【 更新情報 】

スポンサードリンク

電子タバコとは-人気商品徹底比較-

電子タバコは、TVや雑誌で大注目を浴びている火を使わない煙草の代替品です。近年の禁煙ブームの後押しを受けてあっという間に世間に広まっているようです。

電子タバコは、タバコ型、パイポ型、葉巻型など色々な種類があります。しかし、どれも構造や仕組みは大差なく、充電式の本体に、液体の香料やニコチンなどを含んだカートリッジを差し込み、それに電気を流すことによって霧状にして吸引するものです。

本体は霧を噴き出す噴霧器の役割を果たしていて、カートリッジを交換するだけで、永く楽しめるエコグッズです。また、カートリッジ自体も色々な種類が楽しめるので、ファッションの一部として取り入れる方も出てくるのではないでしょうか。特に、女性からは「たばこをやめると太るから…」という意見をよく耳にします。禁煙と肥満の因果関係についてはあえて言及は致しませんが、食欲(口寂しさ?)をごまかす意味でも電子タバコお勧めできるかも知れません。

電子タバコの人気商品にはtaeco(タエコ)やtokyo smoker(東京スモーカー)などがありますが、別の項で詳しくご案内したいと思います。

電子タバコの価格帯

電子タバコが色々なメーカーから発売されています。電子タバコの値段は、電子タバコ本体の値段と、カートリッジの値段を考えなければなりません。まず、電子タバコ本体の値段としては、10,000円〜20,000円の間の価格帯がもっとも多いような気がします。そもそも中国の会社が初めて開発したとされるこの電子タバコ。メイド・イン・チャイナが少なくありません。かといって、日本製がないわけでもありませんから、その辺が値段の差に大きな影響を与えているのは否めません。また、その内容によっても値段は違ってきます。本体の性能、スペアバッテリーの有無、カートリッジの数、またその他の付属品なども関係してくるでしょう。

次に、カートリッジの価格帯です。ほとんどの場合、3,000円〜4,000円の間で設定してあると思います。しかし、同じ金額でもカートリッジの数量や品質は、当然メーカーによって異なりますから、主観だけでの比較は難しいと思います。これらは実際に数か月は吸い比べてからでないと、分からないと思います。

当サイトでは、電子タバコの愛煙家(愛霧家?)のご意見を集めて、管理人本人も実際に使用してみて、それらのデータをもとにした比較表を準備していますので、ご期待下さい。

電子タバコ通販1番人気の“デジタルタバコ”は『デジモク』と呼びましょう!

デジタルタバコ デジモク DIGITAL TABACCO DIGIMOKU 

デジタルタバコ デジモク DIGITAL TABACCO

¥11,840(税込)

世界的な人気を誇る電子タバコの代表選手、デジタルタバコ・デイモク。業界最軽量クラスで、あらゆるシーンに対応します。

デジタルタバコ デジモク DIGITAL TABACCO DIGIMOKU デジタルタバコ デジモク DIGITAL TABACCO DIGIMOKU をカートに入れる

電子タバコ通販1番人気は、『デジタルタバコ デジモク DIGITAL TABACCO』。パッケージを見るだけで、“KING OF TABACCO”と思わず叫んでしまいそうなデザインと、デジモクが持つ業界最高レベルの実力。売上が1番なのも、納得してしまいます。

≪デジモクの製品内容≫
・本体(バッテリーつき)・・・・1個
・スペアバッテリー・・・・1個
・充電器本体(USBポート付、※PSEマーク表記あり)・・・・1個
・USB接続コード・・・・1本
・専用カートリッジ・・・・5個
・おまけカートリッジ・・・・5個
・簡易説明書・・・・1部
・重量・・・・10g(業界最軽クラス)

特に高性能ながら10gの軽さなので、手を添えなくても口にくわえることができるのがいいですね。感覚的には普通にタバコを吸うのとほとんど変わりないと思います。

※電気製品の製造業者および輸入事業者は、平成13年4月より電気用品安全法という法律によって法律にしたがいPSEマークと呼ばれる安全マークを表示することが義務付けられました。 つまり、このPSEマークが表記されているということは法律を守って製造・輸入した安全な電気製品であるということを意味しています。

電子タバコ通販2番人気の“ECO Smoker”は『エコスモーカー』と呼びましょう!

