激闘の一回戦 

2007年03月24日(土) 0時40分
ついに始まりました。79回目を迎える春の選抜高校野球。
今日は開幕試合を含めた3試合
開幕試合 栃木県代表 佐野日大  対  福岡県代表 大牟田
第二試合 大阪府大表 大阪桐蔭  対  新潟県代表 日本文理
第三試合 静岡県代表 常葉菊川  対  宮城県代表 仙台育英がありました。

第一試合は、佐野日大の2年生エース出井が素晴らしい投球を見せ大牟田打線をシャットアウト。
奪三振数は13を数えました。 打線は大牟田の右の本格派、好投手阿部から毎回ランナーを出しますが最後の一打が出ず8回まで2−0攻めあぐねてしまいます。が9回に相手のエラーにつけこみ一挙5点を奪い試合を決めました。   7−0  佐野日大の勝利

第二試合は重量打線が自慢の大阪桐蔭とこちらも積極的な打撃が持ち味の日本文理との対戦になりました。 この試合、何と桐蔭は怪物中田が先発しました(MAX151q)。 そして、なんとこの中田が変化球主体のピッチングを披露したのです。 テレビの前の僕もびっくり。 解説者もびっくり。 そして何より対戦相手が一番驚いたのでしょう。 さらにこの日の中田は大荒れでした。 7回ぐらいを投げて
四死球は7(四球4、死球3)もありました。 あちゃ〜(>_<) ここまでだと日本文理の圧勝かとおもわれますが、実際は桐蔭の圧勝でした。 中田は荒れていたのが幸いして日本文理打線に全く、本当に全く的を絞らせませんでした。 被安打は何と1。 そして選抜出場校中トップのチーム打率を誇る日本文理の打線が沈黙する中で桐蔭は本塁打こそ放てませんでしたが相手のミスにつけこみ、また自分たちの破壊力を恐れる相手に対し意表をつくスクイズを敢行したりして得点を重ねて勝利をもぎ取りました。 日本文理のエース栗山は随所随所でワイルドピッチにしてしまう球を投げてしまいましたがほかは良かったとおもいます。         7−0大阪桐蔭の勝利

そして第三試合、のびのび積極野球が売りの常葉菊川と大会屈指の本格派右腕佐藤由を擁する仙台育英との対戦。 今日最も楽しみにしていた好カードです。 まずは仙台育英の佐藤由が魅せました。1回ツーアウトツーストライクから外角一杯の球で見逃し三振を取りました。 コースもさることながら球速は148q・・・おめでとう。MAX更新ですね(^^)/・・・僕はこの時絶望しました。 バント無しでこの化け物を打ち崩すのは無理だと思ったからです。 そしてまた絶望することになります。 佐藤君はこの試合で150qを出したのです。 コンスタントに140キロ台をたたき出し、スライダーキレとスピードも一級品・・・あ〜ぁ。 でも菊川にも良い投手がいました。 田中健次郎投手、彼は菊川のだぶるサウスポーの1人です。 彼を見るのは初めてでしたがとにかくコントロールが良いなとおもいました。 本当にコントロールが良いです。 低め、右打者へのクロスボール、落差の大きいカーブ・・・どれも一級品です。佐藤とは対照的で打たせてとるタイプですがそう簡単には打ち崩されないだろうなと父とぼくはおもいました。 そしてチャンスは4回、佐藤が死球と四球をだし、しかもヒットが飛び出し一死満塁!!!
ここで2点タイムリーが飛び出したのです(^_^) あの仙台育英から先制点を奪ったのです。 そしてこのままリズムをつかみ9回を迎えます。 ここまで2−1(4回に犠牲フライで一点還された)逃げ切れるか? カキーン!!!  ここまで好投を続けていた田中がここで先頭打者に2塁打を打たれます。 
この一打で沈んでいた育英打線に活気が戻ってしまいます。 どうするのかな〜とおもっていたらなんとここで投手が交代してしまいました。 えっ?ええっ!? このピンチに登場してきたのはダブルサウスポーのもう1人戸狩投手でした。 まだ彼は二年生です。 今考えても本当に思いきった判断でした。
ここまで好投していたエースをスパッと諦めたのですから・・・。 この戸狩君はこの次の打者にヒットを打たれノーアウト1,3塁の大ピンチを招いてしまいます。(あ〜(T_T)) ですがここからが凄かった、フライと三振でツーアウトまでこぎつけ、最後はショートゴロに抑え見事常葉菊川を勝利へと導きました。
(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)
凄い強心臓の持ち主です。この大ピンチの中でも冷静さを失わずに堂々と自分のピッチングをしたのですからね。 この投手がいれば来年も甲子園で活躍できると思います。 戸狩投手にはこれからもがんばって欲しいです!       2−1常葉菊川の勝利
さて、それにもましてゲームを作った田中投手、親指を負傷している中で150qの速球を投げ込み14もの三振を奪い大器の片鱗を見せてくれた佐藤由投手、そして精一杯堂々と最後まで戦い抜いた常葉菊川、仙台育英両校の全選手に、+して今日立派にたたかった全ての選手に拍手を送りたいとおもいます。 感動をありがとう(^_^) 

