ポケモン 

2008年12月30日(火) 22時40分
「動物園に行く!」とデコポンにリクエストされたものの、年末年始の休園期間なので、別の生物に会いに行ってきました。

ポケモンです。


「ドキドキ冒険ランド」というだけあって、ミニアスレチックのようになっていました。



デコポンは、ほとんど一人でクリアできました。



電車も2才以上は一人乗りOKだったので、もちろん一人で。
デコポンよりも年上の子どもが多かったせいか、電車は人気がないようで貸し切り状態でした。



デコポンが知る数少ないキャラクター、ピカチュウとポッチャマを発見!



ピカチュウと握手も出来るとのことで、お兄ちゃんお姉ちゃんに混じってデコポンも待機。

司会のお姉さんが「ピカチュウの必殺技を知っている人!」とか「ポッチャマが進化すると何になるか知っている人!」と質問するたびに、答えを知らないもののデコポンは全部の質問に挙手していました。



親とは離れて子どもだけで座らなくてはならず、「ピカチュウ、怖くない?」と何度も聞いていたデコポンですが、

釘付け。


無事握手も出来、

帰ってからも「ピカチュウ、楽しかった!」と何度も言っていました。



注:ポケモンのアニメ(テレビ)は見せていないのですが、かつてデコポン母がピカチュウにはまっていたのでうちにピカチュウグッズがあり、デコポンもピカチュウに興味があるのです。
色々集めたピカチュウグッズもデコポン母の熱が冷め仕舞い込んでいたのですが、10年経って日の目を見るとは思いもしませんでした。

お誕生日会 

2008年12月27日(土) 21時43分
姪っ子のお誕生日会におよばれしました。



手作りのチョコケーキに、主役の姪っ子が飾りつけ。



お誕生日、おめでとう!

(デコポンはこの直前にろうそくをフーする誘惑に負け、2本ほど吹き消し母さんに怒られ泣いています。)


女の子二人は素敵に変身。

左:オーロラ姫(眠れる森の美女)、右:ティンカーベル(ピーターパン)です。


なぜか手つきまでプリンセスっぽくなるデコポン。

この後もいっぱい遊んで、おなかいっぱいご馳走になり帰る車内でデコポンが言ったのが、「楽しかった。でも、ローソク、フーしちゃった。」という反省の言葉なのでした。

サンタ来たる 

2008年12月26日(金) 22時40分
デコポン母の実家に帰省中のデコポン。
1日早くサンタさんが来てくれました。
寝起きなのか、はにかんでいるのか、プレゼントの存在にしばらく無関心でした。

反応の薄さは、「夜中にこっそりサンタさんが来て、枕元に贈り物を置いて行く」という状況が、まだ良く分かってないからだと思います。
プレゼントは、数ヶ月前からデコポンがずーっとサンタさんにお願いをしていたプリキュアのおもちゃと、




工具のおもちゃセットです。



プリキュアはこんな感じ。




最後の「おならしちゃった〜。」は聞き流してください。



工具セットは甥っ子が気に入っています。

(デコポンが姪っ子に髪をくくってもらったのを見て、自分もして欲しいとお願いした図。)

クリスマス制作 

2008年12月21日(日) 17時14分
幼児教室で、参観&クリスマスの制作がありました。
大好きなK君の横をがっちりキープするデコポン。



ブーツ形の赤い紙に毛糸を通して結び、星や葉っぱの形の色紙を自由に貼っていきます。



出来上がってから、先生が壁に飾ってくれました。



みんなで記念撮影。


うちの子だけ、こんなんでしたが。





その後でデコポンが大好きなK君と一緒に、「エリック・カール展」を見に行きました。

「はらぺこあおむし」を実際に作っているビデオや、様々な絵本を見られ、親子共々楽しめる内容でした。


デコポンがアヒルの鳴き声がするのを気に入ったので、お買いあげ。

もうすぐクリスマス 

2008年12月21日(日) 16時57分
商店街も、

(撮影:デコポン)


デパートもクリスマス一色ですね。

(撮影:デコポン)



デコポン家も、ちょっとだけクリスマスらしくしてみました。

左の赤いブーツは幼児教室で、右の雪だるまリースは幼児クラブで作ったものです。


幼児クラブではクリスマス会が開かれ、人形劇を見ました。



クリスマスの劇と、なぜか「カチカチ山」も。



最後にはサンタさんが登場。

初めて見るリアルサンタにびっくりしたのか、ほとんどの子どもが凍り付いていました。
デコポンもお菓子は受け取ったものの、サンタさんに近づくのは断固拒否でした。



おまけ:クリスマスとは関係ないですが、最近マスターした歌。

テレビっ子です。

ドッグカフェでトランポリン 

2008年12月13日(土) 22時24分
琵琶湖湖畔にある、ドッグカフェ(ペット犬同伴で入れる)に行ってみました。

看板犬&猫がいるとのことで犬好きのデコポンが喜ぶかと思ったのですが、残念ながら看板犬には会えず。
看板猫は猫の方もデコポンを警戒し、デコポンも近寄るのは嫌がったので触れあえず。