電子たばこ ECO Smoker(エコスモーカー)

電子たばこ ECO Smoker(エコスモーカー)

¥11,840(税込)

実力は業界トップクラス。なのに、価格は業界最安クラス!さらにカートリッジが20個もセットに。

電子たばこ ECO Smoker(エコスモーカー)電子たばこ ECO Smoker(エコスモーカー)をカートに入れる

エコ。ここ数十年の間に世界中を包みこんだ魔法の言葉ですね。日本語で分かりやすく言いかえれば“もったいない”でしょうか。無駄をなくして、リサイクル型の世の中作りを目指す人たちによって推奨される理念でしょう。素晴らしいことです。その“エコ”を冠した電子タバコがこのエコスモーカーです。

エコスモーカーは、ヨーロッパでナント100万本以上売れている人気と実力を併せ持つ電子タバコの日本版です。詳しいことは分かりませんが、元祖であるSuperCigarette(スーパーシガレット)が枝分かれして、数社から日本に渡ってきており、そのひとつがこのエコスモーカーだと思われます。内容や仕様が類似しているので、ひとつは『東京スモーカー』だと思います。正確な情報ではないかも知れませんので、詳しくはネットなどでお調べ下さい。

エコスモーカーと東京スモーカーを簡単に比較してみます。本体サイズや仕様、内容には大差ありませんが、相違点として以下の点が挙げられます。
・エコスモーカーのカートリッジは20個⇔東京スモーカーのカートリッジは5個
・東京スモーカーはUSBで充電可能だが、エコスモーカーは基本的にコンセントのみ
・エコスモーカーの相場価格:約11,000円〜約14,000円前後、東京スモーカーの相場価格:約14,000円前後
使用時の状況や、目的によって検討すればよいかと思いますが、人気順位の違いは、両者を比較することで分かるでしょう。

電子タバコ通販3番人気の“tokyo smoker”は『東京スモーカー』と呼びましょう!

【電子タバコ】スーパーシガレット 最新日本版/TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)

TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)

¥14,800(税込)

USBポートと接続用のコードが付属で、とっても便利。さらに、ヨーロッパではすでに販売実績100万本以上という驚きの人気商品。

【電子タバコ】スーパーシガレット 最新日本版/TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)【電子タバコ】スーパーシガレット 最新日本版/TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)をカートに入れる

“東京スモーカー”。とりあえず、名前がカッコいいですね。ホノルルの鉄板屋“タナカ・オブ・トーキョー”みたい。

この東京スモーカー、その実力は名前のかっこよさに負けてません。電子タバコ売上3番人気のこの商品、実は以前、あるテレビ番組でSuperCigarette(スーパーシガレット)という名で登場して、一躍世間の注目の的になりました。ヨーロッパで100万本の売上実績があるのですから当然といえば当然ですが、瞬く間に世間に広がったその波及力や、目を見張るものがありました。

ある意味では、電子タバコのハシリとも言えるこの“東京スモーカー”。電子タバコのメリットである以下の点には要注目です。

・カートリッジに含まれる成分には発がん性物質ゼロ
・電源は、普通のコンセントだけでなく、USBからも取れる
・火気を使用しないので、寝たばこをする人でも安心
・軽い(14.5g) 等。


≪東京スモーカーの製品内容≫
・バッテリー本体・・・・1個
・スペアバッテリー・・・・1個
・充電器本体(USBポート付)・・・・1個
・USB接続コード・・・・1本
・カートリッジ(メンソール味)・・・・5個
・取扱説明書・・・・1冊

カートリッジは他の人気他種に比べると少し少ない気がしますが、電子タバコの本筋を外さない超人気電子タバコであるこの東京スモーカーは、おすすめです。

電子タバコ通販4番人気の“taeco”は『タエコ』と呼びましょう!

電子タバコ「TaEco」(タエコ)

電子タバコ「TaEco」(タエコ)

¥18,900(税込)

雑誌やTVで引っ張りだこの人気電子タバコ「TaEco」。名前にECOを含んでいるのも伊達じゃない!

電子タバコ「TaEco」(タエコ)電子タバコ「TaEco」(タエコ)をカートに入れる

電子タバコで一番売れているのは、実はこのタエコなんです。日本一なんです。正確にはTaEco。何度も何度もテレビや雑誌で紹介されて、喫煙家でタエコの名を知らない人はいないと言ったら、言いすぎでしょうか。

≪タエコの製品内容≫
・バッテリー本体
  (クリアライト・・・・1本)
  (レッドライト・・・・1本)
・ジョイントプラグ・・・・1個
・充電器・・・・1個
・電源コード・・・・1本
・充電アダプター(シガライター用)・・・・1個
・携帯用ケース・・・・1個
・交換用カートリッジ・・・・ナチュラル15本 

買ったときから約1月分(個人差があります)のカートリッジが付属しているので、とっても助かりますね。タエコも電子タバコの長所をほぼすべてカバーしています。かといって、愛煙家の求めにも十分に応えている吸い心地でしょう。

また、タエコには、一つの味で飽きさせないように、ナチュラル、メンソール、ブレスエチケット、ダブルミント、バニラ、ピーチ、ビタミンミックス(コエンザイムQ10配合!)、チョコレート、グレープフルーツ、ストロベリー、フルーツミックス、コーヒー、のど飴、バナナ、マルボ、マンゴー、コーラ、アップルなどの17種類の味を楽しめるようになっています。

電子タバコ通販5番人気の“simple smoker”は『シンプルスモーカー』と呼びましょう!

