061006 

November 21 [Tue], 2006, 22:22

なんかもう


つかれちゃった
いっぱいいっぱいつかれちゃった
あれもこれもそれもどれもつかれちゃったよ
なんでじぶんなの
うちはたしかにわるいこだけどちゃんとじぶんのことはせきにんもつってきめたもん
ちゃんとつらくてくるしくてかなしかったよ
まだだめなのかな
まだたりないのかな
じぶんのこともAのこともBのこともCのこともDのこともつかれちゃったよ
からがあるならひきこもりたい
うちはつよくなんてないよ
くずれちゃいそうだよ
こわれちゃいそうだよ
ひきこもりたくてもひきこもるばしょもないよ
まもられるばしょがあるひとはそれだけでうらやましい
もうちからはいらない
げんきだしてもむくわれないならだすいみないじゃん
たいじゅうはまたへるし
きんにくおちるし
やるきでないし
つかれちゃったな
うんもうそれでいいや
でもこのあとどうしよう
やらなきゃいけないこともやろうとしてたこともやりたかったこともいっぱいだよ
もうちょっとだけがんばろうかな
あとちょっとだけがんばれるかな
でももういっぱいいっぱいつかれちゃった

061009 

November 21 [Tue], 2006, 22:20
せっかくてがとどいたとおもったのにそれはまぼろしでしたずっとずっとほしかったのにやっとつかめるとおもったのにそれはつかめないのです
くるしいですせつないですさみしいです
まただめでした
じぶんにはむりなのでしょうか
ずっとずっとほしかったのにいっぱいいっぱいがまんしたのにだめなんでしょうか
これからもずっとずっとてにはいらないのでしょうか
なんかじつはうちがふこうになったぶんだけかくれぼーなすでももらえるんじゃないかとかおもえてくる
きもちわるい
すきなのにすきだけどきもちわるいです
すきだからきらいになんてなりたくないのにずっといっぱいすきでいたいのにくるしくてきもちわるいです
くるしくなったぶんだけわからなくなりますぐちゃぐちゃになっちゃってそれがとってもきもちわるいです
ずっとずっとほしかったのにそれってじぶんがおもういじょうにずっとずっとてにはいらないものなのでしょうか
ほしがるのはぜいたくなのでしょうか
わからないですただほしいだけだったのになんでてにはいらないのでしょうか
きもちわるいどうしていいかわからないじぶんがなさけなくてもっといっぱいきもちわるい
ぐちゃぐちゃになんかなりたくないのにとまらないくてそれがいっぱいいっぱいいやだ
たまったものってどうやればもっといっぱいずっとはきだせるんだろう
もじにするだけじゃたらないですことばにするだけじゃたらないです
いきがつまってくるしくてきもちわるい

不安 

March 31 [Fri], 2006, 21:02


 胸が 痛いです

  なんだか無性に苦しくて

  意味もなく涙が流れそう



 殴られたわけでもないのに

  罵られたわけでもないのに

  ただ 目の前が暗いことが怖くて 苦しくて


 不安に押しつぶされそうな

  ちっぽけな弱い自分が嫌

信頼 

November 25 [Fri], 2005, 16:03


  誰かを信じるということが

  誰かに裏切られてもいいと思うことならば

   私はいったい誰を 信じればいいのだろう…



  裏切ることを悪とするならば

   私は永遠に1人なのだろうか



  裏切りを怖いと思う

   1人取り残されたで ただ怖い

  自分はその人にとって いらない存在だったのではないかと

  あってもなくても変わらない そんなモノだったのかと

   そう信じられなくなってしまうのが怖い




  裏切られるから 信じられない

  裏切られてもいいから信じる そんな戯言とは矛盾した答え



  だから私はいつまでも

   誰かを信じることから逃げているのかな


  本当に信じきれる人なんていないと

   言い訳ばかりをを続けて逃げるのかな



  自分さえもを信じていないという事実から

   いつまでも

蝶と花 

October 24 [Mon], 2005, 19:50


  優しい言葉は 甘い蜜で

  貴方の腕は 優しい花弁



  でも 近付いてはいけないの

  だって私は毒蛾だから

   貴方を腐らせてしまうの


  だから 恋してはいけないの

  ただ 貴方の周りを舞う

   蝶でいさせて



  そして 出来ることなら

  優しい言葉で 誘い続けて

   私がいつまでも 舞えるようにと

さよなら 

October 22 [Sat], 2005, 16:33


 あたしを幸せにしてくれる貴方は

  あたしを不幸せにも出来て


 だからこそ

  貴方の隣に永久にはいれない…



 弱いあたしは

  貴方なしでは生きられない


 貴方を嫌えば

  また強いあたしに戻れるのかな



 でも せめて一緒に歩いていたい

  出会うことがなくとも

  同じこの土地で…

揺れるココロ 

October 14 [Fri], 2005, 15:28


  寂しいって感じるのは

   寂しくないことを知っているからで


  会いたいって思うのは

   会いたい貴方がいるからで



  胸を絞めるような想いを抱いて

   ただ想うしか出来ない自分に苛立って

  でも 貴方との出会いがなければよかったのにと

   心の底から思うことなんて出来なくて



  どうして私はこんなにも

   愚かで弱い人間なのだろう

スイッチ 

September 30 [Fri], 2005, 10:35


  触れた貴方の指が  あたしを壊すスタートの合図

  胸の奥でざわめく  心的外傷 トラウマ
   甘く苦しい  過去の傷跡

  貴方につけた  背中の爪痕も
   あたしの手首のように 疼けばいい


  死へと向う  自滅へのカウントダウンを
   止められるのは  あたしの意思だけ


  だから  もぅ迷わせないで

  優しかった想いなんて消えればいい

  還ってこない思いを叫んで何になる?
   そのまま言霊に乗せて  記憶ごと失えばいい


  電源をOFFにした  カラクリ人形みたいに
   あたしの心も止まればいい


  出来ることなら
   幸せだった  あの頃のままで…

欲求 

September 29 [Thu], 2005, 8:15

    言葉なんて いらない

     だから

    口付けキスだけで 止めないで


     ずっと ずっと    傍にいて

蓮華 

September 29 [Thu], 2005, 8:06

  曼珠沙華のように 赤い花弁で
   あたしは水の上に  独り漂う 連の華



  あたしが欲しいなら 手を差し伸べて

  そこからじゃ 届かないわよ
   だってあたしは  水に浮く 一輪の華



  深い水に浮く  連の華

  毒の水に濡れて  毒の水を浴びて
   それでもまだ 手を差し伸べて

  そうでもしないと あたしは手に入らないわよ



  あたしが欲しいなら いくらでもあげる

  だから ねぇ  もっと あたしを求めて



  ここの水は 底なし沼なの

  だから ねぇ  もっと もがいて 苦しんで

  苦悶の表情で あたしを見つめて



  あたしが欲しいなら もっと求めて

  底なし沼に 溺れながらも
   もっと あたしに近づいて


  そしてそのまま 貴方は朽ちて
   あたしの 養分になるの