれない。


 同じく2つのカメラを搭載し、ボケ味のある写真を撮影できる機種としてはファーウェイの「HUAWEI P9」などが挙げられる。
ルイヴィトンiphone7ケースHUAWEI P9は双方のカメラの倍率は同じだが、一方のカメラがモノクロで、モノクロとRGBカラーのカメラを用いて距離を測り、ボケ味を再現する仕組みであることから、カメラの倍率が変わることなくボケ味のある写真を撮影できる点に違いがある。

 あくまで筆者の主観となるが、実際に両機種での撮影を比較してみると、エッジ部分の処理など画質ではiPhone 7 Plusがやや上であるように感じた。
Michael Kors iphone7ケース一方、倍率が変わらないことから撮影がしやすい点では、HUAWEI P9が勝っていた。もっともiPhone 7 Plusのポートレートはまだベータ版のため、あくまで進化途上の状態だ。
シャネルiphone7ケース正式版ではよりさまざまな改良が施され、強化がなされることを期待したい。

 最後に、iPhone 7とiPhone 7 Plus、どちらを選ぶべきか悩んでいる人も多いかと思うが、最新のカメラ機能をぜひ使ってみたいというのであれば、今後もカメラ機能の進化はPlus系の方が優先されると考えられるので、5.5インチクラスのサイズ感に慣れるという意味でもiPhone 7 Plusを選んだ方がいい。
ルイヴィトンiphone7ケースだがiPhone 7のカメラも大幅に進化しているので、ボケ味などにこだわらなければ、片手でも収まるサイズ感のiPhone 7の方が使い勝手はよい。悩んだ時にはカメラ機能にどこまでの性能を求めるかで、判断してみるのもいいだろう。
エルメス iphone7ケース

佐野正弘(さの・まさひろ)福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。
ルイヴィトンiphone7ケース現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。うだ。
グッチiPhone7ケース

写真の画質は大満足、本体が扱いやすい
 P9はデュアルレンズ搭載モデルとして鳴り物入りで登場しただけに、カメラが最大の特徴だ。特に暗い場所の撮影に強いとされている。
エルメス iphone7ケースイルミネーションの季節になってきたので、今回はイルミネーションを撮影してiPhone 7 Plusと比較してみた。

 率直に言うと、どちらもきれいに撮れる。
グッチiPhone7ケースもはや下手なデジカメ顔負けの画質だ。しかも、デジカメと違って大きい画面で確認しながら撮影でき、SNSなどにもすぐにアップロードできる。

 グッチiphone7カバー


 グッチiphone7カバー


ルイヴィトンiphone7ケースコンデジが売れなくなるわけだ。

 どちらも画質は合格だが、色合いを細かく比べるとP9のほうがリアルだと思う。
シャネルiphone7ケース個人的にも好みだ。また、P9は撮影していて快適だ。
エルメス iphone7ケースシャッター音も小さくてサクサク撮れる。本体が軽く、とても扱いやすいのだ。
シャネルiphone7ケース
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfdgrt
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる