デフレ時代の風雲児・ユニクロ

February 04 [Mon], 2013, 1:45
ユニクロ(UNIQLO)は日本が誇るファッションブランドです。

「安かろう、悪かろう」の時代も今は昔。
ユニクロはデフレ下の日本にあって低価格ながらも高品質のカジュアルウェアを販売し、一躍人気ブランドの仲間入りを果たしました。

そんなユニクロの企業戦略の根幹をなすもの、それが『SPA(製造小売業』です。
ユニクロはデザイン・企画、販売までを一貫して自社で行うことにより大幅なコスト削減を実現させ、低価格・高品質といった消費者にとって理想的な企業モデルを創造しました。

また、デザインにおける過度な主張を抑え、かつレディースファッションのみならずメンズファッション、またキッズファッションまで幅広く取り扱うことにより世代の垣根を越えた支持を得ることに成功しました。

1974年の創業から現在までユニクロの快進撃はとどまることをしらず、今日では日本全国に1,000軒近くもの店舗を構えるほか、イギリスを始めとした欧州、アメリカ、アジア諸国にも活躍の場を広げています。

一方で時流に乗ったネット展開もユニクロ人気の一端を担っています。
フェイスブックやツイッターでの広報活動に始まり、それらと連動したWEBショップでは日替わりの限定商品やネット通販限定価格での商品提供を続けています。

低価格かつ汎用性の高いデザイン、そしてネットにおけるお得な通販。
これらの戦略によって、ユニクロは幅広い世代に人気を博する日本を代表するファッションブランドとして定着しました。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dfasdfadg/index1_0.rdf