さっき

September 26 [Thu], 2013, 0:21
キャッシングの金利で法律的にグレーゾーンとなるものがあります。出資法と利息制限法という2つの法律が規定している上限金利が異なったため、法律的にグレーゾーンになる金利があったのが、キャッシングの法改正が行われた2010年よりも前のことです。利息制限法では、元本によって差はありますが15%〜20%がキャッシング上限金利であると定められていました。キャッシング利用時の金利は、出資法においては29.2%を越えなければ法律の範囲内であると判断されてきました。グレーゾーン金利というのがこの2つの金利の差です。キャッシング会社が20%以上の金利で貸付を行うことは、グレーゾーン金利があった時代は当たり前のようにありました。グレーゾーンが撤廃され、もっと低金利で融資が受けられるようになったのは、法律が改正されたことによります。単にキャッシングに限らず、クレジットカードの金利を引き下げたところもあるそうです。反面、法律の影響で以前より審査が厳しくなり、キャッシング自体が利用しづらくなったとも言われています。低い金利でしか融資ができなくなったのであれば、貸付金を絶対に回収できなければ利益がを得ることができないというのが、キャッシング会社側の言い分ではないでしょうか。審査の基準が法律によって厳しくなったことでなかなかキャッシングができないという人をターゲットにしている業者もあるようです。法律違反のヤミ金融などのキャッシング業者が、キャッシングの法律が是正されたことで増えていくことが問題視されているようです。
処女宮
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かんな
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/der5tyujk/index1_0.rdf