電報 弔電

December 30 [Tue], 2008, 10:15
弔電は電話で申し込む方法(受付時間は午前8時から午後10時、配達時間は午前8時から午後7時)、ファックスで申し込む方法があります。また菊の花をあしらった「刺繍電報」、線香を添えた「香華」などのメモリアル電報などがあります。電文を考え、相手の住所や名前と一緒にメモします。 メモができたら局番なしの「115」に電話します。オペレーターが出たら、自分の電話番号と名前を告げ、次に相手の住所と名前を告げます。 電文をゆっくりと読みます。
誰が打ったか名前を知らせたい場合は、電文の最後の段落(」)に続けて名前を入れます。(住所、会社名、役職などを入れる場合も)
終わったら、オペレーターが相手の住所、名前、通信文をくり返すので再確認をしましょう。
電報電話局や郵便局から打つ場合には、電報発信用紙に記入しましょう。 ご利用の際は「お悔やみの○○番」とお申し込みください。文例の文章は、一部ことばを入れかえ てご利用になれます。
文例中の○○には、固有名詞を当てはめてお申し込みください。
P R
カテゴリアーカイブ