美白という考え方

September 28 [Sat], 2013, 11:24
例えるなら…あなたは今、PCを見ながら頬杖をついてはいませんか?この癖は手の圧力を思いっきりほっぺたに与えて、繊細な肌に対して不必要な負担をかけることになります。
爪の伸びる様子はまるで年輪のように刻まれるというものであるために、その時に健康面で問題がなかったかどうかが爪に表出しやすく、毛髪と共通するように一目で分かりやすいので健康のバロメーターとも呼ばれているようだ。
美白(びはく)という考え方は2000年以前に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が提案して流行したのは記憶に新しいが、それより昔からメラニン増加による様々な肌トラブル対策のことばとして用いられていたようだ。
化粧の欠点:化粧直しをしないと見苦しくなる。メイクを落としてすっぴんに戻った時のガッカリ感。コスメの出費が結構馬鹿にならない。すっぴんだと外に出られないという強迫観念のような思考。
「デトックス」術には問題やリスクは無いと言えるのだろうか。そもそも身体の中に蓄積してしまう毒とはどのような性質のもので、その毒素は「デトックス」によって流せるのだろうか?
顔などのたるみは不要な老廃物や余分な脂肪が滞留することでどんどん進行します。リンパの流れが鈍くなってくると老廃物が蓄積し、浮腫が生じたり、脂肪が付きやすくなり、たるみへと繋がります。
整形外科とは異なり美容外科が損壊などのない健康な体に処置をするという容貌重視の行為であるとはいえ、結局は安全性への意識が万全ではなかったことが大きな元凶だと考えられている。
美容外科(cosmetic surgery)とは、正統な外科学のジャンルで、医療目的の形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別種のものである。また、整形外科とも勘違いされがちであるがこれは全く異なる分野のものである。
審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美しさを重視したトータルな歯科医療のひとつ。歯が担う役目には物を噛み潰すなど機能的な側面と、表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、共に健康という観点では非常に重要な要素だと言えよう。
仕事、終電帰りの飲み会、深夜のスポーツ観戦・翌日の子どものお弁当作りや食事の下準備…。お肌が荒れてしまうというのは承知していても、実際の生活では満足できるような睡眠を取れていない人が大半を占めると思います。
硬直した状況下では血行も滞ります。最終的には、目の下の部分を始め顔のあらゆる筋繊維の力が落ちてしまいます。そこで顔全体の筋肉もよくストレッチをしてあげて、しばしば緊張をほぐしてあげることが肝要です。
左右の口角がへの字型に下がっていると、肌のたるみは少しずつ進んでいきます。キュキュッと唇の両端を持ち上げて笑顔を心がければ、弛み防止にもなるし、何より外見が素敵になりますよね。
この国において、肌色が透き通るように明るく黄ぐすみや茶色いシミが存在しない素肌を理想とする感覚が現代よりも昔から広まっており、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。
美白の化粧品だと正式な商品説明でPRするには、薬事法を管轄する厚労省に許可されている美白成分(よく使用されるのはアルブチン、こうじ酸等)が含まれている必要があるとのことです。
皮膚の美白指向は、90年代前半からすぐに女子高校生などに取り入れられたガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの対抗的な思考が込められている。

http://blog.livedoor.jp/zhz7bniavxt_yahco/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfasda
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfasda/index1_0.rdf