バーバラだけど雅龍

August 08 [Tue], 2017, 0:38
実際に妊娠してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても構いません。でも、葉酸には体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無いそうです。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸はホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、仮に葉酸が欠乏してしまうと、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、胎児に葉酸が不足した場合、先天的な障害を発症しやすくなるという研究結果が報告されました。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、より積極的な摂取が求められます。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。言うまでもありませんが、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中には十分に葉酸を摂るように意識しましょう。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、意識して摂取していきたいですね。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、偏らない食事にするのが健康維持にもつながるのも事実です。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けるようにしましょう。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。結果的に、摂取量が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が判明しました。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する危険性があります。こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。ですからいつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという事ですので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすい状態を作り出すため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。また、葉酸で血液が増えれば新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュリ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/deedansriypkba/index1_0.rdf