「やり直し」宮城・石巻市議選告示、48人が立候補

May 21 [Sun], 2006, 12:26
 投票用紙の誤配布により、最高裁で選挙の無効が確定した宮城県石巻市議選(定数34)の再選挙が21日告示され、無効確定で議員を失職した33人を含む48人が立候補した。投開票は28日。

 同市議選は、任期満了に伴う選挙(2004年4月)、周辺6町との合併に伴う市長選とのダブル選挙(昨年4月)に続いて3年連続。

 今回の再選挙は、昨年の市議選で、一部の投票所の職員が有権者に投票用紙を渡す際、市長選の用紙と取り違えて計42票が無効となったことがきっかけ。最下位当選者と13票差で落選した候補が選挙無効を求めて申し立て、その後、当選議員の死去により、次点者が繰り上げ当選したことで2票差となり、県選管が選挙無効を裁決した。これを受け、当選した市議らが裁決取り消しを求めて仙台高裁に提訴。高裁は請求を棄却し、最高裁も高裁判決を支持して無効が確定した。
  • URL:http://yaplog.jp/delivery0001/archive/14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。