毎日のように発生する窓明け上昇銘柄を、寄付きで買ってすかさず利確!短期回転売買の決定版!『株式トレード電光石火』をご紹介します!【サポート有】

June 03 [Thu], 2010, 16:07



















→詳細はコチラをクリック!←



◆◇実践者の声◆◇

★ 匿名希望様 

株式投資歴3ヶ月。「電光石火」歴1ヶ月です。

株式投資を始めたところ利益がほとんどだせず損切りばかりで、いいかげん退場しようと考えていたところに出会ったのが「電光石火」です。

最初に、レイバスではない他社のPDFを買ったのですが、PERやPBRでの割安株の見つけ方とか、移動平均線の話が乗っているのですが、どこで買ってどこで売るのかという話があいまいでした。

結局、いくつかのスクリーニング方法で銘柄を選びだして翌日に買うのですが買ってもすぐには上がらないことがほとんどで、数日がかりで数%の利益を出すこともあるのですが、買った直後に株価が下がり始めるとどうしていいのかわからなくなってしまいます。

数日下落した後に損切りすると翌日から上がり始めることもあり、つくづく株は難しいと感じていました。

しかし、「電光石火」では、いままでチャートを見て「こんなところで買えたらいいな」と思っていたポイントでのエントリー方法が書かれています。

嬉しくなって1日で読破して、その日は延々と条件にあう銘柄を探していました。

そして翌日、用意した13銘柄のうち7銘柄で買いサイン点灯。うち3つでエントリーして3つとも利益がでましたが、他の買いサイン銘柄もすべて成功していました。

すっかり嬉しくなって、それからは「電光石火」一筋です。

おかげで、1カ月間で37万円の利益となりました。

来月からは少し投資資金を増やしてもっと利益を上げていきたいですね。



株式トレード電光石火 検証, 相場, 上昇銘柄, 利益, 投資家


→詳細はコチラをクリック!←



◆◇実践者の声◆◇

★ 匿名希望様

株式のスイングトレードで、底打ち反転銘柄や、トレンドラインのブレイクアウトを狙っていたのですが、それまでの自分のスクリーニング方法では「すでに反転した」「すでにブレイクアウトした」銘柄を見つけ出していたのです。

しかし、本当に買っていい銘柄ほど、その日のうちに大きく上がっていますから買いタイミングが難しい。

上昇した翌日に買うと、買った日が陰線になることがありますし、だからといって調整後に買おうとすると結局無駄に銘柄を監視し続けてしまいます。

「いつかは買いたい」と思っている銘柄を絶好のタイミングで買うためにはどうすればいいか、悩んでいたところに出会ったのが「電光石火」でした。

窓を開けて高く寄り付きそうだから「成行」で買うなんて、いままでは怖くてできなかったのですが、陽線になる確率の高いものを買えば、陽線を付けた後に買うよりリスクが少なくなります。

自分のスイングトレードでの経験と、「電光石火」でのエントリー条件を組み合わせることによって、トレンド転換の初日に乗ることができるようになりました。

トレード成績が上がったのはもちろん、なによりもエントリー後に含み損を抱えていらいらしたり、不安になることが極端に少なくなりました。

「人の行く裏に道あり花の山」という投資格言がありますが、確かに他人が買い上がったからといって買っているようでは勝つチャンスは少なくなります。

他人が買いたくなるような条件で先に買うことの重要性に気付かせていただいたというだけでも、「電光石火」の購入は価値あるものでした。

エントリータイミングというのは、数ある投資のテクニックのなかでも特に重要なものです。

その答えのひとつをこの価格で得られるということは、とても価値あることだと思っています。



→詳細はコチラをクリック!←



このブログは、株式トレード電光石火の方程式の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 教えて 日記 コメント プロフィールなどの情報を公開しているブログです。





その他のお得な情報はこちら


不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎 レビュー

日経225先物全自動システム羅王 検証

誰でもできる音速デイトレード術 レビュー