さて明日は、強豪今治西高校や中京高校など6チームが試合をする予定です。明日もどんなドラマが待っているか楽しみです。

第79回選抜高校野球選手権大会の展望 

2007年03月22日(木) 0時58分
ついに春の選抜の季節になりました。今日は開幕を明日に控えた春の選抜高校野球について書きたいと思います。
さて、今年はどこが優勝するのでしょうか?

優勝候補(管理人の独断と偏見で選びました。)
大阪府大表 大阪桐蔭高校
選抜の超目玉である怪物中田翔を擁している攻撃型のチームです。新チームが発足してからは秋季大会で報徳学園に敗れるまで21連勝しました。 このチームは22試合でなんと70本塁打も記録しています。 中田君ばかりが注目されていますが他にも良い選手が揃っています。 エースナンバーを背負うのは何と中田。 中田君は22試合で21本塁打を記録したスラッガーであるとともに、今大会でおそらく最も早いMAX151qの剛速球を投げる投手でもあるのです。まさに怪物・・・ですが彼は今肘を故障中なので投げることはまずないでしょう。 ほかにも140q台の投手が二人と投手陣もかなり安定しています。 今大会の優勝候補筆頭!果たして甲子園でも本塁打を量産できるのでしょうか?

高知県代表 高知高校
高知には強豪校が二つあります。 一つは明徳義塾高校。 そしてもう一つがこの高知高校です。今年の高知高校は強いです。 四国大会優勝のみならず神宮大会でも優勝しました。 中田のような怪物選手はいませんが一人一人のレベルが高いです。 攻撃では上位打線、下位打線どちらからでも得点が狙えます。 守りでは高知県大会43イニングで5四死球と抜群の制球力を誇るエース国尾を中心とした守りは堅いといえそうです。 神宮の王者が甲子園でどんな戦いをするのか楽しみです。

千葉県代表 成田高校
成田空港で有名な成田市にある高校です。このチームにはプロが注目している右の本格派唐川投手がいます。 彼の球はとにかく速い。 (確かMAX147q)秋季大会での防御率は何と0点台です。
攻撃面、守備面に関してはよく知りませんが唐川投手がいるので得点を奪うのは難しいでしょう。
唐川と中田・・・夢の対決はあるのでしょうか?

宮城県代表 仙台育英高校
宮城にも二つ強豪校があります。 一つは日ハムダルビッシュ投手の出身校である東北高校。 そしてもう一つがこの仙台育英高校です。 このチームの目玉は去年の夏にも活躍し人気も全国区の佐藤由規投手です。 二年時に147qを記録し、さらに昨夏の宮城県大会でライバル東北高校と15イニングを0点に抑え引き分けに持ち込んだことで知られています。 しかも翌日の再試合でも登板し見事完投してチームを勝利に導いた早実(現早大)の斎藤投手みたいな投手です。 僕はかれのファンです。そんな大投手に加えバリエーションに富んだ投手たちが後に控えているので点を重ねるのは至難の技でしょう。 打撃も好調で攻守にバランスが取れたいいチームです。 頑張れー!

管理人推薦
静岡県代表 常葉学園菊川高校
さぁ、いよいよ地元の星の登場です。 毎年甲子園に来る高校は静岡県ではありません。 毎年毎年違った高校が甲子園に行きますが、今年は名門常葉菊川が順当に勝ち上がってきました。 今年の常葉菊川は県大会で優勝しただけではなく東海大会も制し、さらには神宮大会でもベスト4という成績を残しました。 いいぞー!!! バントはほとんどない攻撃型のチームです。 バント無しですよ(T_T)高校野球ではいかに正確にバントが決められるかによって勝敗が左右されます。 なのにバント無しですか・・・。 とりあえず打撃は好調です。 どこからでも得点を奪えるでしょう。 守備も安定しています。 投手は二人。 しかも両方サウスポーです。 田中、戸狩の両投手が非常に安定しています。
また戸狩投手は新二年生ながら神宮大会で7者連続三振を奪い、神宮大会の新記録を樹立しました。将来が楽しみです。  そんな常葉菊川の初戦の相手は・・・仙台育英高校です。(T_T)(T_T)(T_T)
さぁ〜バント抜きであの佐藤由規投手をはじめとする投手陣を打ち崩せるのでしょうか?(父曰く無理)

その他にも今大会ナンバーワンサウスポーとの呼び声が高い近田を擁する桐蔭を破った兵庫代表の報徳学園、MAX146qの太田投手を擁する帝京高校をはじめとして今年も混戦は必須です。 さぁ〜開幕までもう待てない!!!   

というわけでもし暇なら23日から行われる第79回選抜高校野球大会をみましょう。きっと胸にグッと来るものがあるはずです。                                 m(_ _)m  

(T_T)→(^_^) 

2007年03月21日(水) 23時50分
先日、公立高校の合格発表がありました。結果は一応合格。長年の努力?が報われた形になったので本当に良かったです。
そして昨日中学校の卒業式がありました。もう涙、涙、涙でした。この中学校に通って本当に良かったと思ったと同時に、9年間を共に過ごしてきた仲間と離ればなれになってしまうことになるのでとても悲しく感じました。
「あ〜ぁ。終わっちゃった・・・。」これが卒業式後に友達と初めて交わした会話です。もうこの言葉しか言葉に表すことが出来ませんでした。あっという間の卒業式。そして、あっという間の中学三年間。
何でこんなに時間が経つのは早いんだろう? 今の僕の気持ちです。

悲しいな〜・・・。なんていつまでも言ってられません。
そう。今度は高校生活が始まるのです。
新しい制服、新しい教科書、新しい友達・・・なにからなになにまで新しいことばかりでまさに僕にとっては未知の世界ですが何とかがんばっていきたいと思います。
さぁがんばろう。

How are you? 

2006年12月14日(木) 16時28分
更新をさぼって早くも3カ月が経ちました。まぁ所詮気まぐれ管理人なので勘弁下さい。
久しぶりに学校が早く終わった管理人は受験生らしく勉強するのかと思えば、こうやってパソコンをいじってしまいました・・・。勉強する気になれません。嗚呼、これで良いのか受験生・・・。

さて、前にいつ変えたか覚えていませんが久しぶりにスキンを変え、さらにシールを作るサイトsays-it.comで僕にピッタリなシールを作成しプロフィールに載せてみました!





どうですか?  また気の向くままに更新いていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

「かもめ食堂」でおにぎりを 

2006年08月17日(木) 20時08分
先日 甲府まで車を走らせ『かもめ食堂』という映画を観てきた。

「フィンランドのかもめはでかい」という台詞から始まるこの映画の舞台はもちろんフィンランド。
僕の母が大の北欧好きということもあって父と共に連れて行かれた次第である。

出てくる女優はとびきり美人というわけではないけれど、
自然体が様になる人ばかりで僕は妙に引き付けられてしまった。
無理をしなくていいんだよと思える、肩の力が抜けてほのぼのした気分になれる映画だった。

森も海も輝いていてとても気持ちがよかった。ヘルシンキで暮らすのも悪くないと思えた。
それより母がふらっと出掛けてしまいそうだ。

初勝利! 

2006年04月16日(日) 18時54分
やりました、やりました、やりました!!!

