脇のデオドラント、1日何回してます?
2017.08.28 [Mon] 21:57

よくある制汗剤って、1日に何回も使っていて、いいんでしょうか?

1日の回数、さらに何時間置かないといけないと言う、決まりは無いのです。よかったですね。

汗を大量にかいた/脇のニオイが気になる際に。使えばいいと言う感じです。

よくあるのはスプレーですが、スティック、シートなど形態は多岐にわたるので、状況に合わせて、使い分けましょう。

スプレー・スティック、は外出前や、アフターファイブの前などに良いでしょう。

ウォータータイプは、お風呂上り、あるいは起床時です。

制汗剤のパーフェクトな使い方は、幾つかあります。

スポーツなどで、たくさん汗をかいたら、まずシートタイプで汗を取り除いてキレイにしてから、スプレーや スティックを使いましょう。

アフターファイブ前には、香りが良く付いているデオドラントスプレーあるいは、シャワーデオドラントなどのウォータータイプが、きつくない香水替わりで、女子力が上がります。

そう、多くの形状のデオドラントを、生活場面に合わせて選んで、使い分けると、より有効なんですね。

そんな、頻発な制汗剤使用。これを取りたい時はどうしましょう?

制汗剤はみんな、入浴で普通に洗い流せば、取れます。メイク落としみたいな、グッズは要らないのです。

ニオイ・汗ジミなどの汗トラブルは減らせて、何回嵩ね塗りしても、シャワーやお風呂ので流せます。手軽なんですよ。
 

わきがの原因は遺伝なのか?
2017.05.10 [Wed] 14:43

ワキガになってしまう原因はたくさんあります。

食生活や生活習慣、遺伝などがありますが、その中でも遺伝による原因はワキガと切っても切れない関係にあるのです。

わきがは遺伝するの?と思う人もいるでしょうが、わきがは遺伝する確率がすごく高いので、親がワキガになっている場合はかなりの確率で子供に遺伝してしまいます。

また、ワキガが遺伝するのはワキガ体質になりやすいアポクリン腺が深く関わっています。

ワキガのもととなる汗はアポクリン腺から分泌されるのですが、そのアポクリン腺の量がワキガ体質の人は多くなってしまいます。

したがってワキガの遺伝というのはアポクリン腺の量を遺伝するということになります。

それに、アポクリン腺の量は生まれた時から決まっていますので、成長と共に量が減ることはありません。

それと、アポクリン腺の大きさは体の成長とともに大きくなっていきます。

ですので、ワキガを遺伝した人は量が多くなるとともに大きくなるアポクリン腺によって悩まされてしまうのです。

確率で説明しますと、両親がワキガの場合は約80%の確率で遺伝してしまい、両親のどちらかだけがワキガの場合は約50%になります。

このようにワキガが遺伝することがあるのですが、今現在、自分がワキガになっている人で子供がいる場合は、そのことをしっかり説明してあげなければいけません。

子供は一人で悩んでしまうことがありますし、学校でいじめられる原因にもなりますので全てを話してあげてください。


自分がワキガ、子供にはどう話す?



自分がワキガになっていると、かなりの確率で遺伝することが考えられます。

ですので、自分のことだけでなく、子供のことも考えてあげなければいけません。

特に思春期を迎える前にワキガについて詳しく説明してあげることが大切です。

また、ワキガの説明とともに遺伝のこともしっかり説明して理解してもらうことも重要です。

説明してからワキを清潔に保つ重要性と対策を話してあげましょう。

どのような対策方法があるのかを教えてあげることで、ワキガの原因となるアポクリン腺の汗を抑えたり臭いを抑えたりできます。

しかし、こうしたワキガのことを思春期に入った子供に話しても認めないことがありますし、話しにくくなってしまいます。

だから、思春期に入る前に時間を設けてしっかり話すようにしましょう。


何歳からワキガ対策をすればいいのか?


