Last Happy Birthday 

August 29 [Wed], 2007, 21:37
このカテゴリ、全然書いてないからもしかするとおめでとう記事が続くかと思ったら、まさにその通り
でもまさか前回のこのカテゴリが1年前の今日とは(笑)
おかしいなぁ、ここだけ見ててもさっぱりでしょうが私は常に「DAサウンド」を放棄してないんですけどねぇ(苦笑)(書いてないだけ

というわけで、改めて。




お誕生日おめでとう御座います。


でもね。






今年で最後にするね。
別にいいでしょ、他の方のバースデーを毎年律儀にお祝いなんてしてないんだから。


あの頃は私の中で特別過ぎた日々だった。


お互い、元気で。


『新撰組異聞 PEACE MAKER』 

July 24 [Tue], 2007, 21:19
久々に語るぞ(笑)
今はがっつり語る場所が必要だからさ

というわけでまともに舞台感想書くのも久々なんですがー、先週末行ってきましたPEACE MAKER
前楽と大阪楽のマチソワです。

もうねー、ほんっとーーーーーにすごかった良かった
びっくりしたよっ

めちゃくちゃかっこいいのなんのって

ダンスも殺陣も今までよりも更に更にかっこいいのですが、やはり私は柄谷土方様

どこまでかっこよくなるんだ、あんたっっと言いたくなるほどのおっとこまえっぷり
やばいですね、かーなーり素晴らしいですよ、土方さん。
残念ながら今回は二の腕は出し惜しみしてらっしゃいますが(苦笑)、もうそれでもかなりビジュアルは
最高潮です(笑)
そしてそして超ドS(爆)
近づこうとするだけで斬られそうな殺気ですよ
しびれるーーーーーーっっっ(爆)

というわけで私の痛いテンション(笑)をお見せしたところで以下、雑感。
思いっきりネタバレですので要注意。
(の割りにやや毒あり

連休 

July 16 [Mon], 2007, 21:32
とんでもなく久々だ……
なんかヤプログの機能がいろいろ増えてる(苦笑)
ヤプミーってなんだろう……う〜ん、まっいっか

というわけで今年入って何個目な更新です
前の更新からの間に見た芝居などの簡単な感想はまた後日ってことで(とりあえず日が経っても感想は残しておきたいらしい……)

この3連休のこと。
録画してたビデオ三昧でした
あとは本読んだり、ネットしたり、ひたすらだらだらと。

でも溜まってたビデオ結構消化できたので嬉しい(笑)
まだまだ残ってるけどね〜。

この連休で見たもの。

*pnish*「パニックエイジ」
花組芝居「百鬼夜行抄」
ウーマンリブ「熊沢パンキース03」
G2プロデュース「入りたい12人」
勘三郎・玉三郎「喜撰」
獅童・勘太郎・七之助 他「當年祝春駒」(あたるとしいわうはるこま)


……くらいかなぁ。なんかジャンルがばらばら
でも上の2つは途中で面白くなくて見切りつけちゃいました。(ファンの方々ごめんなさいっ)

ウーマンリブとG2のやつはずっと前にシアテレでやってて録ってたものなんだけど、録ったものの(つまり若干興味持ったものの)触手が伸びなくて放っておいたものなんだよね
上の2つを先に見てどちらも私的にイマイチだったのでこれらもそうなるかな〜なんて思いながら途中でやめてもいいやという気持ちで見たら……最後まで見れちゃいました(笑)
なかなか面白かった。
良かった良かった

歌舞伎の方はどっちも舞踏公演の短いやつだけど……特筆することは……う〜ん

最近、歌舞伎チャンネルで見た面白い奴というと菊之助の「白浪五人男」ですね
あれはほんと面白かった
超有名な作品だけど、初めて見たのでね。
さすがですね。
久々にワクワクする舞台映像を見た気がします。
(あ、AxleのDVDは除きます。あれは待って待って待ってようやく手に入れたものだからワクワクするに決まっているので・笑。初めて見る舞台作品で、ってことで)

この連休ではないですが、維新派のDVDがレンタルされてたので借りてきました。
「キートン」と「流星」
『キートン」はよっぽど観に行こうかと思ってたやつだったのですが(維新派がどんなものかちゃんと知らない時に。すごい気になって)お、面白くなかった……
観に行かなくて良かったかも。
めっちゃ眠くなりました……

でも「流星」は面白かった
あれはカッコよかったね。

「キートン」も似たようなやつっちゃあ、似たようなやつなんですが(爆)

維新派の持つ、ちょっと古いような、近未来のような不思議な感覚(近未来で創り出された仮想現実の戦後のような)や光と影、モノクロの中に時折目を刺す鮮やかな色彩と病院が舞台という怪しさ、そしてどこか切なくなる世界でした。

