カンちゃんのヒル

March 11 [Fri], 2016, 0:56
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。それは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。不倫相手の存在が確かになれば次は不倫相手を調査となります。パートナーの日々の行動を追跡したり、見張りなどの方法も用いて、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確定させるのです。たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めます。携帯電話は浮気相手との連絡手段として当たり前のように使われるからです。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査が成功しなければ調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。その結果として、成功報酬だからということで、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。調査に対するこれまでの実績などもチェックして、はっきりとした料金システムの探偵事務所に依頼すれば心配ありません。探偵に浮気調査をお願いして、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。心から信用のできない人間と一生共に生活することは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求したならば間違いなく別れさせられるはずです。成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を頼めば得になるかと言えば場合によってはそうでないこともあります。成功報酬と言えば、一般的には調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。そのため、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、見つけている人もいるのです。興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、別段変わりは無いと言っても言い切れます。共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じような仕事内容です。しかし、違いがあるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。浮気の事実関係を委託調査する際には、支払う料金が低過ぎたり、 または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、後で追加料金を請求してこないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。その他、関係団体に届け出ているのか事前調査が必要です。法に反して調査を実施している業者には依頼しない方が得策です。離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようお願いします。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するという方法があります。日々、相手の生活の様子を注意しながらみることは他人に頼まなくてもできますが、ごまかしきれないような浮気の証拠を押さえるのには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。それに、探偵にお願いすれば、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気を確定することもできるはずです。まず、普段は入らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見ることが多くなったら、その周辺に習慣的に向かっていることになるでしょう。そこで逃さず見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuki
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/depmclwrorgyoa/index1_0.rdf