プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:denkibjflvdbzg
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
<レコチャ広場>ウォール街で再就職できない中国人失業者、一匹オオカミがあだに / 2010年07月16日(金)
2010年7月1日、世界的な金融危機で外国人の失業者も多数出ている米ウォール街。それでも以前から派閥を固めていたインド人やロシア人はツテを頼って再就職を果たしているが、群れを嫌う中国人はこういう時圧倒的に不利だと論じた記事が、中国のブログサイト・騰訊博客に掲載された。

中国のマーケティングマネージメントの専門家、張旭[女青](ジャン・シュージン)氏が米ウォール街の事情に詳しい陳思進(チェン・スージン)氏の記事を紹介した。それによると、ウォール街では中国人、インド人、ロシア人が合わせて同地域の総人口の25%を占める勢力となっているが、中国人だけは互いに助け合うことをしない。金融危機の影響でリストラの嵐が吹き荒れるウォール街では、陳氏の周りだけでも30人ほどの中国人失業者がいるが、二次面接で落とされることが多いという。

【その他の写真】

その理由は、二次面接の面接官は人事や技術部門の中核を担うインド人やロシア人が担当するからだ。インド人やロシア人は上昇志向が強く、さらに自分が上の立場に立つと周りを同国人で固めたがる。ウォール街では「インド人がトップに立つと翌年には周りは全てインド人」「中国人がトップに立っても翌年には中国人はやはりその人だけ」と言われているほどだ。陳氏自身も、シティバンクの面接で合格確実とみなされながら中国人の面接官に落とされた経験がある。その理由も「中国人が増えると面倒だから」だった。

このご時世、互いに助け合おうとしない中国人の失業者ばかりがどんどん増え続けているという。陳氏は「今にその地盤をインド人とロシア人に全て奪われてしまうのでは」との懸念を示している。(翻訳・編集/NN)

【7月16日1時29分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000000-rcdc-cn
 
   
Posted at 04:13/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!