来る4月15日、ぼくたち野球部は公式戦初勝利を手にしました。
というのも、監督がひいたくじが最高に良かったからです。

ぼくたちは1回早速2アウト1,3塁という絶好の先制のチャンスを迎えます。
が、あえなくぼくがピッチャーフライで凡退、・・・かと思いきや、
会場から吹き下ろす潮風に流され打球が落下し、あまりいい形ではありませんが先制しました。
その後、ぼくたちチームは決定的なチャンスを何度か作りますが後続が続きません。
そして3回1点を加え、更にランナー1,3塁でバッターは普段からあまりいいところを見せられないぼく。
「絶対打とう」と右ねらいを心掛け・・・、ついに打っちゃいました。
ライト前ヒットー!
これがタイムリーとなり3:0となります。

その後は1点を追加されますが4回に大量点を加点しあと1イニング押さえればコールド勝という展開になりました。
最後の5回のマウンドにはぼくが上がり、三振、ファーストフライ、三振で3アウトを奪いぼくたちはめでたく勝利を手にしました。

ばんざい!

しかし今度の相手はとても強いところなので負けてしまいそうですが精一杯やっていきたいです。

WBC〜栄光への軌跡〜パートT 

2006年03月20日(月) 1時07分
今日はワールドベースボールクラシック・・・通称WBCの準決勝がありました。
ここに至るまでに実に様々なことがありました。
その中でも最も印象に残ったのは野球発祥の地アメリカの2次リーグ敗退です。
アメリカ、野球と聞くと誰もが「大リーグ」を思い浮かべると思います。
大リーグと言えば日本人ならず世界中の野球を愛する人達の夢なんです。
僕もいつかは大リーグのようなレベルの高いところで野球をやってみたいと少なからず思っています。

しかし、アメリカは敗れてしまいました。
韓国、メキシコ、日本、そしてアメリカで2つしかない準決勝進出への切符を争う大事な試合で・・・。

結局韓国3勝、日本1勝2敗、メキシコ1勝2敗、アメリカ1勝2敗と言う結果で2次リーグを終えました。
そのうち決勝に進むのは韓国、そして失点率で他の二国を上回った日本が準決勝進出ということになりました。

そして今日敗れ去ったチームのためにお互い負けられない準決勝が行われました。
このWBCで日本は韓国に2敗。
1点差のいい試合はしているがなかなか中継ぎ陣が踏ん張りきれないというような状況が続いています。
しかし試合前にイチローは
「日本が同じチームに3度負けることは許されない」
と言いました。この言葉にはこの試合に賭ける日本の意気込みが溢れていると思います。

日本の先発は巨人の頼れるエース上原浩治です。
実はこの上原は、大学時代から数えて20試合国際試合に登板していますが、1度も負けがないんです。それに防御率も2点台。
絶対に負けられない試合にはやっぱりこの人しかいません。
「頼むよ上原っ!!!」
打撃陣は今まで1番を打っていたイチローが3番になり,
代わりに彼以来の200本安打を昨年放ったヤクルトの期待の新生青木が
1番を打つということ以外には特に代わりはありませんでした。



下のパートUへつづく・・・

WBCパートU 

2006年03月20日(月) 1時02分
試合は1回、いきなり動きます。
2アウトからJapanの頼れるキャプテン、イチローが右安打を放ち更に
果敢に盗塁を仕掛けて自らチャンスを演出しチームには行け行けムードが流れます。
が、4番松中が三塁ゴロに倒れて1回は無得点に終わります。(惜しい)
逆にその裏韓国のメジャーリーガーだらけの強力打線が先制点を取りに行きます。
2アウトランナー2塁で迎えるは、昨年ロッテのアジアNo1に大いに貢献したイ・スンヨプ。
しかし国際試合負け無しのエースは冷静にでも情熱的な投球で三振にとります。
その球は明らかにボールの球でしたが上原のボールの球威につられて彼はスイングしてしまったようです。さすが上原頼れます。本当に頼れます。

2回にもチャンスは訪れます。
得点圏にランナーをおいてバッターは極寒の地の王者小笠原(日本ハムファイターズ)いけ〜!!!
キーン  
絶対ヒットだと思いました。が、世の中上手くは行かないもので飛んでいった打球はライトの好守備に阻まれ得点することが出来ません。(惜しい)

