痔持ちがデスクワーク作業を快適にする方法

March 08 [Wed], 2017, 22:21


痔持ちで日々大変だが、
事務職でいつもイスに座る仕事だから辛い。

デスクワーク中もお尻が気になってしまい仕方ない。

肛門の悩みなんか周りには言えないし、
なんとか痛みに悩まされずに生活したい。

あなたは、このように思っていませんか?

切れ痔、イボ痔など、痔持ちにとって座る事は本当に大変です。

特に、事務職やデータ作業等、
椅子に座って仕事をする人は、
痔持ちというだけで苦痛を強いられてしまいます。

治療中もすぐに治るわけではないし、
治ってもいつ再発するか分かりません。

一度痔になってしまうと、
再発する確率も非常に高いといわれています。

遺伝的な体質によるものから、
日々の生活の中で出来てしまった後天的なものまで。

どちらにせよ、痔になってしまったからには治す必要があります。

痔を緩和する、楽にする座り方は正座なのですが、
デスクワークで椅子に座る場合は、
正座になることは出来ませんよね。

地面に座っていればまだしも、
椅子の上で正座しをていたら、
それこそおかしい人に思われてしまいます。

デスクワーク作業で痔の痛みを和らげるには、
まずは肛門を椅子とくっつけないよう、
気をつけて腰かける必要があります。

とはいえ、痔の治療中ずっとそこまで気にかけていられない。

ほとんどの人はそうなりますよね。

でも、座ると肛門が痛むし休むわけにもいかない。

デスクワーク作業で座るのがこんなに辛いなんて・・・

こんな方にお勧めなのが、
痔持ちをサポートしてくれるクッション、
『座楽』です。

もともとは腰痛持ちをサポートするクッションでしたが、
真ん中に穴が開いており、肛門と椅子との間に隙間を作ってくれます。

そのため、直接お尻が椅子に触れることなく、
どっしりと腰を落としても痛みを遠ざけてくれます。

そして、全額返金保証制度もついているので、
使ってみて満足いかなければお金も返ってきます。

リスク無く使用することが出来るので、
職場で座り仕事やデスクワークをしていて、
どうしても座らなければならない状況の人にはもってこいです。

腰痛のサポートもしてくれるので、
長時間椅子に座っている人にもお勧めです。

本気で痔持ちを悩んでいるのであれば、
ぜひ一度『座楽』を使ってみてはいかがでしょうか。

効果の秘密は、こちらからご確認できます^^
↓ ↓ ↓
【痔持ちサポートクッション 座楽(The Luck)】