インターンシップ 

2005年07月13日(水) 20時59分
インターンシップってのは
企業実習っていって
夏休みのあいだデザイン会社に行って
仕事の練習みたいなこと
するやつです。


なんと今回奇跡起きて
わたくしと彼が一緒の会社行くことになったー!!

ヤター!!ヤター!!!!

これかなり倍率高くて
2人の枠にあたしら以外にもかなりの成績優秀者が
応募してたわけですよ。


私たちも応募用紙出しに行ったとき
付き合ってるのばれてるから
「二人で申し合わせたんだろ!」
とか言われて
一緒の企業にいくのは無理だなー
って思ってたわけですが。

まぁインターンシップ総合の人数制限もかなり少なかったし、どこでもいいから行けたらいいかなー ぐらいにしか思ってなかったんだけども。

いやー、日頃の成果がでたね。
二人とも課題に一生懸命取り組んでてよかった。


今日終わった課題もほめられたし、よかったよかった☆

とりあえず家帰ったらネットやりまくろ(ひきこもり)

真っ青ジーニー 

2005年06月27日(月) 18時01分

土曜日よしおとディズニーシーに行ってきたぞ!
楽しかったぁ〜

昔小学校の先生が
「楽しかった」じゃなくて
「〜だから、〜な気持ちになった」みたく
ややこしく書けって
言ってたけど
ディズニー系は
素直に「楽しかった」って言わせる
魔力があるわね!!

人多かったけど!!!!
「都民以外消すボタンないかな」ってほざいたら
「ディズニーシー千葉県なんだから」
って怒られた(笑)

たくさんはしゃいで、
夜はスパゲティ食べて
一緒におねんねしたー(o'∀'o)


はぁ〜幸せだったなぁーっ

課題地獄の報いに耐えなければ(>´x`<)

しかしこんなに雨ふらなくて
農家は苦労してんだろなぁ…

ディズニーシーの水とか
減るんだろうか(笑)


(無題) 

2005年06月18日(土) 13時12分


壊れてたパソコンがやっと治って
わが家に戻ってきたよ

おかえりワガママックちゃん!



もうおまえのことは嫌いだから
今日は携帯から更新してみるのだ。



ええと、とりあえず最近は
デザインスランプで髪の毛むしったり
頭打ちつけたりしてる。

最初ふざけてむしったりしてたけど
もうやらなきゃおさまんないくらい
スランプアラレ。


みんなスランプあるのかなぁ??

まぁスランプって言うより
できるって自惚れてたことが
できなくて情けないなぁって
凹むのよね



でもほんとはちょこっとだけ
うれしい、スランプ。


越えるべきものが見えるというのは
いいことだ。



そうだ、イメチェンしよう。

ワンピース着ておさげにしーよう、
まじで。

媛ちゃんイメチェン手伝ってぇ!!

common life 

2005年04月10日(日) 23時22分
今日は、よしおくんのいえにいった。
お昼頃にいったので、スペイン風のオムレツを作ってくれた。
おばさんは料理好きの素敵な人だ。なれないけど。
おじさんはねっころがってテレビを見ていた。
お部屋で、魔人ブーがサタンに心を開いて、
優しくなるシーンと、
ベジータが「がんばれカカロット…お前がナンバーワンだ」
って言うシーンを、大量にあるDVDの中から30分くらいかけて
探して見た。そのあと
バンドをやろうってことになって、わたしはベースを持って
よしおはギターを持って、耳コピで弾いた。
そのあと足つぼマッサージを、ネットで調べてやってみて、
夕飯にカレーをごちそうになった。
そのあと夜桜を見につれていってもらった。
隣の家の子2人と、よしおと、よしおの弟(中3)と、妹(小6)で
アイスクリームを買いにいったり、タカオニをした。
弟が買ってきたおっぱいスライムでキャッチボールもした。
妹は、帰らないで残ってよぅとわたしの手を引っ張った。