でもやっぱ基本、維新派は観るのは1時間くらいでいいのかも……

まだまだ見るの溜まってるんでさくさく見ていこーっと

すみませんっ 

May 19 [Sat], 2007, 23:25
最近あまりにも更新頻度が落ちているさぎりです

う〜ん、いろいろ書こうと思うことはあるんですが書かないうちに時間が過ぎてしまって書く気なくなってしまうんですよねぇ

ま、こんなんでもまだ全然続けていく気ですけど(笑)

またこちらの更新は改めて……

とりあえずmixiでも日記書いてるんでそれがこっちの更新をにぶらせてるんだな
いやあっちも大した更新頻度じゃないんだけど(苦笑)
両方足してもまだまだ少ない更新ですが
逆の時もあったんだけどね。
でも一応微妙〜に書く内容変えてることもあったりなかったりなのでこっちもこれからも書きますよ。

一応、mixiされてる方で「見てやろう」という奇特な方は、

ニックネーム→さぎり
キーワード→浅倉大介 or Axle or Studio Life or 七之助

あたりで検索かけてみてください(笑)
面識ある方(ネット上でももちろんOK)はご招待もしますよ。

んでは。

公式発表 

April 30 [Mon], 2007, 0:38
当たり前だと思っていたことが、当たり前ではなかったこと。
変わらないものなんてないこと。

分かっているはずなのに、都合よく忘れちゃって、現実を突きつけられてやっと気付くんですよね。

吉谷さんのブログ読んだ時点では「Axleはどこに向かっていくのか」
考えて萎えてたけど、
公式発表読んでもう少し詳しく分かって「Axleはどうなっていくのか」
考えてちょっと悲しくなった。

それでいいの?って思うけど。
公演の集客目的だとしても、先を見据えた集客目的だとしてもそれで大丈夫なの?って思うんだけど。

リンク追加のお知らせ 

April 01 [Sun], 2007, 1:55
ひょんなこと(笑)がきっかけで作ってしまいました、七之助Fanのための掲示板。
とはいえ、今はまだ閑古鳥が鳴いてます
つい先ほど作成したばっかりなんですけど(苦笑)

なので七之助さんはもちろん、勘太郎さん、中村屋、そして歌舞伎が好きな方、少しでも興味がある方は是非是非書き込みをお願いします(切実)

始めましての方大歓迎
検索で辿りついちゃったわ〜なんて方も宜しければ覗いてみてください

なんも反応なければ削除するのみですので……(心配)

Seven's Heaven

総ざらい Part2 

March 25 [Sun], 2007, 13:11
おおーっと、前回の更新から約1ヶ月も経ってしまいましたぁぁぁ……
このくらい間が空くことがあっても突然何も言わずに止めることはないので(不可抗力以外は)そこんとこよろしく(爆)

で、またまたまとめての舞台感想です

2/24 AXSライブ@大阪国際会議場メインホール

久々のAXSライブでした
もうめっちゃくちゃ楽しかったですよーーーーっ
やっぱりAXSは私の原点。
普段は別のとこ向いて別の人達にきゃーきゃー言ってても根本にはAXSがあるんだなぁということを強く感じましたね。
究極のこと言っちゃえばAXSはもう存在してくれているだけで良かったりする。
AXSがいるって分かっているから安心して他の方面向いていられるんだよね。
でも、やっぱり新曲が出て、こうやってライブに行けるのがとても幸せだと改めて思ったけど(笑)

ダンスコーナーもあってすごい良かった
選曲も今回かなりいいと思ったよ

3/3・4 Studio Life 「Daisy pulls it off」@シアターサンモール

3チーム観てきました。
初見の感想はイマイチでしたが、回数を重ねていくうちにすごく良くなった。
久し振りの佐野さんがとっても嬉しかったーーーーー
やっぱりすごい美人さん
キュートで無駄にハイテンションなデイジーママと、凛々しく厳しいグランヴィル先生。
ママはとにかく可愛くて可愛くて面白くて(笑)
先生は「芋好き」の件が笑えます。
あとは、林さんリスペクト
高飛車女性キャラの林さん大好きなんですよーーー
今回1回しか林シビルが観れないのが非常に悔やまれました……

3/24 三月花形歌舞伎「霧太郎天狗酒盛」@京都南座

これは昨日です。
橋之助、愛之助、勘太郎、七之助、他の出演です。
七之助さんがめっちゃめちゃ綺麗で可愛かった…………
巫女、遊女、姫と変わるんですがどれもとっても華やかで煌びやかで美しかったです。
ほんっとーにこの人の女形は綺麗ですね〜〜〜。
目の保養です、眼福
勘太郎さんとまたもやカップルでしがたまさに美男美女カップル
すんごいお似合いでした〜

舞台自体もとっても面白くて良かったです。
華やかで豪華でいいですねっっ
宙乗りやだんまりなど歌舞伎の見せ所もあって楽しめました。
桜の時期とは少しずれたので残念でしたが、舞台には桜が舞い狂っていました

お席もとってもいいところだったし、本当に行って良かったと思いました。

並んでる☆ 

February 28 [Wed], 2007, 23:30
一昨日の朝日新聞夕刊でテ○ミュ、ライフ、Axle(アクサル)が取り上げられていました♪
共通点はもちろん漫画原作・男優限定という点です☆

テ○ミュはノータッチなので……ライフとアクサルが並んで書かれていることは、両方とも同じくらい大好きな私にとってとても嬉しいことです。
(この前も某雑誌で見開きでライフとアクサルが載ってたらしいけど見ていません)
片方だけのファンの方々はもしかすると快く思ってないかもですが……。
男優限定とはいえ全然違うカラーですからね。

とりあえずアクサルはだれにでも自信をもってオススメします♪
ライフは観る人を選びますが、ハマる人はとことんハマります(笑)
(違う意見の方、ごめんなさい)

アクサルは写真なし、ライフはオーディション風景でよく分からない写真なのが残念ですが(汗)

ライフのほうでは、男優だけになってから一度女優を客演に呼んだら観客が半減したというのは初耳でした(汗)

アクサルでは……えっと、最年長って32だったの?
ってことは最初に見た時って一番上が30くらい?
えっ?!!ほ、本当に……?!
すいません、もっと上の人いっぱいいると思ってた……(爆)
そーなんだ……(動揺中)
あと、原作紹介でなんで「最遊記」の名前あげない?!と細かいところを突っ込みたくなりました。
だってライフにとってのトーマみたいなもんだし(ぶつぶつ)

アクサルは次は新撰組ですよーーー☆
いいとこ突いてきますよねっ(笑)

総ざらい 

February 18 [Sun], 2007, 21:45
すいません、ステージ関係の感想、とりあえずまとめてさらっと書いちゃいます

1/14 スタジオライフFCイベント

悲願だったパロディがたっぷり見れたのはこの上なく嬉しかったです(笑)
ファンにとってはめちゃめちゃ楽しいものですよ
でも、イベントの大部分がそれってのもどうかとー。
パロディももちろんやってほしいですが、役者の素のトークが全然聞けてないひとが多かったし。
正直、パロディの終盤ちょっと集中力切れ掛かったし(ほら、スタンディングだしさっ
イベントの時間もライフにしては短かったし、そりゃあスタンディングだから長々できないでしょうがそもそもスタンディング形式も甚だ疑問だし。
入場順も事前にお知らせなく先着順とか。(事前告知したらしたで早くから並ぶ人がいるから問題でしょうが)
荷物置き場もあれでどうなの、とか。
もう少しお行儀の宜しくないファンが多いところでは、ファン同士の諍いとかスタッフへの抗議(少なくとも私は目撃してません)があってもおかしくないと思いますよ
あ、別に私自身としては内心でも諍いや抗議をしようと思ったわけじゃないですっ。

ま、でももちろん役者さんは精一杯楽しませようとしてくれて、こちらも楽しんだのでもちろん行って良かったです、はい
ただ、やっぱり九段会館やライフエキスポが楽しすぎたのでちょっと物足りないな〜と思いました。

2/11・12 Axle第7回公演「RAINBOW 二舎六房の7人」

Axle大阪公演のラスト3回を行ったわけです。
ものっすごいむさ苦しい舞台でした……
え、えーと真偽のほどはともかくとして(え)今までAxleってイケメン集団的に捉えられてましたよね(苦笑)
今回に限りそれは撤回して下さいーーー(笑)
そりゃあ、柄谷さんいないけどー斉藤ツインズいないけどーそれだけじゃないですよーーー
ま、加藤さんはそれはそれは綺麗でしたが(苦笑)

Axle新メンバー候補生も「あぁ、顔で選んでるんじゃないんですねー内面重視なんですねーーそうですよね、どこぞの何かとは(何ですか)ワケが違いますよねーーーあははははーーーー」みたいな方々でした(皆まで言うな)

あと暴力シーンがわんさと出てきて精神的ショックが大きかったです
ダメなんだよねー、そういうの。
ごめん、あえて書かせてもらいます。
今後もあんな暴力描写ばっかする芝居するなら観にいくのやめます。
伝えたいことを伝えるには必要だと言われても私にはそこまでする必要性を感じないので拒否します。
実際はこんなもんじゃないとか、現実を見ろとか言われても私は御免蒙ります(言うてませんて…)
(でも次回は、(というか次回以降はだと思うんですが…)そんなことはないと思うので観に行きます・笑)
結構精神的なショックが大きかったみたいです。
毎回かなり至近距離でしたからねえ。
武器とか持ってるわけじゃなく殴る蹴るの生々しい殺陣でしたし。
いい芝居だったと思うし、役者個人に対してはほんとすごいと多々思いましたが。
それに関しては今までで一番だったかなー。
今までとは違う演技をたくさん見せてもらいました。

あとは今までも思ってましたが、今回は原作が原作なだけに余計に男性視点と女性視点の違いが浮き彫りになってました。
もちろん男性が作り上げている舞台ですのでそれを楽しむべきなのは分かってますが、所詮舞台なんて自分が好きか嫌いかなのでどーにもこーにも溝が空きすぎてどうすべきか困りました。
他の女性ファンはその違いを楽しんでるのかもしれませんが、私はとにかく自分の好みのものを目の前に並べられてそれを楽しまないと気が済まない性質なもので(笑

2/17 朧の森に棲む鬼

すっごく楽しみにしてたんですが、ちょっと期待しすぎた感じ。
評判はすごくいいんですがねえ。
しかも3階席なのにオペラグラス忘れちゃって
染さまの綺麗で色気のあるお姿がはっきり見れませんでしたよーーー(笑)
もちろん他の共演者の方々のお顔もしっかり見たかったのに残念……。
一体どんな方々だったのかしら(爆)

セットはすごかったです、特にラスト
染五郎さんの衣装が、最初はボロだったのにのし上がっていくたびにどんどん高貴なものになっていくのが見ていて気持ちよかったです(笑)
物言い、声音、態度もどんどん変わっていってやっぱりすごい役者さんなんでしょうね。
阿部サダヲさんは後半の殺陣がとてもスピードあって良かったです。
今回一番好きな殺陣かも。
もっとトンデモキャラかと思っていたのでちょっと拍子抜け(爆)
や、すごくいい役を好演されてましたよ。
でもいかんせん顔が……(滝汗)
古田新太さんはやはり抜群の存在感でした。


スーパー歌舞伎「新・三国志」 

February 09 [Fri], 2007, 22:38
今月、歌舞伎チャンネルでやってます

スーパー歌舞伎って言い方はよく聞くけどどんなんだろ〜〜でもライトで面白そうということで見ました。
いや〜、期待は裏切りませんでしたよ

すっげーゴージャスで壮大な舞台でした……

京劇の方たちのアクロバットはスピード感溢れてさすがだし(これ歌舞伎役者がやってるのかと思い猿之助一門ってすげーなとか思ってたら違うのですよね、さすがにね)、大量の水が舞台上滴り落ちたり、豪華絢爛なセットやらなにやらとにかくすごかったです(苦笑)
あまりにも、キメの場面転換が多すぎたので「ここで休憩ここでも休憩え、また休憩」みたいな(それはない・笑)
ちょっとそこが疲れるような気もしましたが。
台詞も現代語なので、これまた「歌舞伎」と身構える必要は全くありません。

私、三国志の話は一切知りません
見る前はなんかややこしくてストーリー理解できるかしらとちょっと不安だったけどそんな心配一切無用
極上のエンターテイメントでしたよ〜

劉備が女だった、という設定が大きな違いなんですね。
で、この劉備をしている市川笑也さんが素晴らしい……
男装の麗人を男性が演じるという難しい役どころでしたが秀逸でした(惚)
まず声がナチュラルに女性でした。
いくら耳を澄ましてもそれは一切揺るがない。
それに繊細な演技がとても素晴らしいんです

政略結婚のため女性と結婚するところなんて宝塚みたいでした
(と、倒錯しすぎて何がなんだか……

来月は「新・三国志U〜孔明編」をするそうです
ということはもしかすると4月には完結編をやっていただけるかしら
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
管理人:さぎり
兵庫県在住のOL。
Studio Life,Axle,浅倉大介が好きです。
詳しいプロフィールはコチラ。
最新コメント
アイコン画像Butch Yang
» 徹子の部屋 (2007年12月19日)
アイコン画像さぎり
» TEAM NACS「LOOSER〜失い続けるアルバム」 (2006年11月13日)
アイコン画像ちか
» TEAM NACS「LOOSER〜失い続けるアルバム」 (2006年11月13日)
アイコン画像さぎり
» むぅ〜(`ε´) (2006年08月26日)
アイコン画像yk
» むぅ〜(`ε´) (2006年08月25日)
アイコン画像さぎり
» 負けたらしい…… (2006年08月01日)
アイコン画像YUUKO
» 負けたらしい…… (2006年07月31日)
アイコン画像さぎり
» ハウルの動く城 (2006年07月23日)
アイコン画像きなさかゆうま
» ハウルの動く城 (2006年07月23日)
アイコン画像さぎり
» 追記 (2006年06月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:deepaqua
読者になる
Yapme!一覧
読者になる