電気自動車での訪問診療・看護を開始

October 16 [Tue], 2012, 21:59
狭い道でも小回りがきく小型の2人乗り電気自動車で、通院が難しい高齢者らの訪問診療・看護を行う実証試験が15日、横浜市金沢区で始まった。同市と日産自動車、済生会若草病院(同区平潟町)が連携したもので、来年11月30日まで行い、本格導入の是非を判断する。

 同市などによると、同病院周辺は狭い道が多く、車では患者訪問時の路上駐車や車の切り返し、すれ違いなどが難しかった。

 今回試験的に導入された電気自動車は同社が開発したもので、全長約2・3メートル▽幅約1・2メートル▽高さ約1・5メートル。軽自動車よりも小さいが馬力はあり、1回の充電で走行可能な距離は約100キロで、速度は時速80キロまで出せる。リチウムイオン電池で駆動するため二酸化炭素などの排ガスを出さず、環境にもやさしい。



「環境にやさしくしながら高齢化社会に対応できる」なんて
素敵じゃないですか〜。

「若者の免許離れ」を食い止める? 自動車学校の変わった取り組み。

September 30 [Sun], 2012, 15:02
昨今全国の自動車学校では、「若者の免許離れ」を危惧する声が増加。各学校のホームページをのぞいてみると、どこも若者たちの注目を集めるため、さまざまな対策を打ち出していた。

 例えば『武蔵境自動車教習所』では、“サカイパラダイス”と銘打ったサービスを実施。教習生なら施設内の漫画ライブラリーを無料で利用できるほか、プロの手によるネイルサービスやハンドマッサージなどを、すべて100円で受けられる。

 また『神戸ドライビングスクール』のサービスもすごい。こちらでは、合宿を希望する生徒を対象に、入校特典として「有馬温泉入浴&観光ツアー」を企画。温泉地での飲食代などは自己負担だが、その他の費用は一切かからない。さらにスクールバスの送迎まで付くという手厚さだ。

 そのほか、神戸の自動車学校『ポートアイランドドライビングスクール』では、毎週水曜・土曜に無料のケーキバイキングを開催。教習生以外の知り合いを誘って参加することも可能だという。

 このように各社とも、運転技術のレクチャーだけにとどまらない、プラスアルファのサービスを積極的に提供している。

 もちろん、若者の免許離れを懸念しているのは自動車学校だけではない。
『ドラえもん』のメンバーが実写で登場する、トヨタ自動車のCMキャッチコピーは、ずばり「免許を、とろう。」。これは30歳になったのび太が、教習所に通う決意をするという内容のCMで、若いうちに免許を取得することを推奨したものだ。確かに、いくら車そのものを宣伝したところで、消費者が免許を持っていなければ意味がないということなのだろう。





ただ免許が取得できるだけでなく
合宿や地域観光などもできるなら「タイミングを逃してしまった」という人も
いまから免許取得を考えてみては?

電気自動車の長距離ドライブって?

September 14 [Fri], 2012, 21:27
「長距離ドライブに、電気自動車が向くかどうか」についてです。結論から言えば、「可能」です。ただし、一つコツがあります。

 エンジン車では、燃料が無くなりそうになってきたら給油をするでしょう。しかし、電気自動車では、どこかに停車したら、そのついでに充電するのがコツです。バッテリーの電気が少なくなってきてから慌てて急速充電設備の設置場所を探すとなると、苦労する場合があるでしょう。

 たとえば、観光地の駐車場に1〜2時間車を止める、昼食をとる、トイレ休憩で少し休む、そういった停車のたびに充電するのです。「○○しながら充電する」ということです。そのためには、充電器の設置場所をあらかじめ検索で確認しておき、そこで観光、食事、トイレ休憩などができるよう、ドライブ計画を立てるといいですね。

 また、このときの充電設備は、急速充電器でなく、200ボルトの普通充電でも大丈夫です。

 この、「どこかに止まったら充電する」というコツを身につけると、電気自動車の旅も楽しくなると思います。



ガソリンスタンド、高速道路のサービスエリア、大規模なショッピングセンターなどにも
充電設備が設置されているところがあります(^^♪

エコカーよりも有利な電気自動車の補助金

August 29 [Wed], 2012, 22:53
話題の「エコカー補助金」は電気自動車やハイブリッド自動車以外でも、燃費が一定の条件を満たせば対象になる。このため申請件数が多く、すでに事業用の自動車に対するエコカー補助金は7月5日に終了した。

 現在でも自家用を対象にしたエコカー補助金は続いているが、2012年度の予算2747億円のうち7月4日の時点で約7割に相当する補助金が申請されており、申請期限の2013年2月末よりも前に終了する可能性が大きくなってきた。

 しかし意外に知られていない有利な補助金が別にある。経済産業省が2012年度に292億円の予算で実施する「クリーンエネルギー自動車」の補助金制度だ。運営もエコカー補助金と同じ「一般社団法人 次世代自動車振興センター」が担当している。この補助金は電気自動車用の充電設備にも適用できる。



「クリーンエネルギー自動車」に対する補助金で
電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車が対象になるそうです。

「静かで気持ちいい」 子供たちがドライブ体験

August 14 [Tue], 2012, 22:33
行橋市北泉の家庭塾「羽根木東区寺子屋」で9日、子供たちが市役所の電気自動車に試乗した。環境問題を考える勉強の一環で、エンジン音のない静かな自動車に、驚いた様子だった。

