『歯周病』情報局! 

January 21 [Mon], 2013, 15:43
★今日の歯科関連ニュース★

歯医者SEO対策ならお任せください!被リンク構造の質がまるで違います。<完全返金保証付き>

こんな歯科関連の記事がありました。

歯医者さんは患者減に悩む 経済的理由で「治療中断」のケースも

... 自己負担免除患者の治療では、義歯の新製、歯冠修復、重度の虫歯、歯周病が多かった。 「免除になったのでそれまで我慢していた治療ができたと思われる患者がいる」は76%。 ...
つづき
(この記事は社会(J-CASTニュース)から引用させて頂きました)

歯医者の情報を求めているなら、診療科目別にわかりやすく説明している当サイトをご覧下さい。歯科診療科目別解説から歯周病まであなたが捜し求めている歯医者情報がいっぱいあります。


『今日のテーマはこちら』

★シーラント(予防填塞)★

シーラントは、お口の中の特定な部位で、中でもお子さまのむし歯を防止するために効果的な手段です。

歯の”溝”

むし歯に一番罹りやすい所のひとつに、歯のかみ合う部分の溝が見られます。

今お話ししたような歯の溝は、歯磨きではむし歯の予防がしにくい部分です。

シーラントとは?

シーラントは、アクリル樹脂やセメントの一種を歯の溝に接着させるもので、奥歯のものをかむ面(咬合)をむし歯の理由であるバクテリアからカバーする機能をします。

乳歯の奥歯は3才から4才までの時期に、またいちばん最初に生えてくる奥の永久歯である6歳臼歯は、生え始めたら出来る限り早くシーラントで処理することが望ましいと思われています。

お子さまが最もむし歯に罹りやすい時期は10代途中まで続きますので、小臼歯も生えてきたらたちまち処理しておきましょう。

歯科医院の情報を求めているなら、診療科目別に詳しく解説している本サイトをご利用ください。エナメル質からエムドゲインまで、あなたが歯科医院を調べるにあたって重要な事項を多数見ることができます。

シーラントを処理した後は・・・

シーラント材はある程度耐久性が見られますが、取れていないかを適当な時期に検査することが大切です。

シーラント処理やフッ素処理をすると、むし歯予防に非常に効き目が見られます。

シーラントとフッ素の違い

シーラントは1本1本の歯のかみ合わせの面に用いられ、フッ素は歯の性質を強化し、むし歯に向けた抵抗力を高くします。

シーラント処理に対してご質問がある場合は、歯医者までお気楽にお尋ねください。

シーラント処理はむし歯予防に効果的な方策です。

私たちの目標は、患者さんが一生健やかな歯を持ち続けられるようお手伝いをすることです。

シーラントはその実現のために役に立っています。







歯周病とは治るものなのでしょうか?
歯周病とは治るものなのでしょうか?


- 回答 -
治る様です。最近では、レーザーを用いた歯周病治療もある様です。

歯周病菌(プラーク)をためておくと歯肉の血行が悪くなり、気付かないうちに進行して、ひどくなると歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければなりませんでした。

ひどい歯周病には、腫れた歯肉と深い歯肉の溝(ポケット)があります。うっ血をおこし赤く腫れて、ブヨブヨになった歯肉は、歯ブラシをしただけで出血したり、痛いと気が付く頃にはアゴの骨が溶けていることさえあります。深くなってしまっった歯周ポケットは歯みがきだけではなかなか治りにくく、時間もかかります。

歯周病のレーザー治療については、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。治療中はほとんど出血することはありません。

歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌をやっつけて、弱っている歯茎の血行を良くして、健康な引き締まった歯茎を再生します。歯肉を切ったりしないので、麻酔もせずに、歯周病の治療が可能になります。

進んでしまった歯周病でもレーザー治療を併用すれば
・出血が止まる
・歯石(歯周病菌の死骸)が取り除きやすくなる
・グラグラの歯が引き締まって安定する
・ブラッシングだけの治療に比べ、非常に治りが早いなどの素晴らしい効果が得られるのです。

レーザー光には「創傷治癒促進作用」といって組織を活性化し、細胞の再生を促す働きがあります。このため、進行状態によっては半年以上かかっていた歯周病治療も、レーザー治療では早ければ二ヵ月あまりで歯ぐきが退縮することもなく、きれいな形で回復します。

http://www.natural-smile.jp/laser/p1.htmlより引用しています。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

『歯周病』情報局! 

