書店で販売されている雑誌や本を参考に

March 20 [Wed], 2013, 17:35
ホットヨガって、何がホットなの?と思いませんか。室温がホットなのです。そのホットさが、ホットヨガの重要なポイント。室温を38℃、湿度をヒトが快適と感じるギリギリのラインである65%に保つことで、筋肉や関節が柔らかくなり、ケガを防ぎ、カラダの硬い方や初心者でも安全にヨガの難しいポーズができます。



高温多湿な室内で運動をすることは、発汗作用をうながし、体内の老廃物を効率よく排泄され、いわゆるデトックス効果があらわれます。運動不足だけでなく、さまざまなストレスに囲まれた現代人は寝不足などの症状もあるようですが、それらの改善だけでなく、便秘、冷え性、むくみ、肩こり、整理痛、肌荒れなどの改善にも効果が期待できます。



最近では、地域のカルチャースクールなどでも、ホットヨガ講座などが開講されていますが、夏であれば、しばらく窓を閉め切れば、その高温多湿状態は作り出せるので、雑誌や本などで紹介しているようなファンヒーターや保湿器は必要ありません。そこで、書店で販売されている雑誌や本を参考に60分から90分、ポーズを取れば、ホットヨガは自宅でも行なうことは可能です。水分補給をこまめに行い、新陳代謝を促がしましょう。



想像以上に発汗作用がすごいのがホットヨガはです。こまめに水分補給することを忘れないようにしましょう。脱水症状、熱中症、酸欠の原因になりえます。食後は3〜4時間あけないと嘔吐の原因にもなります。メガネや靴下は難しいポーズをするときには、ケガの原因になるので、着用しないようにしてください。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうかaom5
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/deps4i2y/index1_0.rdf