歯のクリーニングの選び方、知っている?

February 17 [Fri], 2017, 18:48
歯の綺麗さを気になる人が多くなりました。誰も美しい白い健康な歯を持ちたいです。スケーリングは、歯を洗浄する最も有効な方法であります。では、一般的に、スケーリングする方式がなんでしょうか。そして、どう選びますか。
では、早速ですが、今、一緒に見てみましょう。

スケーリングする方式をどう選びぶのか
適当なスケーリングはベストです。患者さんがスケーリングする方式を選ぶとき、自分に適当な法方を選びべきです。自分たちのニーズによって対症療法を決定します。たとえば、超音波スケーリングが歯石除去に役に立って、齿垢が多い人が、主にクリーンを中心して、噴砂スケーリングが主に歯の色素沈着をクリアして、歯の本色を再現します。

手動クリーニング
人々は早期導入した歯の洗浄方法は専用のスケーラーの使用です。その欠点は、長い動作時間であり、患者の外傷大きく、医師オペレーティングスキルへの要求が強いです。今、基本的には機械的な歯のクリーニングに置き換えられました。しかし、いくつかの重症歯週病、歯ぐきで歯石が重くて、歯週ポケットの深い患者にとって、手動洁牙は欠かせない方法です。


超音波スケーリング
超音波の振動で歯に付着している歯石を離脱して、その特徴は操作の時間が短くて、患者の傷が小さい、しかし、煙斑、色素をクリアするには時間もかかるだけではなく、いくつかの敏感患者また痛みを感じます。洁治後で歯の表面が殘す観察しにくいの細かいキズで、後日歯石は再付着しやすいです。ここで勧めのは歯科 スケーラーです。

噴砂スケーリング
噴砂原理で歯の着色、煙斑や歯石をクリアします。その特徴は洁牙とともに、歯の表面を全面的な研磨して、いくつか細い巢溝内色素歯石もちゃんと片付けます。アンテナ洁牙後の歯が滑らかで輝きで、歯本色を再現しました。アンテナは比較的に重くて歯石にとって、洁牙皮脂をきれいにしにくいので、手動洁牙や超音波洁牙後、また洁牙アンテナで補佐のは最好なスケーリング方式です。すばやくて、きれいに徹底的に達成することができ、歯石にくく、なめらかで美しい歯を再びけいせいします。

まとめ
以上はよくあるスケーリング方法の紹介です。美白牙歯と同時に、歯の健康も無視できません。その正常な歯の表面にシミをすれば、汚染物と歯石クリアするだけで歯が原色を回復することができます。スケーリングは半年ぐらい一度だけ十分です。

Fuente: http://www.dentaldeal.es