ぐるぐるぐるぐるグルコサミン

October 04 [Thu], 2012, 8:39
グルコサミンは1カテゴリーだけでは有りません。

多様なカテゴリーのグルコサミンが有るのです。

グルコサミンのサプリはグルコサミンがふくまれているとよばれる、カニやエビの甲羅の部分から創られています。

この様に甲殻類のキチンという成分を塩酸や硫酸を使用して加水分解し作っているためす。

こうして塩酸を使用して創られたグルコサミンを「グルコサミン塩酸塩」、硫酸を使用して創られたグルコサミンを「グルコサミン硫酸塩」というカテゴリーに分けることが出来ます。

今市販しているグルコサミン商品に関してはどちらのカテゴリーも発売されていますが、日本では塩酸塩のカテゴリーの方が比較的多く出回っている様です。

この2つのカテゴリーは製造過程で使われている物が異なるのですが、どちらのカテゴリーも体内に摂取されるとグルコサミンとしてはたらきますので結果的には同様のになってきます。

但し塩酸塩の方が硫酸塩と比較して純度が低くないようです。

純度が高くて低分子という事は体内への吸収率もすごく良いという事になってきますので、グルコサミンの成分をより体内に吸収してくれて効き目を発揮させてくれるのです。

ある研究結果ではグルコサミン塩酸塩とグルコサミン硫酸塩の吸収率を比較した所、硫酸塩の方を多く摂取したとしても、摂取量が多くない塩酸塩の方が体内への吸収率が良いことがわかりました。

ですので買う際にはグルコサミン塩酸塩の方を買う事をオススメしたいとおもうのです。

グルコサミンは身体の機能を円滑に動かすために必要な成分です。

したがってこそより吸収率が良い物を選びたい物だと思います。

人間の身体は、多様な器官によって支えられています。

その支えがなければ、基本的に二足歩行は出来ません。

二足歩行は人間へと進化した大きな第一歩ですので、人間の進化は支えの進化から誕生したと言っても過言ではないでしょう。

そのような人間の体を支える器官は、腰より下、つまりは下半身という事になってきます。

そんななかでも、特に『腰』と『膝』が担う役目とは、とても大きいであります。

腰は下半身と上半身をつなぐ架け橋ですし、膝は人間の体重の大半を支える器官です。

腰自体の重さも、膝が支えています。

膝がなければ、人間はまず長時間たつ事も出来ないでしょう。

このように支えるはたらきを担っている器官は、単に強く大きな骨があるというだけでは有りません。

特に膝は、頑丈というわけでは有りません。

では、どのようにして人間の体重を支えていますのでしょう。

その秘密は、構造にあると思われます。

膝は、骨や筋肉組織だけでなく、軟骨や半月板、関節包といった器官で構成されています。

これらは、骨と骨の継ぎ目でクッションの役目を果たしており、上体の重さや動きによって生じる負荷を緩和させる役目があるのです。

これによって、人体は理論的にバランスを保っていますのです。

この膝に痛みが生じると、すごく危険です。

痛みはつまり、膝が正常な状態ではないという信号です。

バランスを司る膝が故障すると、人間は歩行できなくなり、たつ事まで叶わなくなってきます。

いかに膝が大切な部位か、この事実が何より物語っています。

グルコサミンでぐるぐる -
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ふじたともか9gvx
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/defact682/index1_0.rdf