心がほくほくする。

おのがため。 

2005年03月24日(木) 23時10分

君がため、という言葉を見た。
君のため よりも、切実な感じがした。
私、人に対して 君がため みたいな事
したことない。
君のため、っていうのならあるけど。
プレゼントとか、そういうのは、
君のため、だと思う。
君がためっていうのは、それよりもっと
自分の身を削った、犠牲愛である気がする。
犠牲をかまわない「君がため」精神が、
本来の「愛」である、と倫理で習ったし
自分が自己中であればあるほどそう思う。

割とドライで、社交辞令的な思いやりしか
ない間柄の人たちには、関係をおざなりに
するくせに、
本当に愛情こもった気持ちで接してくれる
人たちには、自分がそれだけの気持ちを
返せなくて、
私はどこまで自分以外の人を愛せるんだろう
とおもう。
かわいいとか、すてきとか、守ってあげたい
とか、抱きしめたいとか、一緒にいたいとか、
頭を撫でてやりたいとか、そういうことは
相手のために思っているようで、
実は、そう思う事が自分にとって快感なのだ。
相手が甘えてくるときだって、
受け止めてあげたいと言うよりは、
甘えてこられる事で自分の存在価値を見いだせる
そういうナルシシズムの上で抱きとめる。
そのわりに、相手は思いがけず
私を素直に愛してくれてたりする。

どっちなんだろう。
自分が卑しくてたまらなくなる。
今日だって、一番仲いい友達と遊んできて
その子の事を色々考えたりして
好きだなって思ったりするけども、
私の「好き」は、どこまでが自分用で、
どこまでが相手用なんだろう。

でも、犠牲愛的に、
君のために君のためにって愛されるのと、
自己愛的に、
君が好きだから私は君を側に置くぞっていう
愛され方だったら、

・・・・・・・。

どっちもいいやね!

私自己中で、自分ばっかりかわいくて、
どうしようもないけど、
あなたのこと大好きだよ。

って、あのことあのこに、
素直に思った。

豚の一日 

2005年02月12日(土) 23時39分

今日はお昼に起きて、新宿へ。
ダーリソと待ち合わせて、恒例の
さくらやホビー館に行く。
ダーリソ、スパイダーマンのミニフィギュアが
100円で売ってて大興奮!
9箱入りのパッケージをかかえて
「これしかないのかなぁ」「金貸して」発言。

2時前からデッサン。
ヘルメスとかいうお兄さんを描きました。
いつも私のデッサンを
「気持ち悪いよ。」とか
「ぬめっとしてる。」とか
「今日はしょうがないね。あ、今日もか。」
と酷評なすっているビン・ディーゼル似の
鬼教官がめずらしく褒めてくれたので、
久しぶりに機嫌良く終わりました。

8時過ぎ、ダーリソのオアシス、BOOK OFF!!
あずみ全37巻を買ってくれないと
別れると言い出したので、
そのかわり土地を買ってくれと言ったら
しょんぼりしていた。

電車の中で、太宰治の「女生徒」を読む。
この人は、男のくせに、
よくもまぁあんなに乙女心が書けるもんだと
感心した。
こんな風に卑屈な女子の心情が書ける男が
世にいるのなら、本当に卑屈な女子なんて
この世界に必要されないだろう。
だって、女子たちは密かな自己主張だけが
生き甲斐なんだから。
生きる価値なくなっちゃうと思った。

太宰のおじさんって、
ただの暗いナルシストだけじゃ
なかったんだな、とかいう失言。

乙女でありたい。 

2005年02月11日(金) 23時06分
私はいつまでも乙女でありたい。

心のうちの感動と、
美しさを見つけ出す才に溢れた感受性を
若い皮膚の下に閉じ込めて

誰にも理解されない、させない、

そういうくだらない我が侭を、
いつまでも持つ人、乙女でありたい。

ヴィヴィッドで、しかも孤高な乙女の同志を
わずかだけ、友におくような、
卑屈な乙女でありたい。

輸入菓子の着色の、心ときめかす魔法に
いともたやすくかかってしまう、
幼稚な乙女でありたい。

ぼうっとしながら、
見つめた先のなんでもない屑なんかに、
小さな世界を築いてしまう、
豊かな乙女でありたい。

必要最低限の単語で、
意思伝達と感性の伝えられる、
静かな乙女でありたい。


ダイソーで夏に買ったままほったらかしの
線香花火に、ふたりで火をつけた。

小気味良い音と、細い光が小さく飛び出した。
冷たい風が、きれいな光をたなびかせる。
火の玉が膨らんできた。

ごつい手のひらが火花の間近に寄せられ、
風をふせいだ。
やけどするよ、と言ったら
大丈夫だよ、って優しい事言うもんだから
私も手を寄せた。

生き延びた花火は、2枚の手のひらを照らしながら、
パチパチとはしゃいだ。


ああ、この人にいつまでも、
愛される乙女でありたい。

(殴) 

2005年02月09日(水) 22時38分

(蹴)とか(爆死)とか自虐的な突っ込み。
しかも自分への。

なんか突っ込みの面白さより、
「あーこの人、自己突っ込みしてるよ〜」
っていう、省エネ的文章に寒くてウケる
私ですが、


(殴)は例外な訳で。

だいたいこれ何て読むの?
オウ?

ほら、もう面白いじゃん。

万が一訓読みだとしても
ナグ
なわけでしょ。

私は基本的に訓読みで読んでいる訳ですが、
(殴)を見るたびに(まぁそんなに見ないけど)

名倉潤アジアンフェイスが浮かぶ訳です。

なんか許せちゃう。
なにこの気持ち。

・・・。

なんで今日デートだったのに
こんな日記かいてんだろう。(殴)

枕元のちっちゃい人 

2005年02月09日(水) 2時18分
私、ウルフなんです。
えっ、あ、確かに体毛濃いけど
そういうことじゃなくて、
襟足の長い、ウルフカットなんです。
そうそう、サイコメトラーエイジみたいな。
でね、最近その襟足が所々
かた結びされてるんです。
なんとなく髪に指を通らせると
でてくるでてくる結び目

えっ誰の仕業?

犯人候補:
1、授業中後ろの席の人が
2、寝てる間枕元からちっちゃい人が
3、髪の傷み


あーー
2だー絶対!


・・・。


ハーバルエッセンスの馬鹿ぁ!!

初めて日記物語(牛物語) 

2005年02月09日(水) 1時53分
「久しぶりにあって、私何か変わった?」

彼女が聞いた。

去年の暮れから、ずっと顔を合わせていなかった間
お互いにいろんなことが過ぎていった。
といっても彼女が長年のばしてきた髪を
悔し涙とともに切り捨てたとき、
私は何をしていただろう、多分いつもと同じように
ネットサーフィンしてた。

彼女の性分らしい、ガシガシした生き方に
自分の生活を恥ずかしく思った。

実にアクティブで、激しい事ばかりが起こる彼女なのに、
変わったところは見つけられない。

私は
「いや、そんなことないよ。あいかわらずだよ」
って返した。


私は彼女に尊敬の意を込めて
そう言った。
まぁ尊敬の意は、伝わってないだろうな。
と思って、彼女の方を向いたら





彼女は土だらけの石を拾って、



「見て、すごい、
ハート(型)の石!!」


と。





何がハートの石か。



尊敬の意が伝わるどころか、
彼女は自分の問いも忘れていた。


彼女の恋人は、「あいつはねいのーさんだ」
って言ってた。その通りだと思った。

2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像媛ちょん
» インターンシップ (2005年07月17日)
アイコン画像
» 真っ青ジーニー (2005年06月29日)
アイコン画像
» (無題) (2005年06月21日)
アイコン画像媛ちょん
» (無題) (2005年06月18日)
アイコン画像牛さん
» common life (2005年04月11日)
アイコン画像たけ
» おのがため。 (2005年03月25日)
アイコン画像牛ちょん
» おのがため。 (2005年03月25日)
アイコン画像デブショウ
» 乙女でありたい。 (2005年02月12日)
アイコン画像媛牛
» 乙女でありたい。 (2005年02月12日)
アイコン画像
» 枕元のちっちゃい人 (2005年02月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:debusyo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる