睡眠時無呼吸症に気づくには

August 21 [Sun], 2016, 20:11
睡眠時無呼吸症に関して、ここでは解説していきたいと思えます。

自らの健康はもとより、家族の為にも、ぜひ、いびき防止の治療を開始して下さい。

私たち人間が、健康である為には、眠りは決して欠かす事の不可能、重要な要因といえるのです。

睡眠時無呼吸症は、家族からの指摘で気付く方が多いのですが指摘してくれる相手がいない場合は要注意

こういったサイトで勉強するのは大事ですが、まず、病院で検査を受けてみましょう。

検査では、いびきや呼吸停止の有る無し、血圧、脳波、心拍数等のデータを記録する為、1泊の入院を必要とします。

金額は、病院によって異なりますが、約2万円ほどみたいです。まず、耳鼻咽喉科や呼吸器系で相談してみましょう。


1、レーザー治療の詳細

レーザー治療は摘出手術とちがい、出血がすくない、10分程で終わる、局部麻酔で済む、副作用が殆どない等の利点があります。

以前の摘出手術が2週間ほどの入院を余儀なくされていたことを思えば、とっても斬新な治療法ですね。

さほどにもおおきくなりすぎると、食物を飲み込みづらくなるのは勿論のこと、空気も通りづらくなる為、いびきをかく大きな要因となるのです。

以前ならば、肥大した扁桃腺を摘出する手術が一般的だったようですが今では、紹介したレーザー治療が多く行われている様です。

レーザー治療の費用は病院によって異なりますが、約20万円ほどするところが多いみたいです。


2、在宅検査サービス

いびきに関して、自分の家で手軽に検査出来るシステムがあることをご存知でしたでしょうか?
睡眠時無呼吸メディカルレスキューという企業が行っている検査サービスがそれに、付近、電話やWEBで検査の申込をすると、検査機器が送られてくるらしいです。

勿論、睡眠時無呼吸症は、専門医で検査を受けることが出来ます。

そのような方に、上の様な在宅検査サービスは非常に効果的になってきます。

まずは、同意書等の書類にサインをしたら、検査開始です。

検査機器は、血圧を測るような機械になっていて、これを手首に巻いて、それと一晩寝るだけです。

もしも、医師の診断がほしい場合は、依頼書に医師の判定を希望すると事前に記しておくようにします。

検査結果後、睡眠時無呼吸症の疑いがある人には、無償で専門医をご紹介してくれるシステムもあるそうだからこそ、いびき防止法も見つかりそうですね。

とっても手軽に出来る在宅検査サービスですね。

これで、いびきの程度がわかって、いびき防止のやり方を見いだせるのであればば、値段も5500円で済みます
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:デトックシング
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/detoxomega/index1_0.rdf