ストレッチの注意点 

September 30 [Mon], 2013, 16:49
無理をしない・・・無理に筋肉をのばそうとすると筋肉や腱を痛める恐れがある。ともすれば他人と比較しがちであるが柔軟性には個人差があり、また男女の差もある。段階を踏みながら自分に合ったことを継続し、毎日続けることが重要である。

温まった状態で行う・・・筋肉は温度によって柔軟性が異なる。冷えた状態では硬く、適度に温まった状態のほうが柔らかい。筋肉が適度に温まった状態でストレッチを行うことが好ましい。例えば、前もって軽い運動をしておくとよい。また、入浴後のストレッチを日常的に行うとよいともいわれる。

リラックスして行う・・・精神的な緊張は筋肉も緊張させる。また、呼吸を止めると筋肉が緊張する。ストレッチを行うときはリラックスして呼吸を続ける。

怪我をしたときは行わない・・・例えば捻挫をしたとき、骨折したときは損傷した筋や神経等の組織の炎症を広げる可能性が高いため、当該部位のストレッチを避ける。


息を吐ききるだけで痩せちゃう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfa34rd2q33
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる