ミニオンズ アルバイト大作戦

August 11 [Thu], 2016, 22:59
「ミニオンズ アルバイト大作戦」

2016年
■原題
MOWER MINIONS
■監督
グレン・マッコイ
■脚本
グレン・マッコイ
■製作会社
イルミネーション・エンターテインメント
カラー
■配給
東宝東和
■映倫区分

■声のキャスト




■あらすじ
ある日、カール、ケビン、フィル、スチュアート、ジェリーらミニオンたちは、最高の「あるもの」をどうしても手に入れたいと考える。そこで彼らは「19ドル95セント」と書いた紙、シャベル、ほうきなどを手に持ち、アルバイトをすることでお金を稼ごうとするのだが…

※短編アニメ



■前作:ミニオンズ
■次作:ミニオンズ 9ミニ・ムービー・コレクション




X-MEN アポカリプス

August 11 [Thu], 2016, 22:26
「X-MEN アポカリプス」

2016年
■監督
ブライアン・シンガー
■脚本
サイモン・キンバーグ
■製作
ブライアン・シンガー
ローレン・シュラー・ドナー
サイモン・キンバーグ
ハッチ・パーカー
■映倫区分

■キャスト
チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX:ジェームズ・マカヴォイ
エリック・レーンシャー/マグニートー:マイケル・ファスベンダー
レイヴン・ダークホルム/ミスティーク:ジェニファー・ローレンス
エン・サバー・ヌール/アポカリプス:オスカー・アイザック
ハンク・マッコイ/ビースト:ニコラス・ホルト
モイラ・マクタガート:ローズ・バーン
スコット・サマーズ/サイクロップス:タイ・シェリダン
ジーン・グレイ/フェニックス:ソフィー・ターナー
サイロック:オリヴィア・マン
アレックス・サマーズ/ハヴォック:ルーカス・ティル
ピーター・マキシモフ/クイックシルバー:エヴァン・ピーターズ
カート・ワグナー/ナイトクローラー:コディ・スミット=マクフィー
オロロ・マンロー/ストーム:アレクサンドラ・シップ
ウィリアム・ストライカー:ジョシュ・ヘルマン
ウォーレン・ワージントンV世/エンジェル:ベン・ハーディ
ジュビレーション・リー/ジュビリー:ラナ・コンドル


■あらすじ
1983年。文明が誕生する前から神として君臨していた、ミュータントの始祖でもあるアポカリプスが、突如として長い眠りから覚醒する。数千年ぶりに目にした人間とその文明が、誤った方向に進んでしまったと考えた彼は新しい秩序が必要だと判断。マグニートーなど、4人のミュータントを率いる。彼の存在と考えを知ったプロフェッサーXは、ミスティークらと共にその行動の阻止に挑むが…


■前作:X-MEN フューチャー&パスト
■次作:

BIGBANG MADE

July 02 [Sat], 2016, 23:17
「BIGBANG MADE」

2016年
■監督
ビョン・ジンホ
■制作
YG ENTERTAINMENT
■字幕翻訳
金 海美
■配給
エイベックス・ピクチャーズ
■映倫区分

■キャスト
G-DRAGON/GD/ジヨン/權志龍(クォン・ジヨン)
T.O.P/トップ/タップ/崔勝鉉(チェ・スンヒョン)
SOL/TAEYANG/ヨンベ/テヤン/董永培(トン・ヨンベ)
D-LITE/テソン/姜大聲(カン・デソン)
V.I/スンリ/李勝賢(イ・スンヒョン)


■あらすじ
“僕たち5人はBIGBANGになるために生まれたんだと思う”
デビュー10周年を迎える彼らの素顔を捉えたドキュメンタリーフィルム。2015年4月、3年ぶりに完全体でカムバックを遂げたBIGBANGは全世界13ヶ国・地域32都市66公演、総動員数150万人を超える、韓国アーティスト史上最大規模のワールドツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE]】を敢行。全世界150万人のファンの心に深く刻まれるとともに、その幕を閉じた。本作はワールドツアーの全340日間の記録を収めたBIGBANG初となるドキュメンタリーフィルムだ。シナリオなど無い、彼らのありのままを捉えたカメラの中には2つの顔があった。世界的アーティストBIGBANGとしての姿。そして、純粋な5人の青年の姿。カムバックプロジェクト[MADE SERIES]の全貌、そして10年という歳月を常に前進し続けてきた彼らの素顔に迫る。映画『BIGBANG MADE』こそ、BIGBANGの全てを見せてくれる、もうひとつのBIGBANGである…

本編後、日本限定で今年3月に韓国で行われたファイナル公演【2016 BIGBANG WORLD TOUR [MADE] FINAL IN SEOUL】より、「BANG BANG BANG」のフルステージを収録




デッドプール

June 01 [Wed], 2016, 23:20
「デッドプール」

2016年
■監督
ティム・ミラー
■脚本
レット・リース
ポール・ワーニック
■原作
ファビアン・ニシーザ
ロブ・ライフェルド
■製作
ローレン・シュラー・ドナー
サイモン・キンバーグ
ケヴィン・フェイグ
■製作総指揮
スタン・リー
■製作会社
20世紀フォックス
マーベル・エンターテインメント
ザ・ドナーズ・カンパニー
■配給
20世紀フォックス
■映倫区分

■キャスト
ウェイド・ウィルソン/デッドプール:ライアン・レイノルズ
ヴァネッサ:モリーナ・バッカリン
フランシス・フリーマン/エイジャックス:エド・スクライン
ウィーゼル:T・J・ミラー
エンジェル・ダスト:ジーナ・カラーノ
ブラインド・アル:レスリー・アガムズ
ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド:ブリアナ・ヒルデブランド
コロッサス:ステファン・カピチッチ
ドーピンダー:カラン・ソーニ
リクルーター:ジェド・リース
ボブ:ロブ・ヘイター


■あらすじ
ニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活しているウェイド・ウィルソンは、高級娼婦のヴァネッサと出会い交際し始める。愛し合い、結婚の約束まで取り付けた直後、突如ウェイドは意識を失い、病院で末期がんと診断される。ウェイドは、酒場にやってきたリクルーターの男の誘いに乗り、がんの治療と引き換えに極秘の人体実験の被験者となることを決める。ウェイドは施設でフランシスというミュータントの男から謎の薬品を投与され、変異を誘発する為に過酷な拷問を受けることになる。ウェイドの細胞は変異し、不死身の肉体を手に入れるが、引き換えにウェイドは全身が火傷を負ったような醜い姿に変貌した。火事を起こして施設から脱出したウェイドだったが、ヴァネッサが醜い自分の姿を受け入れると思わず、再会を避けて盲目の老婆アルの家に居候する。フランシスの言った言葉を頼りに、元の姿に戻るため、酒場で喧嘩が起きた際に死人が出るかどうかという賭け(Dead Pool)に由来したデッドプールと名乗り、覆面をつけ、正体を隠してフランシスと組織につながりのある人物を襲撃する…




ディセンダント

May 18 [Wed], 2016, 22:35
「ディセンダント」

2015年
■監督
ケニー・オルテガ
■脚本
ジョーサン・マクギボン
サラ・パリオット
■製作総指揮
ジュディ・テイラー
■脚本
ジョーサン・マクギボン
サラ・パリオット
■販売元
Walt Disney Studios Home Entertainment
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
■映倫区分

■キャスト
マル:ダヴ・キャメロン
イヴィ:ソフィア・カーソン
カルロス:キャメロン・ボイス
ジェイ:ブーブー・スチュワート
マレフィセント:クリスティン・チェノウェス
イーヴィル・クイーン:キャシー・ナジミー
クルエラ・ド・ヴィル:ウェンディ・ラクエル・ロビンソン
ジャファー:マズ・ジョブラニ
ベン:ミッチェル・ホープ
ビースト:ダン・ペイン
ベル:キーガン・コナー
フェアリー・ゴッドマザー:メラニー・パクストン
ジェーン:ブレンナ・ダミーコ
チャド:ジェディディア・グッドエイカー
オードリー:サラ・ジェフェリー
ロニー:ダイアン・ドーン
ダグ:ザカリー・ギブソン