 寺子屋では月2回、約40人の小学生が集まって算数などを勉強したり、屋外で遊んだりしている。代表世話人の古谷信一さん(79)は「もう何年かすれば電気自動車が主流の時代になるかもしれない。貴重な電気で動く車のことを知ってほしい」と試乗を企画した理由を話す。

 寺子屋を訪れた市環境課の野本誠課長(48)は「電気自動車はガソリン車と違い、空気を汚しません。1回充電すれば博多まで往復できます」などと説明。子供たちは4人ずつ順番に乗り込み、市職員の運転で数分間のドライブを楽しんだ。



子供たちは良い経験をしましたね。
本当にあと何年か経つと
電気自動車が主流になっているのかもしれませんね。

電気自動車貸し出し 乗鞍高原に拠点設置

July 30 [Mon], 2012, 22:06
松本市は昨年に引き続いて、のりくら観光協会と共同で乗鞍高原に電気自動車の貸し出し拠点を設置する。貸出期間は10月28日までで、配備している車は三菱アイミーブ1台と日産リーフ1台。乗鞍観光センターを貸し出し場所にしている。営業時間は午前9時から午後5時で、料金は3時間で3千円、以降1時間ごとに500円が追加される。原則当日中の返却を条件にしている




乗鞍などは環境がいい。
だから環境に優しい電気自動車で走りたいものだ。

ディカプリオ、電気自動車フィスカーとパートナーシップ

July 12 [Thu], 2012, 22:25
レオナルド・ディカプリオがハイブリッド車のメーカー、フィスカーとパートナーシップを組むことを発表した。

 レオは昨年8月にフィスカーのプラグイン・ハイブリッドスポーツカーの最新モデルを購入。時速96キロまで加速するのに6秒もかからず、ガソリン併用時の最高速度は時速200キロになるというフィスカー・カルマの2012年モデル市販車第一号を手に入れている。

 環境問題に取り組んでいるレオは、フィスカーに株式投資をし、代わりに同社はレオのチャリティに協力をすることになったという。レオは、「僕のチャリティ団体は地球と人間の持続可能な未来を確保するための努力をしています。フィスカー・オートモーティブ社と共通のビジョンを推進していけることをうれしく思います」との声明を出したとWENNは報じている。




宣伝効果大ですね。
レオ様健在です。

自動車販売店 ソメイヨシノを寄贈

June 15 [Fri], 2012, 22:37
『人の心に緑の憩いを』をスローガンに緑化運動を行っている自動車販売店が、15日、県庁を訪れ、ソメイヨシノの苗木100本を贈りました。
苗木を贈ったのは秋田トヨペットの皆さんです。37年前から地域に緑を増やすための活動に取り組んでいて、15日はソメイヨシノの苗木100本を県に寄贈しました。自動車メーカー各社ではここ数年、ハイブリッドカーや電気自動車など、環境に優しいと言われる車の開発に力を入れています。ソメイヨシノの苗木は、5つの市町村の学校などに植えられることになっています




桜の木。私も大好きです!
大きくなって咲き誇る日が楽しみですね。

電気自動車から家庭に給電

May 31 [Thu], 2012, 1:02
日産自動車は30日、電気自動車(EV)「リーフ」から住宅に電気を供給する世界初のシステムを実用化し、その装置を発売すると発表した。東日本大震災以降、EVを停電など非常時の電源に使いたいという要望が高まっており、商品化を急いでいた。

 リーフの蓄電池には24キロワット時の電力をためることができ、一般家庭で使う約2日分の電力に相当。夜間に充電し、昼の車に乗らない時に家庭で使えば、ピーク時の節電にも貢献できる。電力会社が夜間の電気料金を安くすれば、電気代の節約にもなる計算だ。

 装置の価格は工事費込みで約33万円(国の補助金を適用)。6月中旬から受け付けを始める




とうとう自分の家で使う電気まで自分でなんとかしないといけないようになったのか・・・

軽トラ改造し電気自動車に 両備HDが新規事業

April 30 [Mon], 2012, 21:37
両備ホールディングス(両備HD、岡山市北区錦町)は軽トラックを改造したオリジナル電気自動車の第1号を完成させ28日、同市内で披露した。

 2000年式の軽貨物自動車のエンジンや燃料タンクを外し、市販のモーターやバッテリーを取り付けた。家庭用コンセント(100ボルト)を使い、8時間でフル充電。1回の充電で約40キロ走行。最高時速60キロという。フロントや荷台は丸みを帯びたデザインに仕上げた。外装部分を除く改造費は約200万円。

 車両の整備・販売部門の社員らが発案し、昨秋から半年がかりで造り替えた。1号車は社用車として利用する。5月3〜6日に岡山高島屋(同本町)に展示し、名前を募る。

 両備HDは電気自動車への改造を新規事業に位置付け、5月から注文を受け付ける。農作物の運搬、パンの移動販売など近回りに適したエコカーとしての需要を想定。初年度は軽四輪車を対象に30台の受注を目指す。





これはいい!!!
見た目も可愛くリニューアルですね(^^♪
軽トラックのイメージを払拭させます。


車 査定は今すぐコチラ