飛行機雲

March 30 [Mon], 2009, 16:01
飛行機の後ろに飛行機雲が出来るのは、エンジンからの排気ガスや水蒸気が核となって、機体周辺の気圧変化から水滴が出来るため。この飛行機雲、必ず出来るわけではないし、消えるまでの時間も違いがある。
飛行機雲が出来るためには、他に上空の気温と湿度のマッサージオイルも必要になる。気温が低く、湿度が高ければ飛行機雲は出来やすく雲として長時間残る。冬〜春にかけて出来やすく、また飛行機雲がなかなか消えない時は、天気が下り坂という判断も出来る。
ちなみに航空ショーでよく見られる機体からのスモークは、スピンドルオイル等のスモーク用のオイルを発煙させているもので飛行機雲とは違う。着色料を混ぜるとカラースモークになるが、周辺に「色」の被害が出るため最近ではあまり使われていない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfddf
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfddf/index1_0.rdf