アオサギと山岡

February 19 [Fri], 2016, 16:23
夫の浮気相手のところに妻が談判に行って修羅場と化すシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害・殺人まで起きるというストーリーもよく使われます。
浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠が掴めます。
相手が浮気をしているのではないかと思った場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。でも、浮気の証拠を自分だけで集めようと思っても、相手に気づかれてしまうリスクが高くなります。理由としては単純で、あなたの顔を覚えているからです。以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。



素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。
現在はネットが普及して、まともな会社かそうでないかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。


安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者に浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、品質と料金が釣り合ったところを見つけ出すしかないのです。

「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった根絶しがたい面を持っています。

浮気現場を押さえられて、反省の態度は見せるのですが、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っている危険性もあります。不審な行動に気づいたら、探偵業者の力を借りて、ガッチリ浮気の証拠固めをして、決着をつけてもらいましょう。


良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、調査対象となる人が住んでいる地域の会社の中から探しましょう。
地域のことをよく知っていれば、調査に有利ですし、報告の精度が増します。また、依頼する案件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。



先にウェブで情報収集しておき、業者に電話確認してみることも大切です。

調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり諸経費や料金のことです。ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで増減します。

浮気の調査のときは、1時間の調査だったとして、一般的には2万円台と考えておくとよいでしょう。実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、直接、業者に価格を問い合わせてみることが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。
僕の会社の後輩なんですが、彼の妻が元カレと不倫していて、裁判でその男を訴えたいと言うのです。



わからなくもないですが、それにはお金がかかるものですよね。不倫の動かぬ証拠をおさえて相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと提案してみました。どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。でも、浮気をするのは男だけではないでしょう。

町内会や仕事先。

子供や自分の習い事。


人妻だって出掛けるシーンは数多く存在し、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。近年、浮気する女性の数が右肩上がりに増えていますし、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性があとを絶ちません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruhi
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/deite5l165hrst/index1_0.rdf