デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターの機能調べました。 

2008年11月10日(月) 1時38分
デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターの機能を調べました。

デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターには2段階の電力切り替え機能があり、
1000Wと600Wの2段階の電力切り替えができます。

また、サーモスタットがついています。
このサーモスタットで適温を設定することでその温度を一定に保つために電源の
オンとオフを繰り返してくれるんです。

あとデロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターには12時間ONタイマーが
搭載されています。

このONタイマーを使用することで、帰宅前などに事前に部屋を暖めておくことが
できるということです。

この機能が個人的にかなり便利だと思いました。

デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターは温風がでないためにお部屋のホコリを
舞い上げず、音が静かだというのもいいところだと思います。

また転倒時電源遮断装置がついているので、イザというときも安心ですね。


デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターのより詳しい商品情報は
下の画像をクリック!
DeLonghi パネル型遠赤外線マイカヒーター HHP1000TCJ

デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターの特徴調べました。 

2008年11月08日(土) 0時35分
デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターの特徴を調べました。

このデロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターは、即暖性の高い
パネル型遠赤外線マイカヒーター。

電源を入れるとすぐに暖房が始まる即暖型のヒーターで、面状の
発熱体のためヒーター全体から暖かさを得られるという特徴があります。


デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターはダブルヒートの5層発熱体
で部屋を効果的に暖めるという特徴もあります。

ニッケル合金の発熱体を4つの層で挟んでいるということで、正面には
「SnO2・ZnO2:酸化スズ・酸化亜鉛」を使用、裏側には「SnO2・FeO2・
酸化スズ・酸化鉄」使用で、素材を変えることによって電気で発生した熱を
正面に集中させてより効率的に暖房をするということです。

また、デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターは薄型の軽量タイプなので、
持ち運びも簡単にできるという特徴もあるんです。

絶縁体にマイカ(雲母)を採用しており薄型と軽量化を実現している
ということです。

キャスターもついているため、持ち運びも簡単にできるんですね。


デロンギ パネル型遠赤外線マイカヒーターのより詳しい情報はコチラ