5月18日、米国カリフォルニア州マウンテンビューで開催されたグーグルの年次開発者イベ

June 04 [Sat], 2016, 15:38
5月18日、米国カリフォルニア州マウンテンビューで開催されたグーグルの年次開発者イベント、「Google I/O 16」において、グーグルはAIの技術を生かしてわれわれの生活を進化させる「グーグル・アシスタント」を披露した。グーグルアシスタントの活用事例のひとつが、据え置き型の音声認識デバイス「グーグル・ホーム」。
iPhone6ケースそしてもうひとつが、ここで紹介するチャットアプリ「アロ」だ。Andoid、iOS版ともに今年夏ごろのリリース予定だ。
超人気iphoneケース■ 飽和状態のメッセージアプリ市場

すでにモバイルで対話を行うためのメッセージアプリ市場は、非常に激しい競争の下にある。日本ではLINEが主流で、コマースや音楽サービスなど、生活への浸透を強めている。
グッチiPhone 6sケースフェイスブックのメッセンジャーやWhatsAppも人気がある。フェイスブックは、メッセンジャーを友人同士あるいはグループ向けのコミュニケーションツールから、2016年の開発者会議において、企業の対話型のサービス提供手段へと進化させた(関連記事はこちら)。
レイバン サングラス アップルはiMessageを提供している。iPhone・iPad・Macを横断的に、追加アプリ不要で、電話番号をそのまま利用できるという手軽さ、そして強い暗号化をそのメリットとして強調しているが、アップルユーザー間のみでのコミュニケーションであり、世界的に見ればスケールに欠ける。
iPhone6ケース シャネル風

 米国では若年層を中心に、Snapchatが人気だ。また、TwitterやInstagramなどのSNS系アプリにもメッセージ機能が備わっており、すでに手元には非常にたくさんのメッセージ環境がそろっているのが現状だ。
iPhone6ケース シャネル風そのため、ユーザーは複数のツールを使い分けている。たとえば、家族とはアップルのiMessageを使い、より親しい友人とはLINE、仕事関係の人とはフェイスブックメッセージ、というように、相手や目的に適したアプリを選んできた。
iphone6ケース

 グーグルがこうした環境に改めて参入するハードルは非常に高い。しかし、アロは単なるメッセージアプリではない、使いたくなる魅了を持っていた。
iphone6ケース

 アロを紹介する前に、グーグルがこれまでに提供してきたメッセージサービスを振り返っておこう。
なかなか絶滅しないガラケー…首位パナが次々新機能、スマホより優位に立つ?
パナソニックの最新型ガラケー「P−01H」。
iPhone6ケースグッチ高齢者でも見やすいように文字が拡大できる(写真:産経新聞)
 急速に普及するスマートフォンの陰で、「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」と呼ばれる従来型携帯電話の出荷台数も堅調に推移していることはあまり知られていない。法人や高齢者の底堅い需要に加え、電池のもちを含めた使い勝手の良さやスマホの約半額という維持費の安さにひかれ、スマホからガラケーに戻ってくる需要も市場を下支えしている。
シャネルiphone6ケースパナソニックなどは新機能を搭載した機種の投入や新サービスを始め、ガラケーの需要掘り起こしを進める。(橋本亮)

 ◆出荷堅調

 「減少したとはいえ、従来型携帯電話の出荷台数は依然として、高い水準の市場規模を誇っている」。
iPhone6ケースヴィトン風国内ガラケー市場でシェア首位を確保するパナソニックの担当者は、足元の市場動向をこう解説する。

 一時期より勢いこそ衰えたものの、平成26年度のガラケーの出荷台数は1040万台で、パソコン(919万台)やデジタルカメラ(578万台)、薄型テレビ(545万台)を上回る規模を維持しているのだ。
シャネル iPhone6sケース

 スマホの急速な普及に伴い、ガラケーの出荷台数は減少の一途をたどった。調査会社のMM総研(東京)の調べによると、20年には携帯電話の国内総出荷台数のうち、90%以上をガラケーが占めたが、米アップルのiPhone(アイフォーン)の登場などもあり、一気にスマホが普及。
6Plusケースシャネル23年にはガラケーの構成比が40%程度にまで落ち込んだ。

 ここ数年はスマホへの買い替え需要が一巡し、ガラケーの出荷台数はほぼ横ばいで推移しており、構成比は30%程度。
シャネルiphone6 ケース契約数でみると、今も5千万人超がガラケーを利用している。パナソニックも年間200万台強を出荷し、「まだまだ成長の余地は大きい」と同社の担当者は力を込める。
YSLiPhone6ケース

 ◆安い料金

 スマホよりもガラケーが優位に立つ点として、端末の頑丈さや電池のもちを含めた使い勝手の良さがあげられるが、最も大きいものは維持費の安さだ。MM総研の調査では、スマホの月額平均利用料金が6283円なのに対しガラケーは約半額の3260円。
iphone6ケース余計な機能をそぎ落とすことで端末価格を安く抑えているのも売りとなっている。

 スマホとガラケー、タブレット端末とガラケーを持つ「2台持ち」や法人向けの需要が市場を下支えする。
iphone6ケースそれらに加え、「いったんはスマホを買ってみたが、機能を使い切れなかったり、慣れ親しんだガラケーの方がよいと戻ってくる需要も増えている」(パナソニックの担当者)ことも、ガラケーが“絶滅”しない要因となっている。

 ◆独自進化

 ガラケーもカメラの画素数を高めたり、無線通信規格に対応するなどの機能充実も進んでおり、新サービスも提供され始めた。
ルイヴィトンiPhone6sケース

 パナソニックが昨年11月からNTTドコモ向けに提供する「P−01H」は、登録したあて先に歩数計のデータや電池残量、端末を開いた回数などをメールで知らせる独自の「みまもりメール」を使えるようにした。例えば、離れた場所に住む家族や一人で暮らす親の様子をガラケーの利用状況を通じて知ることができる。
iphone6ケース端末の設定だけで利用可能で料金も月額100円程度で済むといい、一人暮らしの高齢者らの安否確認に利用してもらおうと、自治体などに売り込みをかける。

 京セラやシャープのガラケーは、スマホで人気の無料対話アプリ「LINE」に対応し、“ガラホ”として注目を集めている。
ルイヴィトンiPhone6ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryrdy
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/deujhdr/index1_0.rdf