《Vikings/ヴァイキングス シーズン1》Willisの落ちる恋の闇路 沢塔のジョーンズは惑わして出演します

November 25 [Mon], 2013, 12:59
DVD通販ブルース・ウィルスのからこれは筆頭になって出演する動作の喜劇映画《赤い炎の戦場の2》11月15日に正式に上映して、この映画はアンソニー・ホプキンス、ヘレン・米の同類、メアリー・露易斯・パークとイ・ビョンホンなどの1大衆の中老年の劇の骨に集まって、久しく顔を出していない著名なイングランドの美人のキャサリン・沢塔―ジョーンズも再度はなやかな後退の大きいスクリーン、Vikings/ヴァイキングス シーズン1その演じた蛇とサソリの女性のスパイの美しくあでやかなだけではないなし辺、知能指数の情動指数の両が時計に破裂するです。



結局はEX になる恋人があります最高級品の前任の激しく沸き立つ来襲



  《赤い炎の戦場の2》の中で、沢塔のジョーンズは手元(体)に彼女の第一が登場して見抜くことができる、ヴァイキングス シーズン1
彼女腕前が見事な女性のスパイ、同時にまた面倒に絶え間ないのだの前から多重の身分、女友達を担っています。彼女の映画の中での身分も非常に遊離して、まっすぐで正常でない多い面の若い女性に属して、《赤い炎の2》特集の中で、彼女は全身で地味にまたセクシーなのを失わないで火を装って辛くて登場して、お久しぶりです会わないの前女友達として妻を担当しているのに対してよく見ていながら見えないふりをして、大展の猛々しい1面、露易斯・パークholdが止まらないのなだけではなくて、やじ馬見物をする古いパートナ達さえ驚いてぽかんとしました。沢塔のジョーンズが風格のあまりを惑わしてまたかなりありが現れて頭が良くて腕利きで、彼女がブルースとWillisが愛し合いと殺して、と露易斯・パークが知恵と武勇を闘わして更に映画の興味に十分にならせます。



夕日の赤い伝奇 両面の愛らしい少女の火力はすべて開きます



  1部のメイン動作のコメディーの映画として、映画の中の1人の大衆の役者は続いて1部の“夕日が赤い”の陣容に行って、無鉄砲な動作の劇と巧みで完璧な演技でスクリーンの上の史詩の伝奇を書いて、沢塔のジョーンズ演じる両面の愛らしい少女も更に回転の作業場面を遊んで、Vikings/ヴァイキングス銃の劇と動作の場面はすべて自ら出陣して、と露易斯・パークの劇の中でに対して、明らかに異なる風情にも現れ出て、露易斯・パークはおかしいをの担当して、沢塔のジョーンズはクールまぶしく刺しを担当して、板の中で彼女の多くて見きれない変装ショー、十分にハイエンドを解釈して上品で等級を引き上げて、地味で派手に内包のイングランドの美人の風情があって、これも当切れの流行の息と娯楽の元素があるでした。



  《赤い炎の戦場の2》は11月15日に正式に上映して、その時沢塔のジョーンズの変装ショーにやじ馬見物をしだけではなくて、鑑賞して古いパートナ達のが遊ぶのが安いまで(に)残忍な夕日の赤い歌を闘うことができますも。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/desupare-tonar/index1_0.rdf