アイツは 

December 17 [Wed], 2008, 20:56
そっと、サヨウナラを告げ
日常から、誰かが欠ける。
真昼の、飲み水無き悪夢。
日食が覆い尽くす天(そら)。
 
君は月だった。
 
温かな日々、穏やかな熱も
思い出にしかなり得ない。
 
教えて。
何に頼れば良いの?
何にも見えなくなった時。
何にも見えなくなった時。
教えて。
誰の所へ逃げれば良いの?
孤独が足りなくなった時。
暗闇が此方に近付く時。
 
声が見えなくなった時点で
ヒトの道は、途絶えてしまうの。
 
僕は終始、君を見ていた。
それは、実に静かな眼で。
 
君は愛だった。
灼熱の砂に横たわり。
渦巻く被害妄想の中、
何度も別れ話をされた。
 
涙。
受身。
先手の裏切り。
 
教えて。
君は、何を求めた?
何も見えなくなった時。
何も見えなくなった時。
教えて。
誰の所へ逃げていく?
アイツが真実を捨てた時。
暗闇がひっそり笑っていた時。
 
誰の所へ還れば良いの?
 
何にも見えなくなった時。
聞こえなくなってしまった時。
 
誰の所へ、何をしに?
 
また、誰かを愛し直すの。
 
誰の所へも還らないのか?
教えて。
教えて。




2004/05/28 より。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Denn
読者になる
“この頁”の過去作品を、
気紛れに書き改めていくブログです。
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる