ロココ調をイメージしたシャープペンとボールペン / 2010年04月05日(月)
 プラチナ萬年筆は、ロココ調デザインをイメージしたシャープペンとボールペン「リビエール」を限定2000本で4月10日に発売する。価格は1万500円。

 真ちゅう(真鍮)製ボディにロジウムメッキが施され、軸彫刻の柄には「アミシマ」と「レット」の2種類を用意。専用の巾着ケースが付属する。

 シャープペン(MHR-10000)の大きさは、128×8.3ミリ(全長×最大軸径)、重さは19グラム。芯径は0.5ミリ。ボールペン(BHR-10000)の大きさは、130.5×8.3ミリ(全長×最大軸径)、重さは20.2グラム。ボール径は0.7ミリ。

 ロココ調は、18世紀のフランス宮廷で生まれ、欧州で流行した美術様式。ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人を中心に、繊細で優美なデザインが建築、絵画、音楽などに広がった。プラチナ萬年筆によれば、「曲線を多用するこの様式は細身の筆記具にマッチし繊細で優雅な1本に仕上がった」という。【岡田大助】

【4月3日0時38分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000002-zdn_b-sci
 
   
Posted at 03:26/ この記事のURL
iPad 発売前夜、徹夜組相手に値切り交渉 / 2010年04月05日(月)
3日の『iPad』発売を控えた夜。5thアベニューのアップルストアには20時の段階ですでに10人の徹夜組が並んでいた。

[関連写真]

先頭はグレッグ・パーカー氏。ダイアナ妃の記帳一番乗りなどウィキペディアにも載っている並び魔、有名人だ。

iPadって何か知ってて並んでいるの? と思って、ゲットしたiPadを譲ってくれないかと声をかけてみた。

「ひとりにつきふたつまで購入できるんだ。ひとつは自分用、もうひとつならば譲るよ。いくらで買ってくれるんだい?」

そらきた。多少の手間賃は仕方がないかとプラス100ドルの600ドルを提案した。

「ダメダメ、700なら売るよ」

釣り上げてくるなと思っていったん引き下がる。先ほどアップルストアの店員に明日の在庫は沢山あるよ、と聞いていたからだ。

ところが、1号機を確実に手に入れるならば、あと100ドル払っても旅の思い出だ、と思い直して700まで払うつもりで650ドルでどうだ、と再び交渉。

「ダメダメ、800ドル!」

これで目が覚めた。明日は早起きだ。自力で手に入れてみせる。グレッグに俺の提案を蹴ったことを後悔させてやるぞ。と誓って夜のニューヨークに繰り出した。

《レスポンス 三浦和也》

【4月3日16時0分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000005-rps-mobi
 
   
Posted at 02:47/ この記事のURL
女性モデルそっくりのロボット開発、人間のような感情表現 / 2010年04月05日(月)
 大阪大学の石黒宏教授と国際電気通信基礎技術研究所(京都府精華町)は3日、実在の女性そっくりの姿で、表情を遠隔操作できるヒト型ロボット「ジェミノイドF」を大阪市内で発表した。ジェミノイドFはサンリオ子会社のロボットメーカー「ココロ」(東京都羽村市)が製造し、約1000万円で5月に販売される。

 ロボットは、20代の女性の容姿を再現し、座った状態の高さが140センチメートル、重さが30キログラム。ロボットは12個の駆動装置を空気圧で動かして表情を作っている。手足は動かないが、目、口、まゆ、首など9カ所が動く。パソコン上の操作で、笑う、怒る、悲しむなどの表情を作れ、操作する人の音声を再現して対話もできる。

 開発者らは「これまでの実験データから、患者が医者に問診を受けるとき、ロボットがうなずいたり、微笑みかけたりすることで、患者の精神安定につながることが分かっている」とし、病院や博物館など実生活での活用に期待していると述べた。

 海外でも複数のメディアが報じている。米紙によると、同じ衣服を着たロボットのモデルとなった女性は、「まるで双子の姉妹ができたようだと思ったが、操作してみると自分自身のように感じた」と親近感を持った様子で話したと伝えている。

