【SHCOOL DAYS(スクールデイス)】 

January 09 [Sat], 2010, 0:28
「ねー、おかーしゃん」

「んー、何ー?」

「すくーるでいず、って知っとる?」

「あー『誠死ね』ってゆう、鬱アニメでしょー」

「そう『誠死ね』、それ今クラスで話題なんよ」

「えー?!」

というわけで、何を血迷ったか、アニメ「スクールデイズ」を一気見しました。
男性向けエロゲーがアニメ化されたもので、えらいごと大変なお話だったらしく、とくに最終話は残酷すぎる(流血的な意味で)ということで放映中止になったとかいう話。

動画サイト大好きな息子の友人達の間でウワサになっているようで、息子も興味がある様子。ホラ、そいういうお年頃だから(笑)しかし、母は「ちょっと待て!まず私が見てみるから」と偵察がてら見てみたわけですが。

ちなみに、あらすじはこんな感じ。

“伊藤誠(いとうまこと)”が“桂言葉(かつらことのは)”と出合ったのは榊野学園の入学式のとき。言葉は誠の隣のクラスで、同じ沿線から通っていて、毎日同じ時刻の電車に乗り本を読んでいる。気にはなるけど、遠くから眺めているだけ…。ただ、それだけの存在だった。携帯電話のおまじない…「好きな人の写真を待ち受けにして3週間、誰にもバレなかったら恋が成就する」誠はばかばかしいと思いながらも、電車で出会う言葉の姿を携帯電話の待ち受けにする。だが、そんな誠の待ち受け画面に映った言葉の写真を同じクラスで隣の席の“西園寺世界(さいおんじせかい)”に見られてしまう。おまじないを始めて1日目ではかなく散ってしまった淡い期待だったが、世界が勝手に誠の待ち受けを見てしまったお詫びにと、誠と言葉の仲を応援したいと二人の間を取り持つ事に…。その日から誠の退屈だった日常が大きく動き始める。

あらすじだけだと、まあ高校生の学園恋愛モノっぽいですが実際見てみて、目玉が飛び出ました。

タイムショックは魔物 

January 05 [Tue], 2010, 21:40
仕事始めでクタクタになって帰ってきたんですが。
普段、地上波TVとか見ないのに、何を血迷ったか「タイムショック」を見始めてしまったら、なんか止まらなくなってしまいました。

あれえ?

なんか、「タイムショック」は魔物だわ。

ムキになって主人と二人で回答しながら、はーはーしながら見てしまってます。
たった今、モナちゃんが脱落したところですわ。

あああ、ロザン、脱落!

辰巳すごし!!!

・・・すごい、疲れた。

ぱたし。

中学生の音楽の宿題 

January 04 [Mon], 2010, 14:57
お正月も終わり、官公庁では今日が仕事始めですね。私も明日からお仕事です。

とは言え、主人もまだ明日までお休みだし、息子はといえば1月8日から新学期。まだまだ余裕・・・と言いたいところですが、ちょっと待って!息子よ!冬休みの宿題は終わっているのでしょうね?!と問い詰めると、まぁ案の定、まだ全部は終わっていないと悪びれずに言うものだから、こっちもちょっとムッとかしちゃったわけですが。

その後の奮闘を以下に(笑)

あけましておめでとうございます 

January 03 [Sun], 2010, 20:03
年末から本家ぷらぱら同様、復活してみようかなぁと思っていますが、どうなるんでしょう?

お正月、実家へ里帰りしたくらいで、あとはダラダラと過ごしております。
そうそう、実家へ帰ったところ、父が真顔で「インターネットが繋がらない」と嘆いていたので色々と父のパソコンをいじっていたのですが、どうもうまくいかず途方に暮れていたんですが。

あー、案の定、無線LANのケーブルが1本抜けてるだけでした。

大掃除の時に抜けたんでしょうね。あまりのことに息子と二人でボーゼンとしてしまいましたよ。気付かなかった私も私だけど・・・、あはは。


でも、しょうがない 

December 31 [Thu], 2009, 22:21
あっというまに大晦日です。
今年はクリニックのお仕事は大忙しだわ、息子の中間考査とか期末考査とか体育祭とか文化祭とか、実家の父の入院とか手術とか、そのくせ現実逃避でBL小説とか、BLゲームとか、動画とか(なんだか半分以上は自分の責任じゃないですか)

