田七人参と糖尿病について

June 18 [Sat], 2011, 11:20
糖尿病とは??

糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリン(血糖を調整するホルモン)が不足したり、インスリンの働きが悪かったりするために、血糖値と呼ばれる血液中のブドウ糖濃度が増え、身体にさまざまな障害が起きる病気です。

発病の初期は自覚症状がないため、病気と気づかずそのまま放置しがちです。そのため、網膜剥離や神経障害などの重大な合併症を招き、日常生活行動 (ADL)や生活の質(QOL)の低下を招きます。


糖尿病の原因

■食べ過ぎ、肥満
■運動不足
■身体的、肉体的ストレスによるインスリン作用の低下
■老化による膵臓機能の低下
■薬剤による作用(血圧降下剤や副腎皮質ホルモン剤など)
■遺伝(体質的にインスリンの分泌が少ない)
■妊娠


糖尿病の症状例

■のどの渇き
■尿の量・回数が多い
■体重が急激に減る
■全身がだるく、疲れやすい
■目がかすむ(視力障害)
■尿に糖が出る
■立ちくらみ
■手足のしびれ
■インポテンツ(性欲減退)
■月経異常



糖尿病には田七人参が効果的

田七人参には善玉コレステロールを増やす作用や脂質代謝を改善し、また血中コレステロールや中性脂肪・過酸化資質を低減させることにより、正常な血糖値を維持する作用があります。

その他にも、田七人参の働きには、血液の質改善作用(ドロドロ→サラサラ)があり同時に血液の循環を良くし、新陳代謝を安定させる効果もあります。

止血作用や、抗炎症作用などの働きもありますので、のどの渇き・のぼせ・皮膚病出血過多などの不快症状の緩和としても服用して頂けます。


糖尿病以外にも、様々な症状・疾患に効果的

■毎朝ダルくて起きるのがつらい方
■暑いのに手足が冷たく感じる方、冷えが気になる方
■動悸や息切れがする方
■おしっこが近い方
■心臓がドキドキしたり締めつけられる方
■生活リズムが不規則な方
■お酒やタバコの飲みすぎが気になる方


などでお悩みの方にも、お勧めです。是非、田七人参をお試しください。



糖尿病に、世界が認めた白井田七


田七人参の素晴らしき効能・効果について



肝臓病の発症原因と田七人参の効能・効果について

June 10 [Fri], 2011, 10:54
■肝硬変、慢性肝炎(B型肝炎、C型肝炎、アルコール肝炎)の原因について

肝炎は、アルコールやウイルスなどが原因で、肝臓内に炎症がおこり、その炎症が原因で肝細胞が破壊され、慢性化していく疾患です。

*GOT、GPT、γ-GTPなどの数値が上昇します。

肝硬変は、炎症の繰り返しにより、肝臓内に「コラーゲン線維」が分泌され、結果、肝臓が線維化し、機能が低下していく疾患です。

*GOT、GPT、血小板の数値は低くなり、同時にCHEの数値も低下する。

肝硬変になると、食道静脈瘤、黄疸、肝性脳症、腹水、癌、腎不全などの疾患が発症する可能性が高くなります。

ですので、肝硬変は少しでも早い対策が望まれます。

しかし、西洋医学では肝硬変と言ってもお薬は少なく、ウルソやリーバクト、インターフェロンなどの対策となることが殆どです。

インターフェロンを拒否した場合は、お薬が全くなしと言う事もございます。



肝臓病に負けるな!田七人参の素晴らしき効能・効果・通販情報について



■田七人参の肝臓疾患に対する効果について

東洋医学(漢方)では、肝硬変、B型肝炎、C型肝炎、アルコール性肝炎の際に田七人参(でんひちにんじん)がお勧めです。

お勧めのポイント!

1.田七人参は、肝炎、肝硬変に伴う「炎症」を抑制する効果がある為
肝細胞の破壊を防ぐ効果がある。


2.田七人参の効果には血液の循環を高め、血液の質(ドロドロ→サラサラ)
を改善し、肝臓の機能を活性する効果がある。

*肝臓は血管の塊のような臓器なので、血液の循環が悪くなると、肝臓の
働きである「代謝」「解毒」「胆汁分泌」などの働きが低下する。


3.田七人参の働きには「止血作用」がある。

*肝硬変などの影響で血小板が少なくなる為、出血しやすくなります。


4.田七人参は、病院のお薬との併用でさらなる相乗効果が高まります。

*インターフェロン、抗癌剤などの副作用予防、効力向上としても
服用して頂ける漢方薬です。


5.東洋医学(漢方薬)の中でも最も副作用が少なく安心して服用できる。




田七人参は、肝炎や肝硬変以外にも癌の進行抑制対策、高血圧、浮腫、糖尿病、高脂血症、皮膚病、脳梗塞などの疾患にも幅広く使用される漢方薬です。


肝炎、肝硬変、慢性疾患でお悩みの方は、是非、田七人参を服用されて見て下さいね。


■ドクターお勧めの田七人参は下記のサイトをご覧ください。

↓      ↓      ↓      ↓


田七人参の素晴らしき効能・効果・通販情報について




田七人参の素晴らしき効果について

April 22 [Wed], 2009, 15:27





田七人参について

田七人参は、中国雲南省の文山省が主産地のウコギ科の多年生植物の根から作られた生薬です。素材としてはかなり固いものなので、粉末にしたり、エキスを取ったりして服用されます。現在は、漢方として処方されたり、粒上のサプリメントとして摂取するのが一般的です。

田七人参の主成分は、サボニンという物質です。サボニンは、トリテルベンやステロイドに糖が結合した化学構造を持つ天然多糖類であり、田七人参にはこのサボニンが20種類以上も含まれています。サボニンは滋養強壮に効果があるとされ、また、免疫増強機能もあるといわれています。

理由としてはサボニンが、免疫機能の最前線であるマクロファージを活性化して抗体の産出を増強すると考えられています。また、ガン細胞の抑制にまで効果があるといわれています。また、田七人参は人体の持つホメオスタシスに絶妙に働きかけ、血圧などを調整する役割があるともいわれています。








田七人参の副作用は?

漢方としての長い歴史をもっており、長年使われてきたものですので、限りなく副作用のリスクは少ないといえます。ご安心ください。


田七人参の素晴らしき効果

●心臓病(不整脈・動悸・息切れ)に効果があります。
●皮膚病(アトピー・湿疹・疥癬・水虫)に効果があります。
●腎臓病(腎炎・腎不全・ネフローゼ症候群)に効果があります。
●肝臓疾患(肝炎・脂肪肝・肝硬変・肝臓癌)に効果があります。
●コレステロール過多の方に効果があります。
●高血圧症に効果があります。
●滋養強壮に効果があります。



白井田七


血液サラサラ、世界が認めた白井田七