 また石黒教授は、米紙に「新しい技術は心配や反感を持たれることが多いが、研究者としては、ロボットが人間のような感情を表現できるようにしたい」と抱負を述べた。石黒教授は、これまでにも自分そっくりのロボットを製作した実績をもつ。(編集担当:桐山真帆子・山口幸治)

【4月4日10時46分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-scn-sci
 
   
Posted at 02:09/ この記事のURL
北朝鮮の体制崩壊論が再浮上 / 2010年04月04日(日)
 【ソウル】北朝鮮の独裁体制は弱体化しているもようで、専門家の間では体制崩壊の可能性が再び議論されるようになっている。

 金正日労働党総書記は失脚するとの予想を裏切って、貧困と飢餓、さらに海外との衝突の中を16年間にわたり生き延びてきた。しかしここに来て、金正日体制が維持されるかどうか新たな疑問が生まれている。一つは金氏の健康問題だ。また飢餓は深刻化し、圧政も厳しさを増している。

 これを受け、北朝鮮問題の専門家を中心に体制崩壊の可能性が高まっているとの見方が出ている。

 在韓米軍のウォルター・シャープ司令官はこのほど米議会の公聴会で、「北は中央集権経済が破滅状態となっている。産業セクターは荒廃し、農業基盤は十分でなく、軍人も国民も栄養失調に見舞われている。そうしたなかで核開発計画を進めている」と指摘、「指導部の突然の交代があるかどうか予測できない状況だ」と述べた。ソウルの西江大学のキム・ヨンス教授(北朝鮮の政治問題専門)は、「北は崩壊の瀬戸際にある。それは、金正日が病気で、食料不足に陥っていて、通貨改革も失敗したからだけでなく、政府が機能不全となっているからだ」と語る。

 紛争地域に関する報告を発表しているブリュッセルに本部を置く国際危機グループ(ICG)のソウル事務所のアナリスト、ダニエル・ピンクストン氏は、各方面から金体制への圧力が掛かっていると指摘、「指導部が急に分裂する可能性はまったくあり得ないわけではない」と話す。

 金正日氏2008年8月に心臓発作に襲われたもようで、その後北の体制は弱体化が目立っている。政府は昨年12月に、民間市場への規制を強化するとともに、新通貨を発行して旧通貨との交換に制限を設けた。個人の貯蓄をなくしてしまうのが狙いだった。

 しかし、政府が民間市場で供給されていた食料など必需品の提供を肩代わりしなかったため、厳寒の中で食料不足を招いてしまった。人々は反旗を翻し、政府は市場規制を撤廃せざるをえなくなった。キム教授は「北の現体制は通貨改革で国民への支配の回復を図ろうとしたが、支配できないことを露呈しただけで終わった」と述べる。

記者: Evan Ramstad

【4月2日10時49分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000303-wsj-int
 
   
Posted at 23:51/ この記事のURL
三菱自動車が電気自動車「i-MiEV」の個人向け販売開始、61万9000円値下げ / 2010年04月04日(日)
 三菱自動車は2010年3月30日、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の個人向け販売を4月1日から開始すると発表した。既に09年7月から法人などを中心に販売してきたが、車両本体価格を61万9000円引き下げ、398万円にする。

【詳細画像または表】

 2010年度も本年度同様に政府の補助金制度が継続されることを前提に試算すると、2010年度は1台あたり114万円の補助金交付が予想される。ユーザーが購入時に負担する金額は、実質284万円になる。

 日産自動車が4月1日から予約注文を開始する電気自動車「リーフ」は車両本体価格が376万円からで、補助金交付を受けた場合の実質負担額は299万円。軽自動車のi-MiEVが、コンパクトカーのリーフよりも値段を15万円安く設定した形になる。

 販売方式は、車両費用に加え、税金と整備費用等の一部などの車両維持管理費を含むメンテナンスリースが基本だ。三菱自動車販売店で安心・確実に点検や整備を受けられ、政府などの補助金の申請手続きをリース会社で実施するなど、個人ユーザーの負担を軽減できる。

 また、三菱自動車独自の「三菱アシスト24」による24時間365日のロードサービスを提供。全ての販売店で、電気自動車用充電設備(急速充電器または100V/200Vコンセント)の設置・開放を進めて、i-MiEVに安心して乗れる体制を整えている。

 2010年度の販売計画は、国内で約4000台。3月末時点ですでに自治体や法人、個人からの購入希望が約2000台分に達している。海外向けは約5000台出荷の予定だ。

(文/柳 竹彦=日経トレンディネット)

【3月31日1時42分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000000-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 23:00/ この記事のURL
Gummy 2年ぶりアルバム発表 歌謡界へカムバック / 2010年04月04日(日)
『あなたが帰ってきたら』や『記憶喪失』などのヒット曲で知られる韓国女性歌手Gummy(本名:パク・ジヨン、28)が、2年ぶりにアルバムを発表する。

Gummyのプロフィールと写真

2008年3月に4thアルバムを発表してから、空白期間を過ごしていたGummyが今月中旬、ミニアルバムをリリースし活動を再開すると、所属事務所YGエンターテイメントが2日、明らかにした。

YGエンターテイメントは「Gummyは今月、ミニアルバムを発表、下半期にはアルバムを発表し活動を行う計画」と発表。ミニアルバムには、Gummyの自作曲も収録される予定だという。また現在、収録される2曲の中からタイトル曲を検討中であるとした。

関係者によるとGummyの新アルバムは、これまで披露してきたソウルサウンドを基本に、さらに洗練されたサウンドを取り入れ、明るい雰囲気に仕上がっているという。

一方、活動を中断していたGummyは、ドラマ『総合病院2』や『クリスマスに雪は降るの? 』など、ドラマO.S.Tへ参加していた。


【4月2日17時45分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000022-wow-ent
 
   
Posted at 22:11/ この記事のURL
キム・ヨナが帰国、「シーズ終えた幸せ満喫したい」 / 2010年04月04日(日)
【永宗島31日聯合ニュース】イタリアで開催されたフィギュアスケートの世界選手権で銀メダル獲得したキム・ヨナが、31日に韓国に帰国した。
 仁川国際空港で行った記者会見で、キムは「早く家で休みたい。今後の予定に関心が集まっているが、休息を取りながらゆっくり決めたい。まだシーズンを終えた幸せを満喫したい」と話した。
 韓国に戻ったのは、バンクーバー冬季五輪後の一時帰国を除けば昨年8月以来となる。「カナダ・トロントでの生活は退屈に感じることもあり、韓国で家族や友だちに会いたかったが、やっと帰国できた。五輪に対するストレスから解放されたことがうれしい」とさわやかな表情で語った。
 今シーズンは五輪までの全大会で金メダルを獲得し、世界選手権大会が唯一の銀メダルとなった。だがキムは、五輪後に感じたつらさを乗り越えた結果のため、非常にうれしく満足していると述べ、今シーズンにまったく悔いはないと笑顔を見せた。
 しかし、今後の進路には頭を悩ませているようすをみせた。「これ以上登る山がないが、次の目標は」との報道陣の問いかけに、しばらく考えた末、「山を越えたばかりで、次の山をまだ考えていない。念願だった五輪金メダルを獲得したため、次の目標をどうするかが心配だが、考えてみたい」と重い口を開いた。5月か6月にはカナダに戻る予定だが、進路はゆっくり考えてもいい問題で、まだ具体的な計画はないと答えた。




【3月31日18時2分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000023-yonh-spo
 
   
Posted at 20:41/ この記事のURL
目標を見つけられず…キム・ヨナ引退?ツイッターでうわさ広まる / 2010年04月04日(日)
 キム・ヨナの進退について韓国国内外から注目が集まる中、1日に「キム・ヨナが引退する」とのうわさが短文投稿サイト「ツイッター(Twitter)」を中心に広まった。これはエイプリルフールにちなんだ「ジョーク」であることがすぐに判明。しかし、プロ転向説は以前からささやかれているため、うわさは一気に拡大した。

 1日午後、韓国のあるツイッターユーザーが「キム・ヨナ引退」とつぶやいたことから、キム・ヨナ引退説がツイッター上で急速に広まった。だが、ツイートに表示されているリンク先をクリックすると、該当サイトにはエイプリルフールにちなんだ冗談であるという画像が登場。ツイッターユーザーたちを楽しませるジョークであったのだが、多くの韓国人らは真意を確かめなかったため引退説が一気に広まった。

 このようなうわさに高い関心が寄せられたのは、前日の記者会見で、キム・ヨナが引退を示唆するような発言をしたことも大きかったようだ。キム・ヨナは3月31日に仁川空港で行なわれた記者会見で、今シーズンの競技を「一生忘れることのできない幸せな時間だった」と振り返った。

 しかし、長年の目標であった五輪で金メダルを獲得したことから、「次の目標をどうやって探したらいいのか心配」とも告白。進路について悩んでいる様子をうかがわせた。キム・ヨナは来シーズン以降、プロ転向の可能性が高いとみられている。(編集担当:新川悠)

【4月3日12時16分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000007-scn-spo
 
   
Posted at 20:04/ この記事のURL
シャープ、裸眼で2D/3D映像が楽しめる液晶ディスプレイを開発 / 2010年04月04日(日)
 今回開発された3D液晶ディスプレイは、光の進行方向を制御し、左右の眼に届く光の視差を応用して、立体表示させる「視差バリア方式」を採用している。

 従来この方式は、3Dに切り替えたときの表示品位が低いことが課題となっていたが、業界最高輝度を実現することによって、表示品位を大幅に改善。モジュールの厚みは、タッチパネル付きでも従来の2Dタイプと同等に抑えられている。

 シャープは、タッチパネルを搭載していないタイプも開発し、本年度上期から、タッチパネル機能を除いたタイプから順次量産を開始する。

【4月2日17時50分配信 MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000009-sh_mar-sci
 
   
Posted at 18:15/ この記事のURL
人物天気図:出征者の思い 心に留め70年−古里出身者の「軍事郵便」を保管 / 2010年04月04日(日)
 「小生も元気にて日夜軍務にはげんでおります故、ご安心ください」−。戦地から家族や近親者に送られた軍事郵便の束を、70年間、ずっと手元に置いていた。「思いが詰まった大切なものだから、処分できなかった」。が、昔のことを思い出し、悲しくなる。
 
 福知山市の田辺武雄さん(92)。
 
 20歳のとき、日中戦争(1937−1945)が始まった。当時、下豊富青年団の団員全員で、出征した同郷の若者に手紙を送る活動をしていた。その礼状として届いた多くのハガキ、封書。戦地と古里をつないだ唯一の私信だった。
 
 青年団では、出征して働き手がいなくなった家の田植えを手伝ったり、食糧増産運動としてトウモロコシ栽培をしたりして汗を流した。
 
 「明日が分からないような戦地にいると、古里のことが気にかかるだろう」と、青年団の男性が主に筆を執った。
 
 手紙には、「冬が訪れ、銀世界になりました」「稲の作柄は良好、養蚕は豊作」など、古里の様子や出征者のことを気遣う言葉をしたためた。
 
 「軍事郵便」「検閲済」の印が押された出征兵士の手紙には、「銃後の守りお願い申し上げます」「留守宅はなにぶん年寄り一人の事とて何かにお世話になることと思いますがお願いします」など、お礼や古里に残した家族を気遣う言葉が並んだ。
 
 しかし第2次世界大戦が始まると、手紙のやりとりどころではなくなった。自身も終戦間際に召集された。戦地との往信も途絶えていった。
 
 手紙を送る側だった人が戦地へ赴き、戦死したこともあった。「あんな時代はもう二度と来てほしくない」

【4月4日2時39分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000302-rtn-l26
 
   
Posted at 17:39/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!