【竜の詩】鰐の話

February 22 [Mon], 2010, 18:14
 ある日黒牛が額に角の生えた雄鹿に出会う。鹿の空に根を張ったような立派な角を見て、黒牛はそれが欲しいと雄鹿にこう。  鹿は問う。私は鹿の神であるが、なぜそんなにもこの角が欲しいのだ?と。 牛は答えて「あなたのように強そうな姿になりたいのです、あなたのように」鹿の神は言う「それは違う」鹿の眼は先刻から紫に光っている。「お前はなにもわかっていない。だから旅に出なさい。そうすれば私のこの角が、おまえにひつようのないものだとわかる時がくるだろう」と言った。鹿の体は光りはじめ、すぐにまばゆいばかりの光の塊となった。鹿は空へ消えた。  黒牛は旅にでた。
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28