October 17 [Wed], 2012, 10:27
★今日の歯科関連ニュース★

歯科SEO対策ならお任せください!被リンク構造の質がまるで違います。<完全返金保証付き>

こんな歯にまつわるニュースがありました。

歯周病患者は約5000万人 40代以上の約80%が罹患している

... 歯周病の予防は歯垢を落とし、歯周病菌の増殖を抑えることが最良の方法だ。しかし既に歯周病が進行してしまった場合は、歯科医を受診し、超音波スケーラーなどで歯と歯肉 ...
つづき
(この記事は社会(NEWS ポストセブン)から引用させて頂きました)

歯医者の情報を求めているなら、診療科目別にわかりやすく説明している当サイトをご覧下さい。歯科診療科目別解説から歯周病まであなたが捜し求めている歯医者情報がいっぱいあります。


『今日のテーマはこちら』

★シーラント(予防填塞)★

シーラントは、お口の中の特定な部位で、中でもお子さまのむし歯を防止するために効果的な手段です。

歯の”溝”

むし歯に一番罹りやすい所のひとつに、歯のかみ合う部分の溝が見られます。

今お話ししたような歯の溝は、歯磨きではむし歯の予防がしにくい部分です。

シーラントとは?

シーラントは、アクリル樹脂やセメントの一種を歯の溝に接着させるもので、奥歯のものをかむ面(咬合)をむし歯の理由であるバクテリアからカバーする機能をします。

乳歯の奥歯は3才から4才までの時期に、またいちばん最初に生えてくる奥の永久歯である6歳臼歯は、生え始めたら出来る限り早くシーラントで処理することが望ましいと思われています。

お子さまが最もむし歯に罹りやすい時期は10代途中まで続きますので、小臼歯も生えてきたらたちまち処理しておきましょう。

歯科医院の情報を求めているなら、診療科目別に詳しく解説している本サイトをご利用ください。エナメル質からエムドゲインまで、あなたが歯科医院を調べるにあたって重要な事項を多数見ることができます。

シーラントを処理した後は・・・

シーラント材はある程度耐久性が見られますが、取れていないかを適当な時期に検査することが大切です。

シーラント処理やフッ素処理をすると、むし歯予防に非常に効き目が見られます。

シーラントとフッ素の違い

シーラントは1本1本の歯のかみ合わせの面に用いられ、フッ素は歯の性質を強化し、むし歯に向けた抵抗力を高くします。

シーラント処理に対してご質問がある場合は、歯医者までお気楽にお尋ねください。

シーラント処理はむし歯予防に効果的な方策です。

私たちの目標は、患者さんが一生健やかな歯を持ち続けられるようお手伝いをすることです。

シーラントはその実現のために役に立っています。







歯周病とは治るものなのでしょうか?
歯周病とは治るものなのでしょうか?


- 回答 -
治る様です。最近では、レーザーを用いた歯周病治療もある様です。

歯周病菌(プラーク)をためておくと歯肉の血行が悪くなり、気付かないうちに進行して、ひどくなると歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければなりませんでした。

ひどい歯周病には、腫れた歯肉と深い歯肉の溝(ポケット)があります。うっ血をおこし赤く腫れて、ブヨブヨになった歯肉は、歯ブラシをしただけで出血したり、痛いと気が付く頃にはアゴの骨が溶けていることさえあります。深くなってしまっった歯周ポケットは歯みがきだけではなかなか治りにくく、時間もかかります。

歯周病のレーザー治療については、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。治療中はほとんど出血することはありません。

歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌をやっつけて、弱っている歯茎の血行を良くして、健康な引き締まった歯茎を再生します。歯肉を切ったりしないので、麻酔もせずに、歯周病の治療が可能になります。

進んでしまった歯周病でもレーザー治療を併用すれば
・出血が止まる
・歯石(歯周病菌の死骸)が取り除きやすくなる
・グラグラの歯が引き締まって安定する
・ブラッシングだけの治療に比べ、非常に治りが早いなどの素晴らしい効果が得られるのです。

レーザー光には「創傷治癒促進作用」といって組織を活性化し、細胞の再生を促す働きがあります。このため、進行状態によっては半年以上かかっていた歯周病治療も、レーザー治療では早ければ二ヵ月あまりで歯ぐきが退縮することもなく、きれいな形で回復します。

http://www.natural-smile.jp/laser/p1.htmlより引用しています。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)