手の汗とアトピーについて 

2014年08月28日(木) 22時34分
手掌多汗症は、交感神経(闘争と逃赭の神経とも呼ねれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)が過敏すぎることが要因で起きていると言われているようです。ちょっとした事で緊張状態となり、普通の人より多い汗を出してしまうでしょう。

ですから、手掌多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)の手術では、この交感神経(闘争と逃赭の神経とも呼ねれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)の働きを遮断する目的で切除手術を行います。

交感神経切除手術には、「腔鏡下胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)部交感神経遮断術」と言う難シソうな名前が付いていますが、そんなに難易度が高い手術ではなくて、また、規模の大きい手術でもありません。そして、手術は掌に行うのではなく、手術その名前の通り、胸の手術です。

脇の下にあけた4〜5mmの穴から胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)部交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)をメスで焼き切ると言う方法が現在では一般的に行われています。
胸の手術と言っても、手術時間はおよそ30分程度で済み、入院することなく当日帰宅可能なケースも多いみたいです。

手術跡も殆ど目立たないでしょう。しかし、この手術には副作用もあります。当たり前のことですが、人によって大きく個人差があって、手術を受けた方全員に副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)が出るわけではありません。

手足の発汗を抑制する事はできるのですが、その代わりに別の部位からの発汗がふえる「代償性発汗」というのが第一の副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)です。背中や胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)の下に症状が多くあらわれると言われているようです。そのほかにも、頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)や喉の渇き等の症状も多く報告されていると思います。

いずれにしても、一度焼き切ってしまった交感神経は元には戻せませんし、その後に起こる副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)についても、事前に確実に把握出来るわけではないので、手術は最終的な手段として考えたほうがいいのかもしれないですね。

手汗とアトピーは汗というキーワードがつながってきます。
アトピーは汗腺から少し老廃物がでるだけで、肌が刺激に対して反応し、かゆくなります。
アトピー 植物油には関係があり、現代人は植物油を撮りすぎなようです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黄金旅程48
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる