転。 

2008年05月08日(木) 20時56分
ある命を受けた。

これは神様からのメッセージなのだと思う。

小学校6年生の時の担任の先生が
クラスの全員ひとりひとりに言葉を贈ってくださった。

わたしは「進取」。

当時、同級生の女の子が「清楚」「可憐」という言葉を頂戴していて
とても羨ましかったのを覚えている。

でも今は、とても素敵な言葉を頂戴したと思う。

大人になると経験を積んで成長するが、その逆、変化を恐れてしまう。

今一度、12歳の時の、何事にも果敢に積極的に取り組んでいた自分を振り返って頑張ろう。




春ですもの。 

2008年04月03日(木) 19時45分
4月はスタートの季節。

環境の変化は大きなストレスとなりますが、

そんな中ひとつ、小さな楽しみを見つけました。

むふふ。

憂鬱な通勤時間が、ドキがムネムネな時間になりそうだ。

とりあえず、接近戦でも耐えられるように、潤いが欲しい! 刺激はいらない!  てか!?

飲んだら体臭がバラの香りになるっつー、あのサプリはどうなんかね?

あ、でも自分の体臭で花粉症が悪化したら本末転倒だわ。


いやー、明日の朝も楽しみだ。 

30 

2008年03月03日(月) 10時48分
わたくし、先日無事30歳になりました。

なれました。

憧れのダーティーサーティーです。

よかった。30歳まで生きられて。ある種の安堵感があります。

しかし、この不安定さったら無いのですが、今まで以上に精進していく所存であります。


鹿男。(神の使いに会いました)

父、母、妹、大切な皆様方に感謝。

29 

2008年02月09日(土) 22時10分
先日、某番組にて某アイドルグループと奥田民生が一緒に唄っているのを見た。

某アイドルグループが案の定、ど下手だったもので、
お口直しならぬ、お耳直しのために、奥田民生のCDを聴いた。

アルバム「29」

「愛のために」 「息子」 などが入っている。

タイトルどおり、このCDは奥田民生が29歳のときに作ったものだ。

愕然・・・・・・ としてしまった。


俺、もうすぐ29歳、終わろうとしている。

「荒れる 海原に  船を出せ〜」   て唄っとるよ。



がんばれ、俺。


今年は、ねずみ年。   はじまりの年。


いろんなことに挑戦する年にしよう。


とりあえず、一つやりたいことがあるのだが、

まだ、わたしの胸のうちに秘めておこうと思います。

絶対、やるぞ。   ばかやろー。

カタルシス。 

2008年01月22日(火) 13時32分
先週から左手首が痛い。

痛みを感じてから、すでに10日以上。

毎日、湿布を貼っても効果が見られないため整形外科に行った。

結局、「腱鞘炎」という診断を受けた。

早速、リハビリを受けていくよう言われたので、
隣のリハビリ室へ。

げ。

首を牽引されている、ご婦人がいるではないか。

思わず見とれていると先生に声をかけられ、リハビリ開始。

リハビリと言っても、手首に電気をピカピカと当てる地味なものだった。

ひたすら10分間座ったままでピカピカされ続けるのである。


ひ、暇だ・・・・・・。


しばらくすると、足首の調子が悪いというご婦人がこられた。

ご婦人A 「先生、今朝から痛いの。自分で湿布貼って包帯巻いたんだけど、こんな感じで大丈夫?」

先生 (包帯をはずしながら)「とてもお上手ですよ。」

ご婦人A 「あら、本当ですか?  やだ先生に、包帯取らせてしまって、ごめんなさい。」



すると、首を牽引されていたご婦人が

ご婦人B 「せんせ〜い。ちょっと熱いんです〜。来てくださ〜い。」

先生 「はい。いまいきます。 ご婦人Aさん、ちょっと待っててくださいね。」


すると、また奥のベットから

ご婦人C 「せんせ〜い。終わりました〜。」


なんだか、歌舞伎町NO,1ホストのドキュメントみたいではないか。


とにかく暇なもんで、隣で同じく電気を当てるリハビリをしているご婦人Aと先生の会話に
聞き耳をたてていました。

けれども、最新のリハビリ機器よりも、こうやって優しくて若い男性医師との会話が何よりも

ご婦人たちのリハビリになっているのかもしれないな、と思いました。

そう、人は誰もが話をしたい、話を聞いてもらいたいと思っているのであろう。

すごいぜ、先生!  リハビリと同時にセラピーまでも!

おもしろかったから、またリハビリ行こうっと。

大人(アダルト)。 

2008年01月14日(月) 9時44分
あけまして あめでとうございます。

2009年。

クレーマーやら、交通事故やら、パソコンの故障やら。

部屋が散らかってるから、悪い気が溜まるのだろうと
季節外れの大掃除をしたら、手首を負傷し、
原因不明の激痛に襲われ。 

と新年早々まったくもってツイていない日々ですが、

修行だと思って、やり過ごしています。

そう、功徳を積んでいるのだ。



友人の御子。

かわいすぎる。


一緒に遊んでいて思うこと。
この子たちが大きくなったとき、地球は、日本はどうなっているんだろうと。

グレーな世の中ではなく、希望に満ちた世界だったらいいな、と。


とはいえ、時にスーパーでレジ袋をもらったり、暖房をつけたり、ペットボトル飲料を買ったりと、
もろもろ、温暖化を進めている人間の一人ですが、
そう!今年からは「ロハス」な人間になろう(なりたい)と誓いました。

「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」
月面着陸とは意味合いが違いますが、そういった気持ちで励みたいと思います。

物理的にも、精神的にも優しい人間になる、をテーマに、2009年、走ります。

ロングスリーパー。 

2007年12月24日(月) 20時34分
休日の平均睡眠時間、14時間。


ないな。


二度寝じゃアキタラズ、三度寝、四度寝。

睡眠時間が長い人は、早死になんですと。 とほほ。




で、10円まんじゅう。
10個買っても、100円。 GJ!!

乙女心。 

2007年12月14日(金) 22時54分
ある日、我が家のお手洗いに貼られていたもの。



これです。


お手洗いのドアを空けて真正面の位置。

なんで?  しかも、この位置に、これを?

なぜ、これほどまでにこだわるのかと申しますと、

お手洗いに入るたび最愛の百々和宏さんと目が合って(目が合う感じしますでしょ、写真って)

いちいち、どぎまぎしてしまうからなのです。

お手洗いに入る理由なんて、決まってるわけだし、

もう毎度毎度、「あ、いや、百々さん、あの、違うんです・・・」

と一人、顔を赤らめてしまうし。

だけど、やっぱり、格好よくて素敵だから、ひっぺがすことができないのです。

ふ〜。    忘れかけていた乙女的心情。


これって、恋っすね。

哲学 

2007年11月10日(土) 1時03分
30歳を目前に手習いを始めた。

前から興味があって自己流でやっていたのを
きとんと習いたかったということと、

人にも、自分にも優しくありたいと切に思うから。


初回を終えた、いま。

久しぶりに穏やかな心持ちな気がする。

気、がするだけだけど。

バッドサマーデイブルース。 

2007年09月24日(月) 18時12分


内臓が、かき乱された。
どこどこ、突き上げられた。


気分は最高。
そりゃあ、呑むぜ。
呑めないけどね。

ROCK+SAKEで、心臓ばくばく。
死ぬかと思った。  


男になって、
ムスタング肩からぶら下げて、
大音量で掻き鳴らしたい。

と切に思った夜であった。
■小噺■
■ちゅうか■
■南蛮ガール■
■深海・昆虫に興味津々。滝を愛す女。■
■目下東京砂漠で修行中。道は険しい。■
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dezima
読者になる
Yapme!一覧
読者になる