住宅ローンの頭金、繰り上げ返済について

February 15 [Mon], 2016, 20:56
普通の人が一生の中で背負う一番大きな借金が住宅ローンです。
高度経済成長、バブル期においては、あまり何も考えずに購入し、普通に値上がりしというのが一般的でしたが、値上がりすることがあまり期待できない今後の状況を考えると、何も考えなかったり、普通に値上がりした時代の常識に縛られて行動することは大変リスクがあります。
もっとも分かりやすい例が、住宅ローンの頭金や繰り上げ返済です。
住宅ローンをなるべく早く返しおえ、自由に手元に残せる期間を長くしたり、値上がりした価格でいつでも売れるようにしておくという発想にもとづき、住宅ローンの契約時に頭金を入れたり、まとまったお金ができると繰り上げ返済をするのが好ましいというのが、昭和の時代の常識でした。今、住宅を購入する世代の多くは、この考え方に支配され、借金への抵抗感、将来へのリスクを考え、頭金を増やしたり、繰り上げ返済をするという行動をとってしまいます。
しかし、住宅ローンの金利がこれほど低いことを考えると、安く借りれるお金を借りないというのは非常にもったいないことです。住宅ローンの金利を超える運用を行えるという前提に立つのであれば、住宅ローンを借りれるだけ借りることは、とても合理的なのです。
住宅ローンの金利を安定して上回る投資(長期投資、分散投資)があるのかどうか。それは少し勉強している人なら自明なことです。
住宅ローンを単なる家を買うための借金と考えるのはもったいないです。

審査の甘い銀行カードローン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大空
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/deylogamyv0tae/index1_0.rdf