来年こそはお仕事辞めさせていただいて、家族のことに専念しつつHOMOを楽しんでいけたらいいなぁ。

というわけで今年最後のHOMOのお話

最近はこんなことしてたりします。 

October 06 [Tue], 2009, 21:50
時々、思い出したように更新してみたりして。

BL小説とか、BLコミックスとか、あいかわらず鬼のように買いあさったり(ははは)
あと、BLCDとかを嗜んでみたりとか。

あとはこんな事してみたりしてます。

もともと、FLASHとか作るのが好きだったんですが。
(以前、某G種のネタFLASHを作ってた話とかしてたこともあったような)

今はNIVEとかWMMとか使いながら、ちまちま楽しんでます。
ニコ動、アカウントお持ちの方はそちらの方が画面大きいので見やすいかも。

とりあえず、近況など。



【攻め喘ぎ】について 

August 26 [Tue], 2008, 20:55
先日A月さんが言及されていた「攻め喘ぎ」について考えてみたりして。
基本的に私は「オヤジ声スキー」です。あとは「ワンコ攻めスキー」だったりもします。

「オヤジ声」とか「低音で抑えた演技」とかいうと、なんか「無口なヤクザさん」っていうイメージがあるんですが。でも、そんな声で喘がれると萌えます(えー?)

あと「ワンコ攻め」はですね、受に翻弄されるちょっと情けない系の攻って感じでしょうか?そんな攻の切羽詰った感の喘ぎ声もいいですねぇ(えー?)

そんな私の大好きな「攻め喘ぎ」作品は以下の作品です〜。

【しもべと犬】 

August 25 [Mon], 2008, 0:26
【しもべと犬】を読みました。

今月のルチル文庫の新刊「しもべと犬」を読みました。
玄上八絹さん、大好きなんです。ルチル文庫から刊行されている作品しか読んだことないんですけれども、「篝火の塔、沈黙の唇」や「千流のねがい」。どれも、とても切なくて、でも温かい作品だったので。

今回の「しもべと犬」はあらすじに「人間の細胞から作られた人型の『犬』と呼ばれる生命体」という文章があったので「もっ!もしや!?」と思ったらビンゴ!
「千流のねがい」に登場した一水先生が登場してらっしゃいました。きゃー!嬉しいっ!

Blind Love〜恋に堕ちて〜 

August 24 [Sun], 2008, 7:11
日向唯稀さんのクロスノベルズ。Drシリーズの最新刊です。
本家「ぷら・ぱら」でも絶賛したこのシリーズ、アルルノベルズから
【Bitter・Sweet ―白衣の禁令― 】
【Dr.ストップ―白衣の拘束】
の二冊が刊行された後、続編がクロスノベルズから出てますね。
【PURE SOUL〜白衣の慟哭〜】
【MARIA〜白衣の純潔〜】
【Light・Shadow〜白衣の花嫁〜】
【CROWN〜王位に挑む者〜】

大好きなシリーズです。
うまいこと登場人物が総フォモになっているというか(笑)
っていうか「この人たちが、こういう繋がりで知り合いなんだぁ〜!」と感心させられます。
上手いなぁ〜。

今回の「Blind Love〜恋に堕ちて〜」は会社社長(前作「CROWN」の攻の弟)×元ヤクザの情婦(?)ホスト(同じく前作「CROWN」の攻の弟のお店ホスト)のお話。
シリーズ既刊を読まなくても一作品として読めますが、できれば最初から読んでる方が圧倒的に楽しめる作品ですな。

萌え台詞は「どんなご馳走だよ、お前」でした。

私、昔から刺青に憧れてて、許されるならば入れてみたい・・・とか思ってるんですけど。あ、もちろん絶対無理だって分かってますが。でも、やっぱり、一度入れてしまったら、二度と奇麗な肌には戻れないし、色々大変なんだなぁ〜と思わされる作品でしたよ(え〜?!)

