IWCの技師の炭素繊維の能動的な腕時計

July 08 [Mon], 2013, 14:36
私は私が各種の特別な資料のおぼれる人に対してひとつなことを自供して、だから私がIWCが殻の原料の腕時計を炭素繊維を表すにすることを出したことを見る時、私は感動してもう少しで泣き出すところです。私が本当にこのような資料に対して特別な気高い感情を持っているため、チタン合金の色はあまりに暗いです;しかも陶磁器があまりに明るいのはあまりに脆いです;ただ炭素繊維は美しい入り乱れたしま模様があって、また満足させる強さと根気がありますと外観の上から言います。運用の上から、私の自転車のフレームはすぐ炭素繊維ので、高力のが過程に乗る中で、それは硬度、強さ、根気と重さですべてアルミニウム合金のフレームで勝ち気で、もちろんその値段はアルミニウム合金のフレームの5倍です。

もちろん資料の感動に対してを除いて、最も私を感動してまだ腕時計の自身に属しなければならなくて、なぜかというと高級な掛け時計業が炭素繊維に殻の腕時計を表すように出すことができるのはずっとすべて私の1つの期待です。炭素繊維ため自身の特別な物理と化学的性質、それらの双方の間の接続に至るのは溶接を行うことができないので、十分なのりはくっつくことを行って相当することしかできなくて、時間の消えることに従って、接続の部位は疑問が現れて、だから炭素繊維の商品の天命の疑問は今なお依然として解決していません。これもすぐどうして高級な表を作成する業もこのような資料に対して1歩進んで遠い。以前は殻の原料の腕時計を炭素の元素を表すにすることをも出したことがあってことがあるけれども、しかしすべて生産額はとても少なくて、依然として概念の方面にも滞在します。しかし今日IWCコピーで炭素繊維の腕時計は何とか市場で会うことができて、赤い色と黄色の目盛りはモデルを表して各定量の100匹だけありますけれども、しかしこれも1つのすごい成果です。次に私達は具体的にこの腕時計の造る過程を少し解読します!

私のまず明らかに述べるのは私達の今のところ見るいかなる形の炭素繊維の製品がすべて炭素の布がなったのなので、炭素の布は縦方向の繊維ごとにから皆2度上方で2度下方で横の方向の線維束の入り組む紡織成に交替したのそしてとで、だから私達は1種の特徴を高く備える図画を見て、その単一の繊維は人の髪の毛の糸の細い5倍に比べて。別の炭素繊維のヤング率(固体の資料を描写してひずみの物理的な量に抵抗する)は専門的に防弾のベストの凱芙を造って(Kevlar)繊維の2倍を引き延ばすので、しかも腐食に耐えます。

第2歩はすぐエポキシ樹脂の中で液体に浸すので、このようにする意図は気相あるいは液相を通って酸化するので、繊維に化学活性を与えて、樹脂に対する親和性に増大して、それから到着して繊維の損失を免れて、進歩と樹脂の母体の親和性の効果。

第3歩はエポキシ樹脂のファイバー・ボードにしみこむことがあって鋳型の中で描写して一定の形を備えて、高温の高圧の中であぶって、その後樹脂の硬化の処置を行います。

第4歩始まりは入って型の時に作って、以前は硬化の処置を経た炭素繊維の胚胎をCNC(デジタル制御装置)のフライス加工の成技師の容貌に通って、CNCは当面盛んに行われる精密な商品の加工の方法で、このような方法の最大の長所はすぐワンピースキャスト法はしかも加工が精密で、たすきベルトの来る手間がかかることにくっつくことを免れて、しかし炭素繊維ため自身の硬度はきわめて高くて、フライス盤にかける頃にきわめて注意して、間違いは徹底的にもし破棄するならば、IWCコピーはどのようにやり遂げたのなのとなると、彼らの研究開発部総監督は私に教えていません。

最終は1歩もちろんすぐ組み立てたので、私達がこの時計の外側が小屋を表すからなことを見る、殻を表す、後3つの炭素繊維のモジュールをかぶせてねじを通って組み立てていっしょにいた、これでIWCがフライス加工を要して3種類の異なる形の炭素繊維のモジュールを出すことを意味して、加工の難度は考えてみると分かります。別は私達はまだ1つの細部に注意しなければならなくて、時計のおりたのは上の明らかなのがチタン合金を書いていることを注釈して、これは一体どんな意味ですか?私達は炭素繊維の間がただ物理の固定だけを経るのが水を防がないのなことを知っていて、だから炭素繊維は直接サファイアのクリスタルガラスとタッチを行うことができなくて、中心に接続を行う媒質が必ずあるなくてはならなくて、この媒質はすぐチタン合金で、私達はここでひとつがあえて推測することをして、この時計のすべてのねじの口はすべてすべきにチタン金属の存在があって、もしこれは推測して創立するならば、私達は本当にIWCの詳しくて深い技巧と良の苦い意図に敬服しないわけにはいきません!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/denghave1990/index1_0.rdf