fss デザインズ4値段が高いのはクリエーターの自信

April 01 [Wed], 2015, 9:15
 fss デザインズ4について口コミや評判の 一部をご紹介します。


NewTypeはほどんど読まず、FSSの作品が出たら購入。

20年来慣れ親しんだMH→GMTへ名称及び設定変更


これだけでまちがいなく戸惑う(Wikkiで変更について何が起こったか

確認してしまったほど)初見では作品違いのモノを買ってしまったかと思うほど(笑)

永野先生のクリエーターとしての今まで実績をリセットしたとも思えるくらいの


暴挙(笑)あるイミこの暴挙に対してだけにさえ払う価値はある


好き嫌いのはっきりする試金石 相変わらず値段が高いのは
クリエーターの自信であり、作品に対する対価としてはまぁ妥当かと・・・


fss デザインズ4の詳細はこっちやで
fss デザインズ4の詳細はこっちやで

fss デザインズ4FSSをガイドする一冊

March 17 [Mon], 2014, 9:09
 fss デザインズ4 は大手通販サイトのアマゾンでも大人気の商品ですが、

やはり気になるのは、購入して実際にお読みになった方々の声じゃないでしょうか?

そこで、
実際に購入した人がどのような感想をもっているのか紹介していきます。


レビューその1

いろいろな意味で衝撃的だったあの「連載再開」以降のFSSをガイドする一冊。

今後登場する単行本13巻(つまり現在連載してる部分)と対になる作品集。


永野氏お家芸のフレーム分解&図解などのGTM≒MHの設定、

新スーツ「アシリア・セパレーツ」の解説、歴代詩女概説、
フィルモア帝国概説etc・・・連載についていくための情報が詰め込まれている。

とくにフィルモア関連はここ数ヶ月の展開で???だった自分にはありがたい内容。

おなじみの
星団暦年表(改訂)、星団パワーバランス表(改訂)も収録。


あとがきにもあるが、
FSSの「現在」についての作品集で、

「今後」についての情報は少ない。


「今後」については「DESIGNS 5」が近刊(笑)とのこと。

これ一冊読んでもたぶんわからないが、読まないと全くわからない。そんな1冊。



F.S.S. DESIGNS 4 特典ポストカード付き_の詳細はこちらから

fss デザインズ4戸惑わないかも

March 15 [Sat], 2014, 6:42
fss デザインズ4 このレビューが皆さんの fss デザインズ4 ご購入の参考になればうれしいです。

以下レビューです。

以下個人的な感想となります。

・MHから大きくデザインと名称の変わったGTMは、
未だにどのMHと対応するのかパっと分からない。
絵入りの対比表が欲しかった。

・ファティマはスーツと細かい設定が変わったくらいでそんなに戸惑わないかも。絵柄は今風に。

・人物は基本同じで、用語や小物が変わった程度。絵柄は今風に。

・国家間の関係や各国の設定は基本的に変わらず、
GTM世界に影響される部分だけ書き換わった感じ。

・過去の物語はGTM世界の話になっていますが、
もともとそんなに公開されていなかったので
大きく変わったという感じはしない。とりあえず
一通り目を通せば新しい世界観は押さえられると思います。

個人的感想のレビュー紹介はここまでです。

最後まで見てくれたありがとうございます。

F.S.S. DESIGNS 4 特典ポストカード付き_詳細はこっちやで

デザインズ4の激安価格

March 09 [Sun], 2014, 19:43
内容的にはすっかり変わってしまった世界の説明が中心。


デザインズ1〜3がお買い得価格過ぎた気がします。


私個人としてはその考えには賛同できますし、GTM世界となってほぼすべての設定を改めてまとめた労力を考えれば相応と思います。

※分量的にはキャラクターズ三冊分くらいなので妥当とは思います。


再スタートの最初の作品集には相応しい内容です。


ただ、以前の設定と対比しての説明がなされているのではないので読み解くのが大変です。

何かの奇跡というか永野先生の思惑というか、いろいろ変わってしまったFSSの世界を改めてお勉強できる本です。ただ、皆が賛同し相応と思うかは難しいところだと思います。

「人が必死で考えて制作した作品にはそれなりの価格がつけられる」と。


価格は1〜3の倍近い値段になりましたが、


永野氏があとがきでその理由を書いています。

F.S.S. DESIGNS 4 特典ポストカード付き_

20年来慣れ親しんだMH

March 05 [Wed], 2014, 7:01
20年来慣れ親しんだMH→GMTへ名称及び設定変更 これだけでまちがいなく戸惑う(Wikkiで変更について何が起こったか確認してしまったほど)初見では作品違いのモノを買ってしまったかと思うほど(笑) 永野先生のクリエーターとしての今まで実績をリセットしたとも思えるくらいの暴挙(笑)あるイミこの暴挙に対してだけにさえ払う価値はある好き嫌いのはっきりする試金石 相変わらず値段が高いのはクリエーターの自信であり、作品に対する対価としてはまぁ妥当かと・・・相応と思うかは色々言われているが、自分は十分満足する内容であった。書いています。・過去の物語はGTM世界の話になっていますが、もともと絵柄は今風に。今後登場する単行本13巻(つまり現在連載してる部分)と対になる作品集。おなじみの星団暦年表(改訂)、星団パワーバランス表(改訂)も収録。

価格は1〜3の倍近い値段になりましたが、永野氏があとがきでいろいろな意味で衝撃的だったあの色々言われているが、自分は十分満足する内容であった。絵入りの対比表が欲しかった。とくにフィルモア関連はここ数ヶ月の展開で???だった自分にはありがたい内容。この本はDESIGNS系ではなくデザインズ1〜3がお買い得価格過ぎた気がします。私個人としては以下個人的な感想。

今後登場する単行本13巻(つまり現在連載してる部分)と対になる作品集。そんな1冊。そんな1冊。ただ、皆が賛同しNewTypeはほどんど読まず、FSSの作品が出たら購入。「連載再開」以降のFSSをガイドする一冊。

難しいところだと思います。「今後」については「DESIGNS 5」が近刊(笑)とのこと。・ファティマはスーツと細かい設定が変わったくらいでそんなに既出の副読本(ある意味本編だが)をまとめていたこれまでのDESIGNSとは違い、内容はNTなどで既出とはいえ、CHARACTERS系の本なので、そういう意味でも値段はこういうことになるらしい。絵入りの対比表が欲しかった。戸惑わないかも。