もう一つの目玉、子ども用遊具は貸し切り状態でした。



望遠鏡とハンドルのようなものに大うけなデコポン。



楽しいので何回もすべっていました。



なぜかトランポリンもあり。





謎の動き。



R cafeというお店です。

動物園 

2008年12月13日(土) 21時59分
先週は、またもや動物園に行きました。
デコポンの入園料は無料、デコポン母は年間パスポートを買ったので、10月から3回は来ています。(この日は久しぶりにデコポン父も一緒でした。)


キリンの未来(ミライ)は右後ろ足にハート模様があり、ようやく写真撮影に成功。



デコポンはふれあい広場でテンジクネズミを抱っこしたり(でも抱っこしたネズミを見ようとはせず)、ミニブタを触ったり(毛が固いので嫌だそう)。



なぜかヤギを触りたがり、つけ回していました。



お決まりの電車も。



新しい撮影スポットにて。

怪しいフクロウはデコポン父です。



<おまけ>
この数日、電車ごっこをするのが上手になったデコポン。

デコポン母が用事をしている間に、一人で豪華列車を作っていました。
母子ともに「鉄子」決定です。

イルミネーション 

2008年11月29日(土) 20時24分
幼児教室でちぎり絵(?)を習ったので、家でも作ってみました。

下絵はデコポン父が描き、父子の合作です。
デコポンはクジラのことを「イルカ」と言うので、これは「イルカの絵」だそうです。



さて、クリスマスのイルミネーションもあちこちで始まったので、お出かけついでに見てきました。
(デコポン父母のお友達も一緒だったので、デコポンと手をつないでくれています。)



デコポンの好きな青色のクリスマスツリー。



近くに寄るまで、ペットボトルで出来ていることに気付きませんでした。



これは、踏むと光るタイルのようなもの。

写真にはうまく撮れなかったけど、デコポンが地団駄を踏むたびに光っていました。


あちこちに飾りがあり、デコポンも喜んでみていました。


姫センへゴー 後編 

2008年11月16日(日) 23時16分
サファリゾーンを車で回った後は、徒歩で動物たちを見に行きました。
ホワイトタイガーがいました。



ホワイトライオンも。



先ほど車から見たゾウに、餌(有料)をやることが出来ます。




他にはクマとキリンに餌をやれるのですが、人間が柵に近づく=餌がもらえると分かっているので、お腹が空いていれば向こうから近づいてきてくれます。



キリンは舌が長いので、直接餌を舌に乗せてやることも出来ます。



デコポンはキリンの舌に手が当たったので、慌てて服で拭いています。


この後もふれあいコーナーで羊や犬やポニーなどとも遊べて、予想以上に楽しめる場所でした。
で、とある目的というのは、播州赤穂にあるピザのおいしい店に行くことだったのです。
料理の写真を撮る間がなかったので、次回があればまたご紹介します。


2日目は神戸のIKEA(スウェーデンの大型家具店)に寄って帰りました。

子ども用の椅子(青色の)799円、プラスチックのコップ6個・お皿6枚各249円、調理用ボール599円など家具以外もお買い得です。

姫センへゴー 中編 

2008年11月16日(日) 22時58分
サファリゾーンへ突入前に、入り口で自動音声案内機のようなものを貸してくれます。
センサーに反応して今いる場所の動物の説明が流れるので、何の動物がいるのか探すのにも便利です。


サファリゾーン最初の動物は、チーター。



次はライオン。

気持ちよさそうに寝ていますが、車から1mも離れていません。
その次のエリアにはトラもいて、猛獣ゾーンでは常にレンジャーの車が巡回して警戒態勢でした。


次の草食動物エリアには後ほど徒歩で来ることも出来ます。



動物も車に慣れていて警戒心がないのか、近寄ってもなかなかどいてくれません。



ゾウは4頭もいて





ふざけていたのか、ケンカしていたのかレンジャーの人に怒られていました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:デコポン
読者になる
好きなもの:アンパンマン、トーマス、電車、バス、お魚鑑賞
好きな食べ物:パン、魚、お菓子、麺類、おにぎり
特技:歌、ダンス
趣味:お絵かき、シール貼り、読書(読んでもらう)、音楽鑑賞
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31