電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セット

電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)

¥10,800(税込)

生産工場との再三にわたる交渉の末、一切の無駄を省いた究極のシンプルさと、業界最安級の価格を実現しました。

電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セット電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セットをカートに入れる

電子タバコ5番人気はシンプルスモーカーことsimple smokerです。このシンプルスモーカーは、5番人気といえども侮れない存在です。その無駄のないシンプルな設計と、シンプルゆえの低価格が人気を集め、発売以来、着実に売り上げを伸ばしているツワモノです。

シンプル イズ ベスト

という言葉がありますが、このシンプルスモーカーは開発段階で、工場と何度も打ち合わせを重ね、あらゆる無駄を省いたまさにシンプル・イズ・ベストな電子タバコを作り上げました。


≪シンプルスモーカーの製品内容≫
・simple smoker本体(バッテリーつき)・・・1個
・スペアバッテリー・・・・1個
・USB充電器・・・・1本
・電源アダプタ
・専用カートリッジ(メンソール味)・・・・15本
・専用カートリッジ(ノーマル味)・・・・15本
・取扱説明書・・・・1冊
・重量・・・・14.5g(カートリッジ装着時)

また、電子タバコ業界最安値クラスの10,800円〜12,800円といった値段設定をよく見かけます。重量的にも軽い方なので、女性の方でも疲れ知らずで楽しめそうですね。また、タバコ20本分が、カートリッジ1本に含まれています。金額に換算すると、タバコを1本約3円程度で吸うのと同等の計算になります。

電子タバコの禁煙補助具としての実力とは

電子タバコが禁煙補助具として注目されているようですが、専門家の意見は実際どうなのでしょうか。たばこをやめるときによく指導される方法として、ニコチンの量を徐々に減らすやり方が推奨されます。この電子タバコにも、なかにはニコチンがカートリッジに含有されているものもありますが、正式には、これは薬事法に抵触する恐れがあるので、ほとんどの電子タバコにはニコチンが含まれていないはずです。

ニコチンが含まれていれば、先の例のように、徐々にニコチン含有量の少ないカートリッジに変えていくことによってニコチン依存の症例は改善できるかも知れませんが、現段階ではそういった使用法は難しそうです。

禁煙補助具として検討する場合において、以下の方は対象になるかも知れません。
・ファッションの一部としてタバコをとらえている方
・たばこがないと口寂しい方 等。

妊娠中の方や、喫煙を続けることで病状を悪化させる可能性のある方等は、出来る限り早めの禁煙をしたいものですが、この際、手持ちのタバコと着火用具の一切を捨てて、電子タバコに切り替えてみてはいかがでしょうか?

電子タバコはカートリッジ式のタバコ

電子タバコは、カートリッジを本体に差し込んで使用するたばこの代替品です。現在は多くのメーカーから沢山の電子タバコが発売されていますが、前述のとおり、本体は充電式の噴霧器の役目を果たし、カートリッジには、色々な香りや成分が含まれています。カートリッジに含まれるそれらの香りや成分を電気的に霧状に変化させて、吸引時の香りや感覚を楽しみます。カートリッジが1セットあると、かなり長い期間使えます。出費自体、禁煙するわけではないのでゼロになることはありませんが、たばこ税の増税に怯えることなく、また、嫌煙運動に気分を害することもありません。

電子タバコはこのカートリッジ式を採用したことで、以下のようなメリットを得ることができます。
・今はまだ時期尚早ですが、将来的にはTPOを気にせず、楽しめるかも知れない
・副流煙が出ないので、隣人に気を使わなくて良い
・煩わしい着火(作業)の手間が省ける 等。

各界から注目を受ける電子タバコは、これからもますます進化しそうな気がします。

電子タバコは充電式のタバコ

電子タバコは充電式の繰り返し使えるタバコなので、とても経済的です。いま流行りのエコロジーです。その代り、数万円の初期投資が必要になります。ただ、購入後も永く使っていくことが明らな場合は、あっという間に回収できる金額でしょう。特にたばこ税の増税が叫ばれる中、投資に対するリスクはより少なくなっていくかも知れません。言い換えれば、増税後、電子タバコの需要が高まり、価格が高騰する可能性が少なからずあることを考えれば、今は買い時なのかもしれません。

電子タバコを“充電式のタバコ”と表現すると、少し誤解が生じるかも知れません。というのも、電子タバコ単体を充電するだけで、繰り返し何度でも使用できるような印象を与えてしまいかねないからです。正確には、“充電式で詰替え式のタバコ”とでもライティングするほうが良いかも知れません。

なにはともあれ、持家に住むか、借家に住むかといった選択肢に似ています。将来的にもその家に住む(タバコを吸い続ける)場合には、家を買うことを検討する。引っ越す(タバコをやめる)可能性がある場合には、借家暮らしを続ける。電子タバコに興味を持たれた方なら、たぶん前者でしょう。あなたがよりよい電子タバコに巡り合われますように…。
P R