ワキガを遺伝してしまう子供は何歳からワキガ対策をすれば良いのでしょうか?

それは小学校からがおすすめです。

とは言っても、小学生のうちはドラッグストアなどの薬局で市販されているデオドラントで良いでしょう。

まずはデオドラントでケアするということを学ばせてあげながらケアします。

そして、中学生ぐらいからはワキガ対策の専門製品を使用させるようにしましょう。

中学生になると臭いに敏感になりますし、周りの子供も臭いに敏感になっていじめの原因にしてしまうことがあります。

その中学生ぐらいから使用する専門製品は色々な種類が販売されていますが、その中でも特におすすめできるのが「クリアネオ」です。

クリアネオは中学生ぐらいの子供でも安心して使用することができます。

余分な成分が一切含まれていない無添加・無香料ですし、厳しい3つの安全基準をクリアしているからです。

それに、臭いを抑える植物性成分を配合していますので肌荒れなどを起こしにくくなっています。

このようなクリアネオを子供に使用させるのも良いですし、一緒に使用してワキガ対策するのも良い方法と言えます。

子供がそろそろ思春期に入りそうで、ワキガを遺伝する確率が高いときは、安全で安心な専門製品のクリアネオを使用してみてください。

製品の詳細は=脇の臭いにクリアネオ

 

わきが手術は傷跡が残る可能性が高い
2017.04.07 [Fri] 20:12

厄介な悩みの一つであるわきがは、強烈な臭いを出すので周囲にいる人に嫌がられてしまいますし、嫌われてしまうこともあります。

だから、改善したほうが良いのですが、手術を受けて改善しようとする人もいます。

ワキガの手術は治る可能性がありますので受ける人がいるのですが、受けることによって後悔している人もいます。

それは傷跡が残ることもあるからです。

ワキガの手術は脇の下の皮膚を切開し、汗や皮脂を分泌させるアポクリン腺などの汗腺を取り除きます。

その時に皮膚を数センチ切開して最後に縫合するのですが、縫合した痕が傷跡として残ってしまうことがあるのです。

手術を行う医師の技術力にもよりますが、はっきり分かるくらいの傷跡が残る可能性が高いので、手術を受けるという方法はあまりおすすめできません。

もし手術を受けて脇に傷跡が残ってしまったら、ワキガの手術を受けたことがバレてしまいますし、馬鹿にされたり恥ずかしい思いをしてしまいます。

特に肌の露出が多くなる暑い時期は目立ってしまいますし、ワキガが治ったとしても傷跡という後悔を背負いながら生きていかなければいけません。

ですので、ワキガを改善しようと考えている人は他の方法で改善していきましょう。

オススメは本当に効果のある国産デオドラント製品です。

こちらから=女性の脇汗対策


なんと、かなりの確率で治らない!?



ワキガで悩んでいる人の中には手術で治そうと思っている人もいるのではないでしょうか?

そうした人は、クリニックなどでワキガの手術を受けても完全に治らないことがあるのをご存知でしょうか?

手術を受ければ絶対治る!という考えは捨てたほうが良いでしょう。

ワキガの手術がかなりの確率で治らないというのは、ワキガの原因となるアポクリン腺などの汗腺を完全に取り除けないことから言えることです。

クリニックなどで受けるワキガの手術は、脇の下を切開してカニューレという管を入れ、その管でアポクリン腺を吸引して取り除くという方法で行われます。

しかし、アポクリン腺が少しでも残っていると臭いが出て再発するケースが多くなってしまいます。

また、注射を打つワキガの手術もありますが、これは一時的に臭いを抑えることになりますのでほぼ確実に再発してしまいますし、効果がないケースもあります。

こうしたことからも分かるように、費用を出して手術を受けても無駄なケースがほとんどです。

だから、意味がない手術を受けるのはやめて、安くて手軽に行える製品を試した方が良いと言えます。