年末年始の挨拶で考えました。 

December 30 [Tue], 2008, 10:10
いよいよ今年も明日で終わりになりますが、ここ2,3日はいろいろな人と年末の挨拶を交わすようになりました。
帰省した仲間や、仕事の付き合いの人で今年はもう会いそうもないもない人とは「良いお年をお迎えください」「来年こそいい年を迎えたいですね」などと別れの挨拶を交わしました。
でも、今年に限ってはこのような挨拶が虚しくおもえ、ただ「来年もよろしくお願いします」と言って分かれた友人もいますし、「良いお年をお迎えください」といった後で「でも、この調子だと無理かもしれませんね」と言う言葉を付け足した友人もありました。

本当に「来年も良いお年をお迎えください」と本心からいえる年の暮をむかえたいものですね。

今日は国際民間航空デー 

December 03 [Wed], 2008, 22:11
1992年の国際民間航空期間の総会で制定し、1994年から実施された国際デーの一つで、まだまだ出来たばかりの記念日です。
いったい、世界中では一日に何期の旅客機や貨物機が飛び交っているのでしょうか。
日本のような国でも、相当数の飛行機が飛んでいると思います。
でも、今の航空用燃料の元となる原油の埋蔵量も無心増にある訳でなく、以前新聞だかテレビで見たかですが、原油の埋蔵量は今の消費量から換算すると、後65年分とか、70年分とか言われていますが。もし、そうだったら、65年先は航空機は何を燃料として跳んでいるのでしょうか。
自動車も、電気もそうですが、早急に化石燃料に替わるものを実用化しないと、馬車と帆船の世界になってしまいます。

今日は緑のおばさんの日 

November 19 [Wed], 2008, 14:40
昭和34年の今日、通学する小学生たちを交通事故から護る為の学童擁護員(これが緑のおばさんの正式名称らしいです)制度がスタートしました。
私の住んでいるところでは学校帰りの時間に緑のオバサンだけではなく、黄色のパーカーを着た「黄色のおじさん」が学童たちを見守っています。
小学生も色々なタイプがあり、チャンと「有難う」とか、「さようなら」と言っていく子供、黙って無視しているかのように行く子供、親しさを込めてでしょうが、黄色のおじさんをおちょくっているような口調で語りかけていく子供、など色々といますね。
丁寧でなくてもいいから、「さようなら」くらいの言葉はかけていってほしいですね。

ロシア革命記念日 

November 07 [Fri], 2008, 10:06
1917年(大正6年)にロシア10月革命でソビエト政権が樹立、ソビエト連邦になりました。
それまでのロマノフ王朝を2月革命で倒し、その後の政権争いを制したレーニンが最高権力者である人民委員会議長に就任し、その後の第2次世界大戦後のアメリカ資本主義と、ソビエト共産主義による冷戦時代を経て、ソビエト連邦崩壊なり、東西冷戦が終止符をうち、人類滅亡の危機は避けられたか、と思っていたのですが、近頃、また、当時とは違った状況による東西冷戦状態になりつつあります。

このようなときにアメリカの次期大統領にバラク・オバマ氏が就任することになりました。
これまでのブッシュ大統領とは違った政治政策を持っているようなので、ぜひともこれ以上冷戦を進めず、緩和していく方向に共に協力してほしいものですね。

今日は11月1日と1が3つ並んでいます。 

November 01 [Sat], 2008, 18:52
今日は11月1日と1が3つ並んでいます。
でもつい先ほど新聞のテレビ卵を見ていて気が付きました。
今日から始まった日本シリーズで戦っている巨人と西武はどちらもセリーグ、パリーグのペナントレースで1位、クライマックスが1位、そしてこの日本シリーズで優勝すると1位となり、トリプル1位になり、1が3つ並ぶことになります。
さて、どちらのチームがトリプル1となるのでしょうか。
巨人ファンの私としては巨人にトリプル1になって欲しいですね。

今日は「リンゴの唄」の日 

October 11 [Sat], 2008, 15:20
昭和20年、戦争が終ってから初めて制作・公開された映画の「そよかぜ」が封切られましたが、♪赤いリングに唇寄せて・・・♪という並木路子が歌う挿入歌「リンゴの唄」は殺伐とした戦後の日本国民の心を捉え、大ヒットとなりました。

第二次世界大戦が終わり、その反省を込めて設立されたのが国連でしたが、当時の戦勝国を代表してアメリカ、フランス、イギリス、ソ連(現ロシア)、中国(当時は台湾)の5カ国に「拒否権」と言う特権を与えました。
しかし、これがその後の紛争などの時のときの国連の働きを規制することになってしまいました。

あれだけの犠牲を出して、人類が戦争や紛争の無意味を感じたはずなのに、今では世界中で内戦、紛争、テロなどが絶えません。
戦争や紛争は映画や、ゲームの中だけで満足し、現実の世界ではお互い力穂を合わせ意−手地巨ュ宇野全ての生命のためにがんばる事はできないのでしょうか。
これならば、映画やゲームの意味もあると思います。

R2-D2USBハブ通販

今日は法の日 

October 01 [Wed], 2008, 22:59
今日10月1日は法の日、昭和35年に最高裁判所、検察庁、日弁連の進言で法務省が制定しました。
この日は、陪審法が昭和3年に施工されたことを記念したものと思われます。
いよいよ来年から裁判員制度(でよかったですね?)が始まるという事ですが、果たしてどうなるのでしょうか!
以前アメリカ映画で題名ははっきりと思い出せませんが、陪審員を扱った映画がありました。
映画では、冤罪になりそうな容疑者の事を協議し、最初は犯人になりそうだったのがある一人の陪審員が疑問を投じて、結局は犯人ではない、と言う結論になって“無罪”と言うことになりましたが、最後まで犯人説を主張していた男は過去に自分の息子を殺された事があったので、それが判断に関わっていた。
というようなストーリーだったと思います。

その頃はまさか自分にも関係するとは思ってもいませんでした。
果たして、この映画のような事件の裁判員になった時どうするか? 問題です。

ハイビジョンの日 

September 16 [Tue], 2008, 23:00
当時の通商産業省(現在の経済産業省)が制定しましたが、どういう理由でこの日になったのか、分かる人は相当にハイビジョンに詳しい子人だと思います。
理由はハイビジョンの画面の縦横の比率が9:16であることからで今日になりました。また、この日とは別に、11月25日も当時の郵政省(現在の総務省)とNHKが制定した「ハイビジョンの日」となっている。
こちらのほうはハイビジョンの走査線の数が1125本であることから、という事で意外に安易なことで決めているんですね。
何にしても、2011年の7月でしたか、今の放送体系が替わるのが、私は今のままで別に不満はないのですが。

ハイビジョンテレビ、組み合わせがブルーレイレコーダー、そしてビデオカメラはAVCHD録画、HDD録画、などあまりにもAV家電の進化(?)が早すぎてついて行けなくなっていますね。

サンフランシスコ平和条約調印記念日 

September 08 [Mon], 2008, 22:18
1951(昭和26)年、サンフランシスコで対日講和会議が開かれて、その最終日のこの日、日本と連合国の間で「日本との平和条約(サンフランシスコ平和条約)」と「日米安全保証条約」が調印されました。

戦争は多くの悲劇をうみます。
兵隊として戦死した人、日本にいたけど米軍の空襲で死亡した人、路しまと長崎に落とされた原爆でその時、またはその後になくなったひと、シベリアに抑留され、過酷な労働、餓えと寒さで亡くなった人、などなど悲劇だけてした。

しかし、人間は大ばか者です。
その後、人間が殺しあう事は止めたでしょうか?
いいえ、今でも地球のあちらこちらで多くの庶民の命が無駄に喪われる毎日が続いています。

今日は富士山測候所記念日 

August 30 [Sat], 2008, 20:16
明治29年(1895年)、大日本気象学会の野仲至が資材を投じて富士山頂に野仲測候所が開設し、その後の気象庁富士山測候所の前身になりました。

常に観測員が常駐していなければならないため、真冬でも隊員が交際の為、富士登山をおこなったり、レーダーを設置する際の苦労話などがNHKの「プロジェクトX」で放送されていました。

その後、気象観測は人工衛星に任せることになり、富士山測候所は閉鎖になってレーダーなども取り壊されました。
でも、人工衛星が故障した場合の事を考えると、残して置いてもよかったのではないでしょうか。
何でもかんでも効率化、採算性といってますが、もう一度富士山頂に測候所を作ることを考えたら、大変ですよ。
まさに綱渡りの状態ですね。