ナリケンさんが好きです。 

August 23 [Sat], 2008, 17:26
BLCD、そんなに沢山は聴いてないと思うんですが、その中でも成田剣さんの変態っぷりは大変素晴らしいと思っています。

基本的にBLCDは原作が大好きで、なおかつ声優さんが「これなら大丈夫」と思える方の作品しか購入しないと決めているんですが、ナリケンさんに関しては「原作・・・知らない。でも、変態っぽいナリケンさんだ・・・っ!」と知ると居ても立ってもいられなくなるくらい、ナリケンさんの変態っぷりが大好きです。

あ、これ、褒め言葉です。もちろん。

ナリケンさん好きなあまりに、何故か大変マイナーなトークCD「剣の舞」を1と2まで購入してしまった位、ナリケンさんには心を奪われました。すみません。

大好きな出演作は「無敵シリーズ」これは原作は手に取ったことすらない作品なんですが、ナリケンさんの変態攻が聴きたいばかりに集めたシリーズです。ホントに変態全開のナリケンさんが楽しめます。作中では高校生のはずのナリケンさん演じるところの攻少年ですが。この年齢でこれだけの変態っぷりを極めてしまったら、これからの残りの人生、一体どうするつもりだろうといらん心配すらしてしまうようなこのシリーズ(笑)

他にも「親猫シリーズ」とか、これも原作は未読なのに何故か迷わず購入してしまった謎のシリーズ。あ、でも、コレ、受が杉田智和さんなんですよ。だから二倍美味しかったシリーズ(え?)ナリケンさんの過剰なまでのお色気攻とどうしても色気がこれっぽっちも感じられない杉田さんの受に有り得ない程に萌えた作品でした。

その他にも「SEX PISTOLS」の熊×熊・・・!大川透さんを余裕で攻めるナリケンさんに萌え。

そうそう、「富士見二丁目交響楽団コロムビア盤 Long ago...」ではあの電柱殿下をナリケンさんが演じられてますね。このCDはあの名曲「ニ月十一日」も収録されてて、すごく大好きな作品です。(ちなみに悠季役は保志総一朗さんです)

小野塚カホリさん原作の「少年四景」のナリケンさんも大好き。

椹野道流さん原作の「作る少年、食う男」の執事役もいいなぁ。お堅く見えて、ちゃっかりスゴイ愛人囲ってたりするんだぜっ!

あ、忘れちゃいけない、鳩村衣杏さん原作の「ドアをノックするのは誰?」これも面白かった・・・!これは原作がとっても大好きでCD化をすごく楽しみにしていたんですが、主人公の攻がまさかのナリケンさんで飛び上がって喜んだ作品。この作品の場合、受の方がかなり「アレ」なのでナリケンさんの変態っぷりが霞んでしまっているのは否めませんが、それでもあんなに恥ずかしい台詞をこれでもか!と冷静に連発できるのはさすが!

最近では「ヒミツの新薬実験中!」が素晴らしかった・・・!コレ、原作は未読なんですがナリケンさんが「研究フェチの産婦人科医」という設定だけで購入を決めました。受の野島裕史さんの大阪弁もぷりちーで、なによりナリケンさんの冷静な声で素っ頓狂な台詞をこれでもか!というくらい堪能させていただけました。すごかった・・・!大満足・・・!

というわけで今回はナリケンさん語りをしてみました。
皆さんお薦めの変態ナリケンさんがありましたら、是非紹介していただきたいです。
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像六兵衛
» 【SHCOOL DAYS(スクールデイス)】 (2010年06月08日)
アイコン画像成傘 翔夏
» 【SHCOOL DAYS(スクールデイス)】 (2010年05月14日)
アイコン画像もう無理www
» 【攻め喘ぎ】について (2009年05月11日)
アイコン画像美鳥
» 【攻め喘ぎ】について (2008年10月01日)
アイコン画像suzuya
» おおお!日記が生きていた・・・! (2008年08月26日)
アイコン画像suzuya
» おおお!日記が生きていた・・・! (2008年08月26日)
アイコン画像suzuya
» おおお!日記が生きていた・・・! (2008年08月26日)
アイコン画像suzuya
» おおお!日記が生きていた・・・! (2008年08月26日)
アイコン画像秋月
» おおお!日記が生きていた・・・! (2008年08月25日)
アイコン画像美鳥
» おおお!日記が生きていた・・・! (2008年08月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:demo_nai
読者になる