国吉とミーティア

March 17 [Thu], 2016, 16:10
赤ン坊を授かって病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。こうした場で、葉酸を多く含有する食材についても説明を受けたのではないでしょうか。



みんながご存知のように、葉酸を多く含有する食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。
産地偽装など様々な問題が起こっているようです)として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。



いわゆる胎児期に、赤ン坊は母体から100%の栄養をもらいながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。
この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。



今は葉酸のサプリも入手しやすくなっているのですが、葉酸単体の吸収率はそんなに高くないのです。ですから、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。

総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどんな栄養素が必要であるのか分からず、不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)だという妊婦さんのお話もよく耳にします。

そのような場合は、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。



今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご飯で摂取できる葉酸の値を意識してみてちょーだい。通常のご飯での摂取とは別に、さらに葉酸の補給をするように正式に厚生労働省が推奨しています。葉酸を十分に摂取することで、赤ン坊が神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。

サプリメントによる補給もおススメですが、胎児の安全性を考慮した上で、天然素材の葉酸サプリメントにすることが大事なポイントだと言えますね。サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。



妊活中の女性において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、エラーはありません。葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血(女性の場合には、生理や妊娠があるため、男性よりもどうしても貧血になりやすいといえます。サプリメントなどを利用して、積極的に鉄分を摂った方がいいでしょう)を予防する事ができます。

それに、赤ン坊が先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。

それから、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。妊活中の夫婦それぞれに多くの効果が見込めるサプリだという事です。



妊活中に、出来るだけ母体に良いご飯をしようと考える方にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる人が多いのではないでしょうか。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良い沿うです。

これらはカフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認した方がいいですね)が含有されていませんので、赤ン坊を授かる可能性の高い妊活中の方にかなり、赤ン坊にも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。実は、ルイボスティーには、貧血(女性の場合には、生理や妊娠があるため、男性よりもどうしても貧血になりやすいといえます。サプリメントなどを利用して、積極的に鉄分を摂った方がいいでしょう)を予防するという効果があるという事ですので、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。



胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。



葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠3か月までだといわれていますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要な栄養素なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、赤ン坊の授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がオススメですね。
一度流産を経験しました。だいたい一年位たってから、「コドモが欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠にむけて、準備を始めるようになりました。


サプリ等で栄養を補給することは持ちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を治沿うと運動することを思いつきました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温が高くなったので、悩んでいた冷え性を改善することが出来立ため、妊娠にむけて前向きな気持ちです。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液を作る作用があります。

この効果は不妊改善にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠確率が上がるのです。

タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。葉酸で血液が増産されると、酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能をふくむ代謝が活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもオススメしたい妊活があります。

それが葉酸の摂取です。

流産や不妊の原因因子として、女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。


特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。



葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を創るという働きがあります。そのために、葉酸を十分に意識して摂取してみてちょーだい。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、たとえば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。



また、流産といった危険性を避けることが出来るという報告があるのです。


厚生労働省の発表によりますと、受胎前から妊娠初期の方には1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウマ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/desacystpaynto/index1_0.rdf