2005年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ユウ
(2005年06月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:denshobato
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
PCが壊れた! / 2005年07月06日(水)
10年使っていたPCが遂に壊れた。ここまで持つとは正直思ってなかったけど、ご苦労様と言ってあげたい。といっても今は修理中なので帰ってくるかも。でも新しいのが欲しいから購入します。
昨日、お店に行ったら素敵に進化したPCがいっぱいで興奮しちゃった!どれ買おうか今からわくわくしてます。

にやける〜!!!!!

 
   
Posted at 19:12/ この記事のURL
コメント(0)
姉 / 2005年06月25日(土)
いつもふざけてばかりいる姉から今日はアドバイスを頂きました。

―簡単には動けない私からすると、自由に動けることが羨ましい 子供が出来たら旅行にも行けなくなる 今できることはしておいた方が良い 今を充実させる方が良い

アドバイスの内容も含めて、私の性格や周りの環境を全て周知している人物として理解してくれることが大変心強かった。ありがとうございます。

 
   
Posted at 02:11 / ライフ / この記事のURL
コメント(0)
建築家 / 2005年06月23日(木)
今日、ビッグなアーティストを見た。オーラがあって、一人際立ってたね。スーツの大勢の人の中で一人異様に日焼けしてて黒かったこともあるけど、顔がみんなと違ってた。野生動物の様なギラギラとした大きな目が印象にある。目に入るもの何でも取り込んで自分で消化してしまうような、見たこともない新種の野生動物。

そんな特異な雰囲気を持っているけど、普通に話はするしどちらかというと気さくなおじさん。風で髪がボサボサになってて、こっちで「髪がボサボサだよ〜」って話してたのが聞こえたかのように、私達の目の前でどこからか櫛を取り出して髪を梳くくらい!?ホントにこれウケタッ!!

見る度に、彼が来る度に大きな波が押し寄せて来るような。周りがその大きな波にフワ〜ッと浮いてまた地面に降りるような、その後で、「やっぱり凄いよね〜!」と言わずにはいられない。そんなビッグウェーブの魅力を持っている彼は賛否両論様々だけど、私は尊敬し影響されてます。

なんだかんだ言いながらも彼のように”野生”に生きたいと強く噛み締めたのでした。
 
   
Posted at 21:23 / influence / この記事のURL
コメント(0)
面接 / 2005年06月21日(火)
っていつになってもうまくいかない。言い過ぎて、余計なことまで言ってるんだろうか。でも、黙ってたら何も分からないよね〜。表現の仕方が良くないのかな。

意外と就職活動は楽しいんだけどね。その職場が良く分かる。ということは、相手にも自分の性質がすぐ分かるんだろうな。時にはハッタリも必要だよね。

そういえばこの間、外国人と話をしていて、学生時代にディスカッションやディベートを全くしてこなかったからどうも苦手なんだ・・・という内容に。これは本当に思う。小さな頃からしてれば慣れてくるよね。中学生”しゃべりば”みたいなのね。

もっとやっとくんだったよ〜!

教訓:意見を述べたりして表現をきちんと行おう
 
   
Posted at 07:46 / ライフ / この記事のURL
コメント(0)
新シルクロード / 2005年06月19日(日)
今NHKで「新シルクロード」が放送されてる。
『敦煌』
中国ってすごい。人が多い。大地が広い。砂が舞い散っていて、道路もなくなりそう。
宗教を重んじる 阿弥陀信教 後にシルクロードに広まる 1300年

莫高窟 この石窟はテキシの窟である 壁画 仏像
熱心に祈れば、願いがかないます
いいことだけが続きますように
清明節 家族みんなで墓参りをする あの世で使ってもらいたいものを燃やす
土葬 小さな円墳 莫高窟の側で眠ることは喜ばしいこと
唐代 全盛期
北窟から人骨発見 唯一の人名 文楚(708) 農民兵士
世の中で最も恨むものは 兵隊になることだ
余りに辛いこの人生 極楽浄土に行くことだけが救いだ
私の悲しみは余りにも深く 涙が血に変わる
莫高窟 仏への入口 極楽浄土 
少しでも極楽浄土に近づける 余りにも厳しい現実から死後の世界を夢見る

敦煌開拓 2100年

 
   
Posted at 21:21 / 土地 / この記事のURL
コメント(0)
旅 / 2005年06月16日(木)
人生は旅のようだ
自分で決めて進んで行く

いつも楽しいわけではなく
一人のときもあるし、迷うときもある
体調が悪いときもあるし、他人に惑わされることもある

それでもまた旅に出たくなるのは
わくわくする気持ちがあるからだろう
新しいモノを見て、新しい人に出会うために

日常を忘れるためではない
ゼロになるためではない
すべては続いていて、その先を求めて進むのだ

過去に捕らわれずに
自分の足で
確実に
前進できますように
 
   
Posted at 22:11 / ライフ / この記事のURL
コメント(1)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.