■あらすじ
「ディズニー・ヴィランズ(悪役)に子供がいて、彼らがもし十代だったら…」という設定のもとストーリーが展開する。それ故に複数のディズニー作品の世界や人物が同一作品内に収まっており、英雄たちはアダム国王の統治するオラドン合衆国に、悪役たちはロスト島と呼ばれる場所に住んでいる。島に隔離されて育ったマルたち4人はある日、本土にあるオラドン高校へ通うように言い渡される。直に王位を継ぐアダム国王の息子ベンが「悪役たちの子供にチャンスを」と彼らを招いたのだった。嫌がるマルだったが、彼女に「フェアリー・ゴッドマザーの杖」を手に入れさせようと企むマレフィセントに諭され渋々了承する…


※日本劇場未公開



■次作:Descendants 2(仮)




シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

April 29 [Fri], 2016, 22:32
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

2016年
■監督
アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
■脚本
クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
■原案
マーク・ミラー
スティーブ・マクニーブン
『シビル・ウォー』
■原作
ジャック・カービー
ジョー・サイモン
■製作
ケヴィン・ファイギ
■製作総指揮
ヴィクトリア・アロンソ
ルイス・デスポジート
アラン・ファイン
スタン・リー
ネイト・ムーア
パトリシア・ウィッチャー
■製作会社
マーベル・スタジオ
■配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
■映倫区分

■キャスト
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ:クリス・エヴァンス
ジェームズ・"バッキー"・バーンズ/ウィンター・ソルジャー:セバスチャン・スタン
サム・ウィルソン/ファルコン:アンソニー・マッキー
クリント・バートン/ホークアイ:ジェレミー・レナー
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ:エリザベス・オルセン
スコット・ラング/アントマン/ジャイアントマン:ポール・ラッド
トニー・スターク/アイアンマン:ロバート・ダウニー・Jr
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン
ジェームズ・"ローディ"・ローズ/ウォーマシン:ドン・チードル
ティ・チャラ/ブラックパンサー:チャドウィック・ボーズマン
ヴィジョン:ポール・ベタニー
ピーター・パーカー/スパイダーマン:トム・ホランド
シャロン・カーター/エージェント13:エミリー・ヴァンキャンプ
ブロック・ラムロウ/クロスボーンズ:フランク・グリロ
ヘルムート・ジモ大佐:ダニエル・ブリュール
サディアス・"サンダーボルト"・ロス:ウィリアム・ハート
エヴェレット・ロス:マーティン・フリーマン
ティ・チャカ国王:ジョン・カニ
メイ・パーカー:マリサ・トメイ
F.R.I.D.A.Y.(フライデー):ケリー・コンドン
ハワード・スターク:ジョン・スラッテリー
マリア・スターク:ホープ・デイヴィス


■あらすじ
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の出来事から約1年後、ヒドラの残党ブロック・ラムロウのテロ計画を阻止するため、スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)率いるアベンジャーズ(ナターシャ・ロマノフ、サム・ウィルソン、ワンダ・マキシモフ)がナイジェリアの都市ラゴスに出撃する。ラムロウはスティーブを道連れに自爆を図るが、それを阻止しようとしたワンダの行動により一般市民に犠牲者が出てしまう。アベンジャーズはこの件で国際社会から批判を浴びる。同じ頃、トニー・スターク(アイアンマン)も、ソコヴィアで犠牲となった青年の母親から叱責され、ウルトロンの一件を猛省する。常人を超えた能力を持つヒーローやスパイたちによって構成されたアベンジャーズを、国際連合の管理下に置くことを規定する「ソコヴィア協定」が、世界各国の支持を得る。米国務長官サディアス・ロスはアベンジャーズのメンバーに協定への署名を求め、トニーは真っ先にこれに賛同する。ジェームズ・ローズ、ヴィジョン、ナターシャも署名に賛同するが、ス
ティーブは「自分たちで判断して行動する権利と責任が奪われる」という主張から、署名を拒否する。サムとワンダはスティーブに同調する姿勢を示す。そんな時、ペギー・カーターの訃報を聞いたスティーブは英国に飛び彼女の葬儀に出席し、そこで再会したエージェント13がペギーの姪、シャロン・カーターであることを知る…



■前作:キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー
■次作:




メガマインド

February 27 [Sat], 2016, 23:11
「メガマインド」

2010年
■原題
Megamind
■監督
トム・マクグラス
■脚本
アラン・J・スクールクラフト
ブレント・サイモンズ
■製作
デニス・ノーラン・カシノ
ララ・ブレイ
■製作総指揮
スチュアート・コーンフェルド
ベン・スティラー
■製作会社
ドリームワークス・アニメーション
パシフィック・データ・イメージズ
レッド・アワー・フィルムズ
■配給
パラマウント映画
■映倫区分

■声のキャスト
メガマインド:ウィル・フェレル(山寺宏一)
メトロマン:ブラッド・ピット(東地宏樹)
ロクサーヌ・リッチ:ティナ・フェイ(甲斐田裕子)
ハル/タイタン:ジョナ・ヒル(木村昴)
コブンギョ:デヴィッド・クロス(真殿光昭)
バーナード:ベン・スティラー(津田健次郎)
メガマインドの父:ジャスティン・セロー
メガマインドの母:ジェシカ・シュルテ
主スコット(メトロマンの父):トム・マクグラス
レディ・スコット(メトロマンの母):エミリー・ノードウィンド
所長:J・K・シモンズ(稲垣隆史)


■あらすじ
悪の天才メガマインドは宿敵のスーパーヒーロー、メトロマンと戦いを繰り広げる日々を送っていた。しかし、ある日偶然メトロマンを倒して骨にしてしまう。生き甲斐を失ったメガマインドはメトロマンに代わるヒーローを作ろうとするが、手違いで凡庸なカメラマンのハルにヒーローの能力を与えてしまった。ハルは力を私利私欲のために使おうとする。メガマインドはメトロマンの恋人と言われていたテレビリポーターのロクサーヌと共に事態を収拾しようとする…

※日本劇場未公開、未発売




エージェント・オブ・シールド シーズン2

February 03 [Wed], 2016, 23:32
「エージェント・オブ・シールド シーズン2」

■原題
AGENTS OF S.H.I.E.L.D.
SEASON2
■ジャンル
アクション/冒険/ドラマ/サイエンス・フィクション
■放送国
アメリカ合衆国
■制作局
ABC
■製作総指揮
ジョス・ウェドン
ジェド・ウェドン
モーリッサ・タンチャルーン
■放送期間
2014年9月23日〜2015年5月12日
(22回)
■キャスト
フィル・コールソン:クラーク・グレッグ
スカイ:クロエ・べネット
グラント・ウォード:ブレット・ダルトン
メリンダ・メイ:ミンナ・ウェン
レオ・フィッツ:イアン・デ・カステッカー
ジェマ・シモンズ:エリザベス・ヘンストリッジ



■あらすじ
マーベル・スタジオが贈るアクション・ドラマ第2弾!終わりなき戦いはクライマックスへ…ニック・フューリーからシールド(国際平和維持組織)の新長官に任命されたフィル・コールソンは残ったエージェントたちとシールド再建を目指す。新たなエージェントも加わった新生シールドは、第2次世界大戦中にオーストリアで消えた”オベリスク”の捜索を急ぐが、ヒドラとの争奪戦になる…


#1:新生S.H.I.E.L.D.始動
原題…Shadows
2014年9月23日

#2:新たなる一歩
原題…Heavy is the Head
2014年9月30日

#3:氷の男
原題…Making Friends and Influencing People
2014年10月7日

#4:仮面の敵
原題…Face My Enemy
2014年10月14日

#5:闇に潜む医者
原題…A Hen in the Wolf House
2014年10月21日

#6:スプリンター爆弾
原題…A Fractured House
2014年10月28日

#7:最後のピース
原題…The Writing on the Wall
2014年11月11日

#8:兄弟の再会
原題…The Things We Bury
2014年11月18日

#9:地下に眠る都市
原題…...Ye Who Enter Here
2014年12月2日

#10:オベリスクの力
原題…What They Become
2014年12月9日

#11:衝撃のあと
原題…Aftershocks
2015年3月3日

#12:記憶をなくした戦士
原題…Who You Really Are
(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクリー人『マイティー・ソー』のシフ登場)
2015年3月10日

#13:能力者たち
原題…One of Us
2015年3月17日

#14:顔のない女
原題…Love in the Time of Hydra
2015年3月24日

#15:2つのシールド
原題…One Door Closes
2015年3月31日

#16:アフターライフ
原題…Afterlife
2015年4月7日

#17:メリンダ
原題…Melinda
2015年4月14日

#18:敵か味方か
原題…The Frenemy of My Enemy
(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』とのクロスオーバー・エピソード)
2015年4月21日

#19:汚れた6人
原題…The Dirty Half Dozen
(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』とのクロスオーバー・エピソード)
2015年4月28日

#20:傷
原題…Scars
2015年5月5日

#21:S.O.S.(前編)
原題…S.O.S.
2015年5月12日

#22:S.O.S.(後編)
原題…S.O.S.
2015年5月12日




チャッピー

December 08 [Tue], 2015, 4:25
「チャッピー」

2015年
■監督
ニール・ブロムカンプ
■脚本
ニール・ブロムカンプ
テリー・タッチェル
■原作
ニール・ブロムカンプ
『Tetra Vaal』
■製作
サイモン・キンバーグ
■製作総指揮
ベン・ウェイスブレン
■製作会社
メディア・ライツ・キャピタル
■配給
コロンビア映画
ソニー・ピクチャーズ
■映倫区分

■キャスト
シャールト・コプリー
(チャッピーの声とモーションキャプチャ)
デヴ・パテル
ニンジャ
ヨーランディ・ヴィッサー
ホセ・パブロ・カンティージョ
ヒュー・ジャックマン
シガニー・ウィーバー
ブランドン・オーレット
ジョニー・K・セレマ
アンダーソン・クーパー

■あらすじ
2016年、南アフリカ。ディオン(デヴ・パテル)は、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングにチャッピーと一緒に誘拐されてしまう。起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、ストリートギャングのメンバーたちと接し、彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく。圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、バッテリー残量が5日分しかなく…


チャッピーも可愛いのだが、ヒュー・ジャックマンの悪役とか、ちょい役なのにシガーニー・ウィーバー出してしまったりとか何てイカす事してくれてんだ的な(笑)

最大の見物は、南アで活動しているヒップホップグループ「Die Antwoord(ダイ・アントワード)」のメンバーが出ているって事!
メンバーは3人居るのだが、Ninja、Yo-Landi Vi$$erしか出てないです(涙)
DJ Hi-Tekは…まぁ…常に顔出ししているわけではないので仕方が無いか…

ヨーランディが可愛い♪



メイズ・ランナー2/砂漠の迷宮

October 23 [Fri], 2015, 22:59
「メイズ・ランナー2/砂漠の迷宮」

2015年
■監督
ウェス・ボール
■脚本
T・S・ノーリン
■原作
ジェームズ・ダシュナー
『メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮』(角川文庫刊)
■製作
マーティ・ボーウェン
エディ・ガマッラ
ウィック・ゴッドフリー
エレン・ゴールドスミス・ヴェイン
リー・ストールマン
ジョー・ハートウィックJr.
■製作総指揮
ウェス・ボール
T・S・ノーリン
■製作会社
テンプル・ヒル・エンタテイメント
TSGエンターテイメント
■配給
20世紀フォックス
■映倫区分

■キャスト
トーマス:ディラン・オブライエン
テレサ:カヤ・スコデラーリオ
ニュート:トーマス・ブローディ・サングスター
ミンホ:キー・ホン・リー
フライパン:デクスター・ダーデン
エリス:ジェイコブ・ロフランド
ウィンストン:アレクサンダー・フローレス
エヴァ・ペイジ:パトリシア・クラークソン
ブレンダ:ローサ・サラザール
ホルヘ:ジャンカルロ・エスポジート
ハリエット:ナタリー・エマニュエル
ヴィンス:バリー・ペッパー
メアリー:リリ・テイラー
ソーニャ:キャサリン・マクナマラ
ブロンディ:アラン・テュディック
ジャンソン:エイダン・ギレン


■あらすじ
ある日突然、巨大迷路に放り出された若者たち。苦難を乗り越え、ついに出口にたどり着いたトーマスたちは、自分たちを迷宮に放り込んだ謎の巨大組織「WCKD(世界災害対策本部)」と対峙する。試練はまだ終わってはいなかった。“メイズ”は他にも存在し、出口まで辿り着いた者を集め、「第2ステージ」への挑戦を強要される。組織が「第2ステージ」と呼ぶその場所は、灼熱の太陽が全てを焼き尽くした砂漠の世界。果たしてトーマスたちは「第2ステージ」を攻略することが出来るのか。謎に包まれた組織の目的とは…



■前作:メイズ・ランナー
■次作:Maze Runner/The Death Cure(2017年北米公開予定)




P R
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