むぅぅぅ〜どうなの?

August 24 [Wed], 2011, 18:54
今年に入って、中国がインフレ対策に本気になってきたよう。この記事にもあるが、預金準備率の引き上げは今年に入って4回も行い、政策金利も引き上げている。それでも、中銀の認識は実質金利がマイナスと云う物で、更なる利上げを検討する可能性を示唆している。元の切り上げ観測も出てきており、インフレと土地バブルの押さえ込みの為には、通貨安政策の継続は困難との認識が拡がってきているように思われる。中国当局、元上昇加速を容認寸前の可能性−キャピタルエコミクス4月日(ブルームバーグ):中国当局は、インフレ抑制に向け、より速いペースでの人民元上昇を容認寸前であるもようだ。キャピタルエコミクスが電子メールで配布した日付リポートで指摘したもので、当局者の「発言の変化」を理由に挙げている。高いインフレ率の放置は、国民の生活に多大な影響を与え、共産党政府への不満となって表面化する。輸出競争力を考えると、安易に元高を容認する事は出来ないはずだが、それ以上にインフレ率の高さが問題として認識され出したと云う事なのだろう。中国人民銀、追加利上げ検討の可能性金融政策委員証券報[上海20日ロイター]中国人民銀行(中銀)金融政策委員会の夏斌委員は、実質金利がマイナスになっている状況や、過熱する不動産市場に対応するため、追加利上げを検討する可能性があると述べた。20日付の中国証券報が伝えた。委員は「(実質)金利がマイナスであることで、依然、強い圧力にさらされている。不動産市場の抑制も十分ではない。追加利上げの可能性を排除できない」との見方を示した。また景気やインフレを落ち着かせるため、人民銀行は銀行の預金準備率を調整することによって、マネーサプライを引き締める、と述べた。中国人民銀行は17日に、今年4度目となる預金準備率の引き上げを実施した。人民銀行は4月5日には政策金利の引き上げも行っている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:df4clx19fy
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/df4clx19fy/index1_0.rdf