その後も日本に度々チャンスが訪れます。
4回にはまたもイチローが打って走って再びチームに波をもたらします。しかしなかなか先制点が奪えません。
打てなかったら守れ日本!!!上原の好投、そして4回に見せた多村イオン(横浜ベイスターズ 多村)が見せたまさにライオンの如きスーパーキャッチ。
一つ一つのプレーでチームを盛り上げていく。
そこにホームランをたくさん打つ、三振をたくさん取るというのとは違う「野球の原点」が見えた気がしました。

試合は7回に頼れる4番松中が2ベースを放った後不調でスタメン落ちをした福留(中日ドラゴンズ)の
起死回生の2ランホームランで均衡を破ると、小笠原出塁、里崎(千葉ロッテ)がタイムリー2ベース
代打宮本がタイムリー、そしてそして、我らがイチローの技ありタイムリー。

イチローはかなりマークされていたのに今日3安打2盗塁と大活躍。
8回にも多村がホームランを放ち6−0と突き放します。
そして9回上原の後を受け継いだ大塚が三者三振で締め括り韓国に勝利しました。

やっぱり野球は見る人に夢を与えてくれるね。いつまでも夢を与え続けて欲しいね。
とおばあちゃんの家で僕は思った。

21日はキューバ戦。大きな壁を越え世界の頂点に立て日本!

管理人の独り言。 

2006年03月03日(金) 19時11分
ここ1ヶ月近くブログをさぼってしまった管理人です。反省してます。

でもこれにはれっきとした理由があるんです。
まず、管理人はインフルエンザにかかっていました。
そして、3学期の定期テストが急接近していたことです。
テストは悲惨な出来でしたよ。ブログさぼったかいが全くと言っていいほどありませんでした。
で、これに怒った母が朝から晩まで「勉強勉強勉強・・・お経のように勉強・・・」 

ゲームを取られて早3ヶ月。
今はゲームに代わる新しい娯楽と母に奪われてしまったコントローラーを探しています。
特にコントローラーは早く見つけないと母がしまった場所を忘れてしまいます。
全くうちの母は記憶力が悪くて、怒ったときは手がつけられないし、それから・・・腐るほど言いたいことはありますが・・・言わずにおきましょう。

今週は野球の試合です。
皆さんはどのように過ごすのでしょうか? 
よい週末をお過ごし下さい!

CDについて 

2006年01月28日(土) 20時58分
Si 俺たちはいつでも二人で一つだった 地元じゃ負け知らず・・・♪ 以下略。
これは2005年に最も売れた曲、修二と彰の「青春アミーゴ」ですよね。
この曲は11月に彗星の如く登場して年間1位を奪ったばかりか現在SMAPの「世界に一つだけの花」以来のダブルミリオン(200万枚)にも手を伸ばそうとしているのです。
・・・贅沢すぎると思いません? 
でも管理人はこの曲が結構好きでCDを買いました。

前にブログに書きましたが、映画「男達のYAMATO」は本当によかったです。
この前上記のCDと一緒に買ってきました。
それは何かって? それは
長渕剛の「CLOSE YOUR EYES」です。
YAMATOの主題歌です。分からない人はこう口ずさんで下さい。
CLOSE YOUR EYES ちゃんちゃんちゃんひっとみ〜をとじれ〜ば〜
あなた〜がわったぁし〜に〜 ほっほえ〜みかけるぅよ〜。

皆さんもぜひ1度。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とさきん
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
温暖な地方に棲息中。 ゲームとコミックが好きな中学3年生。
最新コメント
アイコン画像とさきん
» WBC〜栄光への軌跡〜パートT (2006年03月22日)
アイコン画像cullen
» WBC〜栄光への軌跡〜パートT (2006年03月22日)
アイコン画像とさきん
» 元旦 (2006年01月02日)
アイコン画像cullen
» 元旦 (2006年01月02日)
アイコン画像みんなのプロフィール

» ローマの休日 (2005年12月28日)
アイコン画像ふーむ
» 今日からスタート (2005年11月13日)
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる