【 更新情報 】

スポンサード リンク

デロンギ・ディープフライヤーDF380の感想

デロンギのフライヤーといえば、やはり「DF380」が一番扱いやすいと思います。
デロンギ社のフライヤー「ディープフライヤーDF380」は同社がこれまで製作してきた
コンパクト電気フライヤーとくらべても、その使い勝手が格段に向上されて、
いままでの欠点だった「お手入れ」の面においてもヒーターユニット部分以外は
分解して丸々水洗いが出来たりするので、食器洗い機との相性も抜群です。

>>ディープフライヤーDF380のスペック等はこちらを参照☆

回転式フライヤーではありませんが「揚げ物」という後始末が面倒な料理にかかる手間を
このデロンギのディープフライヤーDF380なら相当軽減してくれるのです!

もちろん、デロンギ製フライヤーのこれまでのモデルでも便利だといわれていた
覗き蓋(ガラス製)も健在ですし、美味しく揚げるという点もカバーしてくれています。
電気フライヤーにとって大事な「汚れない」「手間入らず」という絶対必要要素を
デロンギのフライヤーDF380なら十分に満たしているといえますね。

揚げ物料理を家でしたくても油がキッチンに飛び跳ねるので火傷が恐かったり、
調理後の後始末が気になって、揚げたてのフライ物を食べ損なったり…では
本末転倒というものです。フライヤーはその不満点を解消してくれる家電製品ですが
デロンギのディープフライヤーDF380ほど優秀なの物もまた珍しいかもしれませんね。
個人的には「もっと早くにこの商品を知っていれば…」といったところでしょうか。

以上の感想から、デロンギのフライヤーDF380は
揚げ物を手作りで調理したいあなたにとって、きっと大いに役立つであろう
お勧めキッチン家電である!と言うことができます☆

▲「デロンギのフライヤーで揚げ物名人になろう☆」のトップページへ

フライヤーならデロンギが一番!

デロンギのフライヤーは揚げ物料理を家庭でお手軽に楽しみたい方にはうってつけの
大変すばらしいキッチン用家電製品だと言えます。
電気フライヤーはデロンギ社製の他にも色々なメーカーのものがありますが
デロンギのフライヤーほど安全に使えて、揚げ物調理の負担を軽減してくれる製品は
なかなか探し当てるのが難しいかもしれませんね。

だからこそ、電気フライヤーの購入を検討しているけど、
たくさんの種類があってどれを買おうか困っているという方は
デロンギのフライヤーをとりあえず使ってみるのが一番お勧めだと言えます。

これは単純に多くの人に売れているからという理由でなく
デロンギのフライヤーには揚げ物調理で一番頭を悩ませる油の飛び跳ねを
しっかり防止してくれる工夫(=フタ)が完備されているからです。

デロンギフライヤーにはガラス製覗き蓋がありますから、蓋をしたまま調理ができて
食材の揚げ具合も十分チェック可能ですし、脱臭フィルターも付いているため
周囲に油の匂いが広がる心配もありません。ご近所にも迷惑が掛からないのです。

その他にもデロンギのフライヤーには揚げ物の出来上がりを知らせてくれるブザーや
お手入れをより簡単にするための工夫がなされています。
なにより安全に使えるのが一番ウレシイところですね。

▲「デロンギのフライヤーで揚げ物名人になろう☆」のトップページへ

デロンギフライヤーの長所と短所

デロンギのフライヤーは人気の電気フライヤーですが、ここではもう少し深く掘り下げて
デロンギ社製フライヤーの長所と同時に短所もお伝えしていきましょう。
揚げ物料理の手間を大幅カットしてくれる電気フライヤーの購入を迷われているのなら
参考までに一度目を通されておく事をお勧めします。

では、デロンギのフライヤーにおける短所…これは高性能ゆえに非常に残念な部分ですが
「あまり多くの揚げ物を一度に調理できない」という点にあります。
同時に大きな食材をたくさん揚げる事も難しいという事になりますね。
デロンギのフライヤーの中で一番魅力的な「調理時の油跳ね軽減」ができる
蓋付きタイプのフライヤーが、この短所に該当してしまうのが残念なところです。
しかし、あまり大人数でなく、大量の揚げ物をしょっちゅうするというご家庭でなければ
デロンギのフライヤーの長所を存分に活用できるかと思います。

では、デロンギのフライヤーの長所ですが、これは先程も少し述べましたが
「フタが付いているフライヤーである」という点です。
揚げ物料理というのは食べる方はもちろん、作った本人にとっても、
揚げたてを食べるのが一番美味しいですよね?

しかし、フライヤーでなく天ぷら鍋などを使って揚げもの料理をすると
どうしても調理時の油煙で、食べる前から食欲が満たされてしまったり、
必ず飛び跳ねる油で汚れてしまったキッチンの後始末を考えると
どうしてもすぐに食卓につけなくなってしまいませんか?

デロンギのフライヤーならばこの「油のハネ汚れ」と「油の匂い」を
前述の特製でしっかりと軽減してくれます。
他にも火傷防止にもなりますから、安心して使うことができるのです。
つまり、より楽に、美味しい揚げ物調理ができるようになるというワケですね♪

▲「デロンギのフライヤーで揚げ物名人になろう☆」のトップページへ

デロンギの電気フライヤーの評判

デロンギの電気フライヤーと他社メーカー製フライヤーの評判を敢えてくらべてみると
一般の電気フライヤーユーザーやこれから揚げ物調理器の購入を検討している方にも、
デロンギのフライヤーは随分と知名度が高いんですよね。

では、なぜデロンギ社のフライヤーはここまで有名なのでしょう?

デロンギのフライヤーの魅力はいくつかありますが、その良いポイントをまとめると
「実に使いやすく汚れない」という、ひと言に尽きます。

デロンギの電気フライヤーは揚げ物料理をする時の一番のネックである
油の跳ねによるキッチン周りの汚れと調理時に発生する油の匂いを
極限まで軽減する工夫がなされています。

一口にデロンギ社製フライヤーといっても、これもまた様々な種類があるのですが
その中でオススメなのは「フタ付き」タイプのフライヤーでしょうか。

蓋が付いているということで、単純に揚げ物調理時に
あちこちに油が飛び跳ねずに済みますし、油煙が周囲に充満しにくくもなります。
つまり、調理時の油の匂いのせいでせっかく揚げ物料理を作っても、なぜか食欲低減…
という事態に悩まされにくくなるというワケですね♪

この点がデロンギ社のフライヤーが多くの方からオススメの電気フライヤーだと
推奨を受けている単純明快且つ大きな理由です。

▲「デロンギのフライヤーで揚げ物名人になろう☆」のトップページへ

デロンギのフライヤーとは何?

デロンギのフライヤーというのはイタリア発の海外家電メーカー
「デロンギ(Delonghi)」社製の「揚げ物機」のことを意味しています。
揚げ物機ということは当然、唐揚げや天ぷらなどの揚げ物を調理する時に使われ、
その事から「電気フライヤー」と一般的に呼称されるようになりました。

要は天ぷら鍋などを更に便利にした家電製品だと覚えておけばよいでしょう。

フライヤーは家電製品なので、デロンギ社の他にも、もちろん多くのメーカーから
同様の電気フライヤー製品が販売されています。

アナタは経験なされた事があるでしょうか?
使い勝手が良く、お手入れも簡単なフライヤーが欲しくて、家電量販店に置いてある
たくさんの電気フライヤーを見てみたけれど、結局どれがオススメで良い製品なのか
まったく判断がつかずに迷いに迷ったことはありませんか?

デロンギのフライヤーはその点で多くのセールスポイントがあるので
私個人の意見ではありますが、是非オススメしたい家電フライヤーだと思います。

では、デロンギのフライヤーの何が他のフライヤーよりも優れているのか?
別項でさらに解説していきましょう。

▲「デロンギのフライヤーで揚げ物名人になろう☆」のトップページへ